アゴタ・クリストフのおすすめランキング

プロフィール

1935年オーストリアとの国境に近い、ハンガリーの村に生まれる。1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー。意外性のある独創的な傑作だと一躍脚光を浴び、40以上の言語に訳されて世界的大ベストセラーとなった。つづく『ふたりの証拠』『第三の嘘』で三部作を完結させる。作品は他に『昨日』、戯曲集『怪物』『伝染病』『どちらでもいい』など。2011年没。

アゴタ・クリストフのおすすめランキングのアイテム一覧

アゴタ・クリストフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪童日記 (ハヤカワepi文庫)』や『ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)』や『第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)』などアゴタ・クリストフの全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

4826
4.12

感想・レビュー

強烈な内容の小説。戦時下の属国という悲惨な状況下、双子の少年が日記を記すという構成だが、完全に主観を廃し、事実だけを淡々と書き連ねる手法が、戦争の悲惨さや... もっと読む

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

2212
3.86

感想・レビュー

一作目よりも難しいテーマだった。前作同様、主観を剥ぎ落としたような文体で主人公リュカの生活が描かれる。戦争の傷跡と戦後のの体制による抑圧により物語全体とし... もっと読む

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

2078
3.79

感想・レビュー

「悪童日記」から始まる三部作の最終章。評価が分かれる作品だと思うが、自分は一作目のインパクトが余りにすごくて、残念ながら二作目、三作目では最初の衝撃を超え... もっと読む

悪童日記 (Hayakawa Novels)

1204
3.96

感想・レビュー

すごい 面白いんだけど、悲しすぎる 今年の最後に物凄い本を読んでしまった 地獄ではない、煉獄なような焦土なのか浄土なのか 双子の少年は悪魔でもなければ、恐... もっと読む

ふたりの証拠 (Hayakawa Novels)

451
3.83

感想・レビュー

再読、確か三度目。 何度読んでも新鮮。 終わったはずの戦争の影は消えることなく町に残り、その中で縫い合わされていくキルトのようなエピソードの集合体から目が... もっと読む

昨日 (ハヤカワepi文庫)

377
3.66

感想・レビュー

悪童シリーズに次ぐアゴタ・クリストフの4作目。ストーリーに前作群と酷似している要素が多く、面白みに欠けた。だが僕はこの著者の語る世界の雰囲気が好きだ。 もっと読む

第三の嘘 (Hayakawa Novels)

376
3.72

感想・レビュー

「ところが、ピューマは私を追い越し、そのまま悠然と歩いていくと、その前方、通りの端にいる一人の子供の足元に寝そべる。子供は、さきほどまでそんな所にいなかっ... もっと読む

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

365
3.87

感想・レビュー

「ものを書き続けていかなければならない。たとえ、自分の書いたものに興味を持ってくれる人が一人もいなくても。たとえ、自分の書いたものに興味を持ってくれる人な... もっと読む

どちらでもいい (ハヤカワepi文庫)

301
3.24

感想・レビュー

“この世の何処にも、父がわたしと手をつないで散歩をした場所はありません。”(p.163) “他にすることがあるとき、人は怒ってなどいられない。”(p... もっと読む

昨日 (Hayakawa novels)

204
3.37

感想・レビュー

詩的な文章、と単に言うだけでは言い足りない作者独特の言葉たち。 強い情念が込もっているような、何か恐ろしい感じもして、その実直である激しさに圧倒されてし... もっと読む

悪童日記

195
4.28
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時下の厳しい状況での悪童二人の日記。 淡々としかしリアルに二人は生き抜いていく。 ハンガリーが舞台で現実味があり、命が儚くも力強いものでもあることを... もっと読む

どちらでもいい

168
3.30

感想・レビュー

ぼーっと散歩するのが好きな人は 好きそう ぼーっと本を読むと 「えっ それがどうしたの? 何か起こった?」ってなるヴァージニアウルフよりはわかりやすい本。... もっと読む

文盲: アゴタ・クリストフ自伝 (白水Uブックス)

168
3.95

感想・レビュー

本屋に行ったら「越境」文学フェアの棚ができていて、温又柔などおなじみの本とならんで置かれていたので、そういえば読んでないと思ってつい買ってきた一冊。 もっと読む

怪物―アゴタ・クリストフ戯曲集

129
3.53

感想・レビュー

[要旨] アゴタ・クリストフは『悪童日記』で衝撃的なデビューを飾る前に戯曲を書いていたが、このたび九篇の戯曲原稿を入手、本書はそのうち五篇を収録した日本... もっと読む

ふたりの証拠

61
4.31
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悪童日記」の続編。 戦争は終わっても、暗く不安定な日々が続く。 どこまでも重苦しい。 もっと読む

第三の嘘

56
4.19
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2013年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」の三部作。 「悪童日記」では子供の残酷さを、「ふたりの証拠」では若者のナイーブさを描き、「第三の嘘」では年齢を重... もっと読む

悪童日記

3
4.00
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年10月6日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 550
戦火の中で彼らはしたたかに生き抜いた――大都会から国境ぞいの田舎のおばあちゃんの家に疎開した双子の天才少年。人間の醜さ、... もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示

アゴタ・クリストフに関連する談話室の質問

ツイートする
×