アゴタ・クリストフのおすすめランキング

プロフィール

1935年オーストリアとの国境に近い、ハンガリーの村に生まれる。1956年ハンガリー動乱の折、乳飲み子を抱いて夫と共に祖国を脱出、難民としてスイスに亡命する。スイスのヌーシャテル州(フランス語圏)に定住し、時計工場で働きながらフランス語を習得する。みずから持ち込んだ原稿がパリの大手出版社スイユで歓迎され、1986年『悪童日記』でデビュー。意外性のある独創的な傑作だと一躍脚光を浴び、40以上の言語に訳されて世界的大ベストセラーとなった。つづく『ふたりの証拠』『第三の嘘』で三部作を完結させる。作品は他に『昨日』、戯曲集『怪物』『伝染病』『どちらでもいい』など。2011年没。

アゴタ・クリストフのおすすめランキングのアイテム一覧

アゴタ・クリストフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『悪童日記 (ハヤカワepi文庫)』や『ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)』や『第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)』などアゴタ・クリストフの全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

3958
4.12

感想・レビュー

重いテーマを重く描く、 悲しい出来事をセンチメンタルに描く。 そういう当たり前の描き方ではなく 悲惨な出来事を感情の動きを廃して 淡々と行動の... もっと読む

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

1839
3.85

感想・レビュー

前作に引き続き一気読み。第1部の終わり方が衝撃的だったのでKindleで買って読んでしまいました。 読み終わると、これまた別の意味で衝撃的です。展開も、悪... もっと読む

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

1736
3.78

感想・レビュー

『悪童日記』『ふたりの証拠』に続く第3巻・完結編。続編ですがどれも独立した作品のようにも見えます。 2作目『ふたりの証拠』で積り積もった謎は一旦横に... もっと読む

悪童日記 (Hayakawa Novels)

1127
3.95

感想・レビュー

初めましての作家さん。 第二次大戦下、魔女と呼ばれる祖母の元に疎開した双子。 子供が子供の理解力と自分たちが作り上げた基準の中で 祖母の意地悪に耐え... もっと読む

ふたりの証拠 (Hayakawa Novels)

409
3.83

感想・レビュー

再読、確か三度目。 何度読んでも新鮮。 終わったはずの戦争の影は消えることなく町に残り、その中で縫い合わされていくキルトのようなエピソードの集合体から目が... もっと読む

文盲 アゴタ・クリストフ自伝

335
3.87

感想・レビュー

祖国のハンガリーを逃れ、難民となり敵国の言葉(フランス語)で生活すること(書くこと)を強いられた著者の自伝。 アゴア・クリストフは本当に言葉の少ない作家... もっと読む

第三の嘘 (Hayakawa Novels)

335
3.71

感想・レビュー

「ところが、ピューマは私を追い越し、そのまま悠然と歩いていくと、その前方、通りの端にいる一人の子供の足元に寝そべる。子供は、さきほどまでそんな所にいなかっ... もっと読む

昨日 (ハヤカワepi文庫)

318
3.66

感想・レビュー

初読 私にはアゴタ・クリストフのほんとうのところ、 面白い所は読み取れないかもしれないなぁ でもどこかずっと気になるんだよねぇ… この小説... もっと読む

どちらでもいい (ハヤカワepi文庫)

262
3.24

感想・レビュー

悪童日記がずっと積読のまま放置されており、でもやっぱり読む気がしないので、こっちを先によみました。 短編どころか掌編だったり散文詩だったりでバリエーション... もっと読む

昨日 (Hayakawa novels)

196
3.38

感想・レビュー

詩的な文章、と単に言うだけでは言い足りない作者独特の言葉たち。 強い情念が込もっているような、何か恐ろしい感じもして、その実直である激しさに圧倒されてし... もっと読む

怪物―アゴタ・クリストフ戯曲集

116
3.57

感想・レビュー

[要旨] アゴタ・クリストフは『悪童日記』で衝撃的なデビューを飾る前に戯曲を書いていたが、このたび九篇の戯曲原稿を入手、本書はそのうち五篇を収録した日本... もっと読む

文盲: アゴタ・クリストフ自伝 (白水Uブックス)

105
3.83

感想・レビュー

この本を読むまで、アゴタ・クリストフがどれだけの思いでハンガリーからスイスに亡命をし、その後の生活を生きてきたのか、想像がつかなかった 1年間で、2人ハン... もっと読む

悪童日記

90
4.20
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時中おばあちゃんの家で疎開する双子の兄弟。飢えと寒さをしのぐため、強く、残酷で、狡猾に大人たちの間を立ち回り、育っていく「ぼくら」。そんな子たちはいずれ... もっと読む

ふたりの証拠

38
4.30
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「悪童日記」とはテイストは違えど、読めば読むほど引き込まれる。悪童日記を読んだ方はぜひ読んでほしい一冊。 ※「悪童日記」を読んでない方は、絶対に読んでか... もっと読む

第三の嘘

37
4.00
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2013年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪童三部作のなかではやや複雑な構成になっている。これはアゴダ女史自身の意識の流れを忠実に再現したものなのだろうか。すでに主人公たるクラウス(達)はかつての... もっと読む

悪童日記

3
4.00
アゴタ・クリストフ 電子書籍 2014年10月6日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 550
戦火の中で彼らはしたたかに生き抜いた――大都会から国境ぞいの田舎のおばあちゃんの家に疎開した双子の天才少年。人間の醜さ、... もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示

アゴタ・クリストフに関連する談話室の質問

ツイートする