アルフレッド・アドラーのおすすめランキング

プロフィール

1870年‐1937年。オーストリア出身の精神科医、心理学者、社会理論家。フロイトおよびユングとともに現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立し、個人心理学を創始した。実践的な心理学は、多くの人々の共感を呼び、アドラーリバイバルともいうべき流行を生んでいる。

「2021年 『こころを軽くする言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルフレッド・アドラーのおすすめランキングのアイテム一覧

アルフレッド・アドラーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人生の意味の心理学〈上〉―アドラー・セレクション』や『人生の意味の心理学〈下〉 (アドラー・セレクション)』や『生きるために大切なこと』などアルフレッド・アドラーの全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人生の意味の心理学〈上〉―アドラー・セレクション

364
3.82

感想・レビュー

”早期回想、家族布置などに関する理解が深まった。 <キーフレーズ> ・人生の意味は、人類の全体に関心を持つことである <抜き書き> ・真の「人生の意味... もっと読む

人生の意味の心理学〈下〉 (アドラー・セレクション)

214
4.36

感想・レビュー

名作 上下と合わせて共同体感覚について書かれている 甘やかして、ライフスタイル、社会構造まで幅広く見つめ直すことができる 人生の意味とは目的だ 与えられる... もっと読む

生きるために大切なこと

195
3.78

感想・レビュー

原文に近い書籍として、読了…。理解はできるが、実践するとなると至難。まさに人の勇気を試す。ぼくはまだまだ…。 もっと読む

個人心理学講義―生きることの科学 (アドラー・セレクション)

178
3.62

感想・レビュー

アドラーセレクションの、子供の教育を読み終えた後に、この個人心理学講義を読み始めた。 気づいたことは、アドラーは子供の頃(4〜5歳の頃)に起こった出来事... もっと読む

生きる意味―人生にとっていちばん大切なこと

146
3.88

感想・レビュー

題名に惹かれて読んだ。 症例がいっぱい記載された心理学の本でした。 生きる意味は人類の幸福に貢献することに納得した。 「貢献しなかった人間は、何も残さず消... もっと読む

なぜ心は病むのか―いつも不安なひとの心理

101
3.40

感想・レビュー

【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】 https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/533263 もっと読む

個人心理学講義―生きることの科学 (Adlerian Books)

72
3.35

感想・レビュー

感想です。 アドラー心理学全体をアドラー自身の言葉で 学べました。決して読みやすくはなく 岸見先生の脚注に、ずいぶん助けられました 劣等感、早期回想、勇気... もっと読む

人間の本性: 人間とはいったい何か

72
2.90

感想・レビュー

独特な印象を受けました。岸見先生が書いていた嫌われる勇気のほうが読みやすい。 もっと読む

性格の心理学―アドラー・セレクション

67
3.43

感想・レビュー

”6月28日の人間塾in東京 読書会の課題図書。「虚栄心」と「共同体感覚」が2大テーマ。 当日は、岩井俊憲先生の講演会に引き続いて読書会で、本書に再度ぶつ... もっと読む

人はなぜ神経症になるのか―アドラー・セレクション

63
3.63

感想・レビュー

「優越性」をどの方向に向けるかという点が、一般的にみて健全な人となるのか、神経症になるかの境目……と、一言で言えばこういうことだろう。詳細は本書にて。 ... もっと読む

子どもの教育 (Adlerian Books)

58
3.83

感想・レビュー

個人心理学関係書、5冊目。 とりあえず、これで終了にします。 もっと読む

生きる勇気

51
3.00

感想・レビュー

 幼少期にパーソナリティの原型が形作られ、その原型に方向づけられながら統覚スキーマが形成されてゆき、そのスキーマ(バイアスと言っても良い)のなかで出来事を... もっと読む

子どもの教育―アドラー・セレクション

46
3.71

感想・レビュー

アルフレッド・アドラー著書、岸見一郎訳、という事で、アドラー心理学について最も根本的なことが書いてあるのはこのアドラーセレクションのシリーズなのではないか... もっと読む

性格はいかに選択されるのか (アドラー・アンソロジー)

39
4.50

感想・レビュー

感情について、まあ、そうって言えばそうなんだけれど、というのがちょこちょこある。子供の頃の扱いって結構尾を引くよ、っていう話になってしまうのかなあ。 もっと読む

人はなぜ神経症になるのか

35
3.29

感想・レビュー

【要約】 人が神経症を患う原因を人生の課題に直面したときの逃避的な態度と 共同体感覚の欠如という側面から分析している。 神経症になる素地は幼少期や成... もっと読む

子どものライフスタイル (アドラー・セレクション)

32
3.29

感想・レビュー

”アドラー氏が、ニューヨークの新社会学校で実施した公開カウンセリングの速記録をもとに書き起こされたのが本書。原題は "The Pattern of Lif... もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×