アントニエッタ・パストーレのおすすめランキング

プロフィール

1946年、イタリアのトリノに生まれる。ジュネーヴ大学でジャン・ピアジェの指導のもと教育心理学部を卒業後、パリのソルボンヌ大学で修士課程を修了。ジョルジュ・ポンピドゥー国立芸術文化センターで働いたのち77年に来日、大阪外国語大学イタリア語学科の客員教授を務める。93年にイタリアに帰国し、以来、日本文学の翻訳・紹介に精力的に携わる傍ら、執筆活動もおこなっている。村上春樹の多くの作品をはじめ、夏目漱石、安部公房、井上靖、中上健次、池澤夏樹、桐野夏生、川上弘美など、名だたる作家の作品を次々に翻訳。イタリアにおける日本文学翻訳の第一人者として定評がある。2017年には村上春樹著『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の翻訳で、第21回野間文芸翻訳賞を受賞。
初めての小説となる本書(原題:Mia amata Yuriko〔愛しいゆり子へ〕)のほかに、エッセイ集「女たちの日本で」(Nel Giappone delle donne)、「畳のうえの軽やかな足どり」(Leggero il passo sui tatami)などの著作がある。

「2019年 『最後の手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アントニエッタ・パストーレのおすすめランキングのアイテム一覧

アントニエッタ・パストーレのおすすめ作品のランキングです。

最後の手紙

13
3.67

感想・レビュー

ちょっと踏み込みが浅いかな、という気がしないでもない。 こういう古風な恋物語が、イタリアではどう評価されたのか、気になる。 あと、端々に顔を出すイタリア人... もっと読む
全1アイテム中 1 - 1件を表示
ツイートする