アルベール・コーエンのおすすめランキング

プロフィール

1895年、コルフ島に生まれる。5歳で両親と共にマルセイユに移住。ジュネーヴ大学法学部で学ぶ。1919年、スイス国籍取得(それまではオスマン=トルコ国籍)。フロイト等が編集委員に連なる雑誌「ラ・ルヴュー・ジュイヴ」の編集に携わり、1925年1月第1号を発行、シオニズムの大義の鼓吹者となる。小説「ソラル」(1930)、「釘食い男」(1938)で名声を博する。1939年、ユダヤ機関の政治局顧問となり、パリで政治に外交に手腕を発揮するが、大戦勃発と共にロンドンに逃れ、ユダヤ機関の代表として各国の亡命政府とナチスから逃れてきたユダヤ人との協力関係樹立に重要な役割を果たす。

「2013年 『ソラル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アルベール・コーエンのおすすめランキングのアイテム一覧

アルベール・コーエンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『選ばれた女〈1〉 (文学の冒険シリーズ)』や『選ばれた女〈2〉 (文学の冒険シリーズ)』や『釘食い男』などアルベール・コーエンの全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

選ばれた女〈1〉 (文学の冒険シリーズ)

41
3.75

感想・レビュー

読むのにやたらと時間がかかった。面白いんだけど、なかなか前進しないという、ちょっと珍しい本。 全体的に、豪奢かつグロテスク。美しいのに醜い。 恋愛... もっと読む

釘食い男

15
3.00

感想・レビュー

世界は広い。作者の出身はコルフ島(オスマントルコ国籍)。ギリシャの島に存在するケファリニアというユダヤ人ゲットーが舞台。益荒男と呼ばれる男達の話だが。楽し... もっと読む
全5アイテム中 1 - 5件を表示
ツイートする