アゴタ・クリストフのおすすめランキング

プロフィール

1935年オーストリアとの国境に近い、ハンガリーの村に生まれる。1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー。意外性のある独創的な傑作だと一躍脚光を浴び、40以上の言語に訳されて世界的大ベストセラーとなった。つづく『ふたりの証拠』『第三の嘘』で三部作を完結させる。作品は他に『昨日』、戯曲集『怪物』『伝染病』『どちらでもいい』など。2011年没。

アゴタ・クリストフのおすすめランキングのアイテム一覧

アゴタ・クリストフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪童日記 (ハヤカワepi文庫 ク 2-1)』や『ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫 ク 2-2)』や『第三の嘘 (ハヤカワepi文庫 ク 2-3)』などアゴタ・クリストフの全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫 ク 2-1)

7271
4.13

感想・レビュー

傑作で有名なのに、よく知らずに読み始めた インパクトがある作品 衝撃のラストシーン、疑問を残したまま終わる ちょっと鳥肌もの。。。(;ω;) 連続もののT... もっと読む

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫 ク 2-2)

3056
3.88

感想・レビュー

アゴタ・クリストフ『ふたりの証拠』 『悪童日誌』の続編、第二弾 『悪童日誌』では語り手が双子兄弟の一人であり、固有名詞は出てこなかった 『ふたりの証拠』は... もっと読む

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫 ク 2-3)

2844
3.81

感想・レビュー

(悪童日記)が面白く続編、続々編へと読み進めた。しかし(第三の嘘)に行くと、はたしてこれは三部作と言うものだったのか?と疑問を持ってしまうことに。 3作の... もっと読む

悪童日記 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

1290
3.99

感想・レビュー

第二次世界大戦末期、ヨーロッパ、国境沿いの田舎町に疎開した双子の少年「ぼくら」の、日記のように書きとめた作文、計六十余からなる物語。 簡素な文章だから... もっと読む

悪童日記

617
4.13
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争のために祖母のもとに疎開させられた双子の少年の日々を日記形式で綴る。数ページ分の小編のエピソードを時系列で連続して語る構成をとり、物語は戦時中から終戦... もっと読む

昨日 (ハヤカワepi文庫 ク 2-4)

517
3.59

感想・レビュー

貧しい家庭で育ったトビアスが、理想の女性リーヌを求めて人生をさ迷う話。トビアスは非常にぶっ飛んだことをしでかすのだが、『悪童日記』三部作のように事象が淡々... もっと読む

ふたりの証拠 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

486
3.86

感想・レビュー

「悪童日記」の続編。ふたごの「ぼくら」の別離後、おばあちゃんの家に戻ったリュカ十五歳〜二十二、三歳の物語。 すっかりさびれてしまった町。一人きりになった... もっと読む

第三の嘘 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

428
3.73

感想・レビュー

「悪童日記」三部作完結篇。前二作の背後にあった真実が明らかになる。 一応、双子がそれぞれどういうふうに生きてきたのか、前二作品の背景が明らかになっていく... もっと読む

どちらでもいい (ハヤカワepi文庫)

394
3.26

感想・レビュー

アゴタ・クリストフの小説は、「悪童日記」三部作だけだと、何故か思い込んでいたので、本書を見つけた時は嬉しかった。 三部作と異なり、本書は短編集。「悪童日記... もっと読む

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

393
3.88

感想・レビュー

祖国のハンガリーを逃れ、難民となり敵国の言葉(フランス語)で生活すること(書くこと)を強いられた著者の自伝。 アゴア・クリストフは本当に言葉の少ない作家... もっと読む

文盲: アゴタ・クリストフ自伝 (白水Uブックス)

327
3.87

感想・レビュー

筆者のアゴタ・クリストフはハンガリー出身の女性作家。「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」という有名な三部作を書いている。本書はアゴタ・クリストフの自伝... もっと読む

昨日 (ハヤカワ・ノヴェルズ)

222
3.39

感想・レビュー

詩的な文章、と単に言うだけでは言い足りない作者独特の言葉たち。 強い情念が込もっているような、何か恐ろしい感じもして、その実直である激しさに圧倒されてし... もっと読む

ふたりの証拠

200
4.12
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『悪童日記』の続編。 双子のひとりクラウスは国境を越えて隣国へ、一方のリュカは「魔女」と呼ばれた祖母の家に残った。 本書は後者、リュカの物語だ。 ... もっと読む

どちらでもいい

194
3.31

感想・レビュー

「我が家」が良かったです。鬼束ちひろさんの「every home」という曲を彷彿としました。 もっと読む

第三の嘘

168
4.08
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2013年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」の三部作。 「悪童日記」では子供の残酷さを、「ふたりの証拠」では若者のナイーブさを描き、「第三の嘘」では年齢を重... もっと読む

怪物: アゴタ・クリストフ戯曲集

155
3.53

感想・レビュー

[要旨] アゴタ・クリストフは『悪童日記』で衝撃的なデビューを飾る前に戯曲を書いていたが、このたび九篇の戯曲原稿を入手、本書はそのうち五篇を収録した日本... もっと読む

伝染病: アゴタ・クリストフ戯曲集

77
3.38

感想・レビュー

<収録作品> 「鼠が通る」 Un Rat qui passe (1972) 「灰色の時刻、あるいは最後の客」 L'Heure grise ou le ... もっと読む

悪童日記

3
4.00
戦火の中で彼らはしたたかに生き抜いた――大都会から国境ぞいの田舎のおばあちゃんの家に疎開した双子の天才少年。人間の醜さ、... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示

アゴタ・クリストフに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×