アルフレッド・ジャリのおすすめランキング

プロフィール

(Alfred Jarry 1873-1907)
フランスの詩人・劇作家・小説家。ロワール地方の町ラヴァルにて生まれる。ブルターニュ地方の町で幼少期を過ごし、大学受験のためパリへ上京。象徴主義の作家たちに出会い、以降、文学の道に進む。マラルメのサロンや、デカダン系作家ラシルド夫人のサロンに出入りするとともに、ポン゠タヴェン派・ナビ派の画家たちとも付き合いを始める。1894年に、象徴主義を極限まで突き詰めたような詩と戯曲とからなる詩文集『砂の刻覚書』でデビュー。1896年、ユビュ親父が「どこでもない国」で王位を奪う戯曲『ユビュ王』を発表。その上演は大スキャンダルを巻き起こした。その他、『訪れる愛』『フォーストロール博士言行録』『メッサリナ』『超男性』などの小説作品を残した。

「2023年 『昼と夜 絶対の愛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルフレッド・ジャリのおすすめランキングのアイテム一覧

アルフレッド・ジャリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『超男性 (白水Uブックス 77 小説のシュルレアリスム)』や『超男性(愛蔵版)』や『馬的思考 (1979年) (サンリオSF文庫)』などアルフレッド・ジャリの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

超男性 (白水Uブックス 77 小説のシュルレアリスム)

176
3.51

感想・レビュー

「あなたは誰です、人間ですか」、壮絶な自転車レースと性交ゲームの果てに「超男性」を待ち受けるものとは。性交ゲームなんて淫らな小説かと思うが、単純なポルノグ... もっと読む

超男性(愛蔵版)

83
3.50

感想・レビュー

機械を超える「超男性」を目指す物語。1万マイルの壮絶な自転車レースと途方もない回数を目指す性交ゲーム。冒頭で「恋愛なんて取るに足らない行為ですよ。際限なく... もっと読む

馬的思考 (1979年) (サンリオSF文庫)

43
2.50

感想・レビュー

詩文集“砂の刻覚書”から“フォーストロール博士言行録”。“絶対の愛”に至る その狭間にある79篇の掌。まだシュルレアリスムの胎盤もない時代、早熟なる知性と... もっと読む

フォーストロール博士言行録 (1985年) (フランス世紀末文学叢書〈6〉)

16
3.50

感想・レビュー

家賃滞納訴状から 唐突に船で旅立ち 果ては神の表面のスペキュラティフな計算で閉じられる小説。『科学講演・演説集 :物理学者ウィリアム・トムソン著』を背景に... もっと読む

ユビュ王

6
3.00
アルフレッド・ジャリ 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

アルフレッド・ジャリ (1969年) (セリ・ポエティク〈4〉)

2
アルフレッド・ジャリ Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラヴァルの高校生 自転車に乗りて ベルクソンに学ぶ。“アルフレッド・ジャリ劇場”(=シュールレアリスムを政治活動へ変容させるブルトンに訣別したアルトーが ... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×