アストリッド・リンドグレーンのおすすめランキング

プロフィール

1907年‐2002年。スウェーデンに生まれる。1944年『ブリット‐マリはただいま幸せ』(徳間書店)で、出版社主催の少女小説コンテストの二等賞を得て、デビュー。以後、児童書の編集者として働きながら数多くの作品を発表しつづけた。1958年には国際アンデルセン賞を受賞。「長くつ下のピッピ」「やかまし村の子どもたち」「名探偵カッレくん」のシリーズや、『ミオよ わたしのミオ』(岩波書店)など、世界中で今も愛されている数々の物語を生み出し、「子どもの本の女王」と呼ばれた。

「2018年 『長くつ下のピッピの本 決定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アストリッド・リンドグレーンのおすすめランキングのアイテム一覧

アストリッド・リンドグレーンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))』や『やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫(128))』や『名探偵カッレくん (岩波少年文庫)』などアストリッド・リンドグレーンの全133作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

1019
3.89

感想・レビュー

小学生の頃に読んだ以来。 ストーリーを完全に忘れてしまっていたので新鮮だった。大人目線で見ると「大変な子供だな‥」と思ってしまうのは自分が子供の無邪気さを... もっと読む

やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫(128))

554
3.98

感想・レビュー

スウェーデンの児童文学。 やかまし村に住む三世帯六人の少年少女の楽しい日常。 主人公達は7歳から11歳くらいなので小学生目線としてちょうどいいのですが... もっと読む

名探偵カッレくん (岩波少年文庫)

373
4.02

感想・レビュー

子供のころ読んだカッレくんシリーズを再読。 子供の頃はドキドキして真剣な話だった印象だったですが、彼らの親より年上になった今の年齢で読むと何ともほほえま... もっと読む

やかまし村の春・夏・秋・冬 (岩波少年文庫)

255
4.17

感想・レビュー

やかまし村シリーズ第1作。住んでいる6人の子どもたちのうち、8歳になるリーサの視点で書かれている。電子機器のない時代の子どもたちの様子が素敵な挿絵と共に生... もっと読む

はるかな国の兄弟 (岩波少年文庫 85)

253
4.03

感想・レビュー

美してくて哀しくて儚い兄弟の話 リンドグレーンの作品で1番好き。 もっと読む

ピッピ南の島へ (岩波少年文庫(016))

233
4.00

感想・レビュー

 ピッピに関しては良いと思う気持ちと納得いかないと思う気持ちがいつも両方強くて、この巻でもそんな感じです。たぶんそれはこの本が本当の意味で子供目線で子供の... もっと読む

ピッピ船にのる (岩波少年文庫 (015))

230
3.95

感想・レビュー

奇想天外なピッピの存在は胸がすく。食べ物から遊びまで縦横無尽にイメージが飛び回る自由さが大事だなー。著者ももちろんだけど、訳者の力もすごい。竹さんの靴(掛... もっと読む

こんにちは、長くつ下のピッピ

210
4.11

感想・レビュー

私自身は、妊娠するまでピッピの存在を知らなかった。いや、書評等で目にしたことはあったはずなんだけど、しっかりと認識したのは妊娠してから。妊娠中から育児書や... もっと読む

やかまし村はいつもにぎやか (岩波少年文庫)

187
4.18

感想・レビュー

子どもの頃に好きだったシリーズ 今回は、オッレの歯を抜くところを読んでいただいた 子どもたちのわいわいした感じや、歯を抜くだけで絶望的に感じてしまった... もっと読む

山賊のむすめローニャ (岩波少年文庫)

171
3.73

感想・レビュー

美しい自然の風景や水の流れの音、裸足の足の裏の感覚まで想像しては、まるで映画を観ているかのような映像美とハラハラするストーリーに、一気読み! もっと読む

やかまし村のクリスマス (ポプラせかいの絵本)

147
3.65

感想・レビュー

今年もそろそろやかまし村がこんなふうににぎやかになる頃なのかな。わくわく、子供たちがはしゃぎまわるクリスマス。そんな雰囲気がすてき。 もっと読む

みまわりこびと (講談社の翻訳絵本)

141
3.70

感想・レビュー

アストリッド・リンドグレーン (著), キティ・クローザー (著), ふしみ みさを (翻訳) もっと読む

赤い目のドラゴン (大型絵本)

139
3.88

感想・レビュー

母ブタが子ブタを産んだとき、その中に真っ赤な目のドラゴンの子どもを発見した私と弟。 みどりいろ、でも目だけは怒ったように真っ赤な小さいドラゴン。 嬉しそう... もっと読む

カッレくんの冒険 (岩波少年文庫)

130
4.30

感想・レビュー

カッレくんの2冊目の本 もう探偵ごっこは終わりだカッレは思った。 しかしある事件が起きたせいでそれは取りやめになった。 カッレはこの事件を解決できるのか... もっと読む

名探偵カッレとスパイ団 (岩波少年文庫)

123
4.18

感想・レビュー

カッレくんシリーズ3冊目にして最終巻。 宝石強盗、高利貸し殺人の解決に協力した少年名探偵カッレくんだが、今は平穏な夏休みを満喫していた。 アンデスを隊長... もっと読む

長くつ下のピッピ (リンドグレーン・コレクション)

100
4.00

感想・レビュー

40年ぶりに読んだ 小さな引き出しのいっぱいあるキャビネットや、床でこねて作るクッキーがなつかしい~。あれ、すごくうらやましかった。 子どものころ、わたし... もっと読む

さすらいの孤児ラスムス (岩波少年文庫)

91
4.25

感想・レビュー

リンドグレーンさんの本の中でも一番好きな作品です。ラスムスとオスカルが一緒に歌を作るところが好きです。 もっと読む

わたしたちの島で (岩波少年文庫)

85
4.33

感想・レビュー

読書家の友人に薦められて。 現実以上に春夏秋冬を楽しめる作品。 同じ地球人なのにスウェーデン人は孤島を買って避暑地にするのが普通だとか、考えるとフラフ... もっと読む

エーミルはいたずらっ子 (岩波少年文庫)

84
3.79

感想・レビュー

息子が小学生だった頃、大好きだった物語。この本をきっかけに、息子は、リンドグレーンの大ファンになったのでした。 そんな思い出深い本を娘と読める幸せをかみし... もっと読む
全133アイテム中 1 - 20件を表示

アストリッド・リンドグレーンに関連する談話室の質問

ツイートする
×