アレックス・カーの新刊情報

プロフィール

1952年米国メリーランド生まれ。1964年に初来日し、1966年まで父の仕事の関係で横浜の米軍基地に住む。1974年エール大学日本学部卒業。日本学を専攻、学士号(最優秀)取得。1972~73年まで慶應義塾大学国際センターでロータリー奨学生として日本語研修。1974~77年、英国オックスフォード大学ベイリオル・カレッジでローズ奨学生として中国学を専攻。学士号、修士号を取得。著書に、『美しき日本の残像』(新潮社学芸賞)、『ニッポン景観論』などがある。日本の魅力を広く知らしめる活動を展開中。

「2017年 『犬と鬼 知られざる日本の肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレックス・カーの新刊情報のアイテム一覧

アレックス・カーの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2019年3月10日発売『観光亡国論 (中公新書ラクレ)』や2019年3月7日発売『観光亡国論 (中公新書ラクレ)』や2018年6月25日発売『「観光公害」を克服せよ (中央公論 Digital Digest)』などアレックス・カーの全20作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

観光亡国論 (中公新書ラクレ)

78
3.83

感想・レビュー

インバウンドが2000万人を突破、今年は3000万人を上回る、2020年には4000万人だと、浮かれている間に、国内の観光名所は大変なことになっているよう... もっと読む

犬と鬼 知られざる日本の肖像 (講談社学術文庫)

52
4.17
アレックス・カー 2017年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長年日本に住んできた米国人による、これはなかなか面白い日本社会論である。 本書のスポットは特に日本の行政(官僚)を中心とした社会・経済・環境破壊の動きに... もっと読む

もうひとつの京都

53
4.14
アレックス・カー 2016年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ただ観光にいくだけでは分からない、京都にある神社仏閣などあらゆるものにどんな意味があるかが見えてきます。旅にいくとき、こういうことが分かったら最高に面白い... もっと読む

<ヴィジュアル版> ニッポン景観論 (集英社新書)

359
3.88
アレックス・カー 2014年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『兵庫の遺産』を考える連続シンポジウム ◇「美しき日本を求めて」アレックス・カー ◇地理情報システム(GIS)を活用した県立大学の学生さんの発表 ◇パネル... もっと読む

対談 世流に逆らう―佐伯快勝×アレックス・カー

11
4.50
佐伯快勝 2012年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱりアレックス・カーの動き方は理想だな! もっと読む

「日本ブランド」で行こう (That’s Japan)

46
3.57

感想・レビュー

犬と鬼の作者のインタビューもの。 もっと読む

犬と鬼-知られざる日本の肖像-

271
3.93
アレックス・カー 2002年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「美しき日本の残像」が良かったのでこちらも読んでみた。 日本への問題提起の本。そういうものは従来、経済や政治面での指摘が多かったが、アレックス・カー氏は... もっと読む

美しき日本の残像 (朝日文庫)

417
3.90
アレックス・カー 2000年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Dear AREX, 著書、拝読しました。 あなたが日本で古民家、古美術、歌舞伎など、自分が「美しい」と感じたものや、そしてその元となっている日本の自... もっと読む

対談集 九つの問答 (朝日文芸文庫)

39
3.27
司馬遼太郎 1997年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

京都についての話が続いていた。夏目漱石の京都を陰気臭いと一蹴する話等、京都論について。日本人にとって京都は自分と向き合わないといけない場所なのです。 もっと読む

美しき日本の残像

19
3.75

感想・レビュー

耳が痛いどころでは済まないぞ、これ。 実を言いますと、身近でも自然がなくなりつつあります。 なぜならば、ある自然豊かな保護地区を つい最近、コンクリ... もっと読む
全20アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする