アラン・シリトーのおすすめランキング

アラン・シリトーのおすすめランキングのアイテム一覧

アラン・シリトーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『長距離走者の孤独 (新潮文庫)』や『土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)』や『長距離走者の孤独 (集英社文庫 1-A)』などアラン・シリトーの全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

長距離走者の孤独 (新潮文庫)

715
3.57

感想・レビュー

ぼくはヒップホップが好きです。 ヒップホップでは、「リアルかどうか」が決定的に重要です。 現実のストリートをリアルに表現しているかどうかということです... もっと読む

土曜の夜と日曜の朝 (新潮文庫 赤 68-2)

152
3.71

感想・レビュー

一読では感想をまとめるのがとても難しいのだけど、面白かった。 すごく好み。 どうしようもない主人公の青年のどうしようもない毎日を描いているのだけど、どうし... もっと読む

長距離走者の孤独 (集英社文庫 1-A)

126
3.58

感想・レビュー

涙こそ出なかったけど、最後の一行にいくまでに知らず奥歯を噛み締めて読んだ「漁船の絵」。 もともと時間のスパンが長い短編小説って好きなんだなぁ…音楽みたい... もっと読む

誇り高き戦場 (講談社漫画文庫)

44
3.71
坂田靖子 2003年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

音が聞こえるよう。 もっと読む

イギリス〈4〉集英社ギャラリー「世界の文学」〈5〉

24
3.14
カズオ・イシグロ 1990年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1990年に集英社から刊行された全集もの。ジャンプ出してるだけじゃなかったんですね!  表紙カバーに『イギリスⅣ』とある通り、「世界の文学」シリーズの... もっと読む

土曜の夜と日曜の朝 (1979年) (新潮文庫)

7
3.33

感想・レビュー

インドネシア、バリ島などを舞台とした作品です。 もっと読む

土曜の夜と日曜の朝 (1979年) (河出海外小説選〈24〉)

3

感想・レビュー

インドネシア、バリ島などを舞台とした作品です。 もっと読む

グスマン帰れ (集英社文庫)

3
5.00

感想・レビュー

アラン・シリトーはやはり短編がおもしろい!と久しぶりに短編集を読んで思った。 イギリス労働者階級の日々を見つめた短編の数々はどこか排他的で、孤独である。街... もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示

アラン・シリトーに関連する談話室の質問

ツイートする