アレックス・シアラーのおすすめランキング

プロフィール

英国スコットランド北部のウィックに生まれ、現在はサマセット州に住んでいる。テレビやラジオ、映画、舞台のシナリオライターとして活躍したあと、数多くのヤングアダルト小説を執筆、ガーディアン賞にノミネートされた『スノードーム』(求龍堂)などを生みだした。映画やテレビシリーズになった作品もあり、日本では『チョコレート・アンダーグラウンド』(求龍堂)を原作としたコミックやアニメ映画が制作された。他に、『青空のむこう』、『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』『This is the Life』(いずれも求龍堂)、『スキ・スキ・スキ!』(あかね書房)、『世界でたったひとりの子』『あの雲を追いかけて』『骨董通りの幽霊省』(いずれも竹書房)などがある。

「2017年 『ガラスの封筒と海と』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレックス・シアラーのおすすめランキングのアイテム一覧

アレックス・シアラーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『青空のむこう』や『チョコレート・アンダーグラウンド』や『13ヵ月と13週と13日と満月の夜』などアレックス・シアラーの全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

青空のむこう

4395
3.73

感想・レビュー

アレックス シアラー氏の作品を好きになったきっかけの作品です。 小学校六年生の時に初めて読んで、「死」というものについて考えさせられました。 死生観という... もっと読む

チョコレート・アンダーグラウンド

3435
3.80

感想・レビュー

チョコレート禁止令! チョコレート大好きなわたしは、もしこんな世界になったら禁断症状でとんでもないことになりそう。 「リンゴさくさく気分を」 「... もっと読む

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

2589
3.79

感想・レビュー

赤毛でそばかすいっぱいのおしゃべりなカーリーと 濃い髪色で手足の長いほっそりしたメレディスが 老魔女姉妹に奪い取られた体を取り戻すドキドキハラハラの冒... もっと読む

スノードーム

1502
3.95

感想・レビュー

理解される事のない、ある人間の悲劇。 普通になれない悲しさは、誰もが持つものなのか。 エックマンの悲しみは、フィクションとして、第三者の視点で眺めるから... もっと読む

魔法があるなら

862
3.88

感想・レビュー

タイトルに惹かれ、初めてアレックスシアラーさんの本を読みました。 読んだのはだいぶ前で、そのときは借りて読んだのですが、すぐに気に入って、誕生日プレゼン... もっと読む

チョコレート・アンダーグラウンド (マーガレットコミックス)

572
3.87
山川あいじ マンガ 2008年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵がかわいい! みんなかわいい! もっと読む

海のはてまで連れてって

474
3.75

感想・レビュー

豪華客船で働く父さんと一緒にいたいため、ぼくとふたごの弟のクライヴは父さんの乗る船に密航することにしたのだった。 シアラーの書くおバカな(誉め言葉)少年... もっと読む

ラベルのない缶詰をめぐる冒険

472
3.63

感想・レビュー

くるくる天然パーマに瓶底めがね、「天才少年」にしか見えない少年ファーガルのひそかな趣味はスーパーで安売りされる「ラベルのない(取れてしまった)」缶詰を集め... もっと読む

世界でたったひとりの子

451
3.72

感想・レビュー

なんとも気持ちが悪い話しでした。 ハッピーエンドになるにしても、どうにも堪え難い。 子どもを喰いものにする話しは物語でもいやです。 もっと読む

ミッシング―森に消えたジョナ

386
3.56

感想・レビュー

消防車のサイレンを追いかけ消えてしまった親友。一年、二年と残酷に時ばかりが過ぎ、誰も彼もが忘れてしまっても、主人公のジョーだけは諦めませんでした。彼と同じ... もっと読む

チェンジ!

341
3.56

感想・レビュー

ビルは極々平凡な少年でした。お金持ちで有名人のベニーと、あまりにも顔が似ていることを除いては。僕は裕福な彼の生活に憧れ、彼は賑やかな温もりのある僕の日常に... もっと読む

透明人間のくつ下

250
3.40

感想・レビュー

いつもシアラーさんのお話はちょっと怖いというかドキドキすると思ってたけど、「透明人間のくつ下」を読んで確信した。シアラーさんはホラー好きだ。 遠足で、怖い... もっと読む

ぼくらは小さな逃亡者

247
3.59

感想・レビュー

その瞬間が来るまで、許されたかどうかなんて、どうしたらわかるのだろう?自分自身を許せるかどうか。一度でもかけがえのない何かをおこなったかどうか。 ショー=... もっと読む

ボーイズ・ドリーム

242
3.31

感想・レビュー

ポテトの早食いで世界一になろうとする話 くだらないけど、何かに挑戦するということは常に必要で、何処か痛みを伴うことなのだ 中学生の時に読んですごく気に入っ... もっと読む

ラベルのない缶詰をめぐる冒険 (竹書房文庫)

213
3.61

感想・レビュー

すごい話だ。 すごくて、ひどくて、怖い話だ。 ファーガル・バムフィールドの趣味はラベルのない缶詰を集めること。 ラベルのない缶詰には何が入ってい... もっと読む

魔法があるなら (PHP文庫)

204
3.82

感想・レビュー

主人公のリビーは、ちょっと「赤毛のアン」のアンを彷彿とさせるところがある…辛い中にも可笑しみや幸せを見つけるところとか…。 ちょっと飛んでるシングルマザー... もっと読む

世界でたったひとりの子 (竹書房文庫)

201
3.72

感想・レビュー

設定が面白そうと思い読んでみたけど、少し児童文学に近いのかな、、あまりハマらなかった。 学生時代に読みたかった。 もっと読む

ガラスの封筒と海と

129
3.64

感想・レビュー

亡き父を想い、家族を想い、空き瓶に手紙を入れ海へ送り続けた少年の想いは、確かに誰かに届いていたのだと思います。波にさらわれ海底に沈んでも、それが生と死の境... もっと読む

あの雲を追いかけて

128
3.57

感想・レビュー

人には「想像する力」があることを 改めて気付かせてもらえる アレックス・シアラーはいつも そうだけれど 意外な設定、意外な登場人物 意外な展開... もっと読む

青空のむこう

112
3.63

感想・レビュー

はじめて好きになった本。物語が素敵。 もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示

アレックス・シアラーに関連する談話室の質問

ツイートする
×