アントニイ・バージェスのおすすめランキング

アントニイ・バージェスのおすすめランキングのアイテム一覧

アントニイ・バージェスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)』や『時計じかけのオレンジ (ハヤカワ文庫 NV 142)』や『どこまで行けばお茶の時間 (1981年) (サンリオSF文庫)』などアントニイ・バージェスの全27作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)

1580
3.78

感想・レビュー

近未来の高度管理社会を舞台にしたディストピア小説。スタンリー・キューブリック監督が映画化して一躍有名になった作品である。 主人公のアレックスは兇悪な非行... もっと読む

時計じかけのオレンジ (ハヤカワ文庫 NV 142)

331
3.62

感想・レビュー

映画のあとに読んだ本だが…映画以上にハラショーだ。 (この物語にあの映像・音楽をつけたキューブリックもすごいけど) とにかく言葉が全ての伏線となるため... もっと読む

どこまで行けばお茶の時間 (1981年) (サンリオSF文庫)

28
3.22

感想・レビュー

この本はキャロルの『不思議の国のアリス』とリアの『ナンセンスの絵本』の間に並べたい。 春の退屈な午後の教室にいたEDGAR少年はひょんなことから可笑しな... もっと読む

時計じかけのオレンジ (1977年) (ハヤカワ文庫―NV)

12
3.57

感想・レビュー

最高にさ、兄弟、ハラショーな気分じゃないか。 社会主義ってアホだろとか善って何だとか強烈な風刺をくれる。 ブリトバ片手にかっちりブーツでキめたマルチッ... もっと読む

見込みない種子 (1979年) (アントニイ・バージェス選集〈1〉)

7
2.75

感想・レビュー

「時計仕掛けのオレンジ」の作者による、人口過剰(食糧不足)に苦しむ近未来のイギリスを舞台としたディストピア小説。 これ以上、人口を増やすわけにはいかないと... もっと読む

MF (1978年) (アントニイ・バージェス選集〈8〉)

3
3.00

感想・レビュー

購入したけど未読 「MF」という意味深なタイトルが非常に興味をそそらせるが、 中身は近親相姦をテーマにしたもの?でしょうか バージェスは時計仕掛... もっと読む
全27アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする