アントニオ・ネグリのおすすめランキング

プロフィール

アントニオ・“トーニ”・ネグリ(Antonio “Toni” Negri)
1933年イタリアのパドヴァに生まれる。マルクスやスピノザの研究で世界的に知られる政治哲学者。元パドヴァ大学政治社会科学研究所教授。 早くから労働運動の理論と実践にかかわる。79年、運動に対する弾圧が高まるなか、テロリストという嫌疑をかけられ逮捕・投獄される。83年にフランスに亡命。以後14年間にわたりパリ第8大学などで研究・教育活動に携わったのち、97年7月、イタリアに帰国し、ローマ郊外のレビッビア監獄に収監される。現在、仮釈放中。 邦訳に『構成的権力』『未来への帰還』『転覆の政治学』等がある。

アントニオ・ネグリのおすすめランキングのアイテム一覧

アントニオ・ネグリのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『“帝国”―グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性』や『マルチチュード 上 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)』や『マルチチュード 下 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)』などアントニオ・ネグリの全34作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

“帝国”―グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性

390
3.40

感想・レビュー

数年前にこれを図書館から借りて読んだが、今思い返してそこに何が書いてあったか、さっぱり思い出せない。いや、マルチチュードとかいう言葉が何とも生煮えで宙ぶら... もっと読む

マルチチュード 上 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)

306
3.30

感想・レビュー

終わり無き戦争を必要とするグローバル経済を教科書として育つ 新らたなグローバル的共生民主主義のことをマルチチュードと呼ぶ人々がいる そもそもグロー... もっと読む

マルチチュード 下 ~<帝国>時代の戦争と民主主義 (NHKブックス)

236
3.22

感想・レビュー

願わくはもう少し読みやすい訳であってほしいかなと・・・ [more]<blockquote>P167 こうした議論における説明責任とガバナンスという用語... もっと読む

コモンウェルス(上) 〈帝国〉を超える革命論 (NHKブックス)

105
3.25

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

コモンウェルス(下) 〈帝国〉を超える革命論 (NHKブックス)

86
3.25

感想・レビュー

なかなか面白かった。網野善彦『無縁・公界・楽』とアマルティア・セン『アイデンティティと暴力』を連想した。あとローティのプラグマティズムも。 もっと読む

ネグリ、日本と向き合う (NHK出版新書)

77
3.56

感想・レビュー

【由来】 ・多分、図書館の新書アラート 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みた... もっと読む

叛逆 マルチチュードの民主主義宣言 (NHKブックス)

59
3.86

感想・レビュー

「借金を負わされた者」、「メディアに繋ぎとめられた者」、「セキュリティに縛りつけられた者」、「代表された者」。危機が生みだした主体形象とされる、この4つ。... もっと読む

未来派左翼〈下〉グローバル民主主義の可能性をさぐる (NHKブックス)

57
3.30

感想・レビュー

 原題は『さらば、左翼』。問題意識と主張は真っ当だが、日本の現状からはあまりにもかけ離れている(「左翼」のだらしなさへの批判だけはあてはまるが)。逆説的に... もっと読む

アントニオ・ネグリ講演集〈上〉“帝国”とその彼方 (ちくま学芸文庫)

48
2.92

感想・レビュー

いやー、よくわからん本です。 つまり、帝国という概念があり、それは著者の中では一つの一大スペクタクルをなしていて、いわゆるマルチチュードの我々はその... もっと読む

アントニオ・ネグリ講演集〈下〉“帝国”的ポスト近代の政治哲学 (ちくま学芸文庫)

36
3.30

感想・レビュー

昨今「働くこと」についていろいろ考えると、「マルチチュード」というキーワードにしばしば出くわします。 結局何なのか、感覚的には理解できるように思うのです... もっと読む

構成的権力―近代のオルタナティブ

36
3.82

感想・レビュー

構成的権力―近代のオルタナティブ もっと読む

さらば、“近代民主主義”

35
3.00

感想・レビュー

いたるところで、メティサージュ(交雑)がすすみ、現実を変容させている。移住の力−そこにあふれる情熱−は、現在進行中の変化の軌跡のみならず、その新たな本質的... もっと読む

現代思想 2015年3月臨時増刊号 総特集◎シャルリ・エブド襲撃/イスラム国人質事件の衝撃

34
4.29

感想・レビュー

中田考、廣瀬純、ジジェクの文章が面白かった。 いろんな文章を読むほどに自分からそう遠い話ではないと思わざるを得ない。しかし同時に大量の文章がテロリズムに... もっと読む

“帝国”をめぐる五つの講義

32
3.11

感想・レビュー

「マルチチュード」とは何ぞや、職業的な実感では、多分、こんな感じかな?、という程度の手ごたえから、少しずつ読みすすんでおります。 難解です。感覚的には理... もっと読む

ネグリ 生政治(ビオポリティーク)的自伝―帰還

25
3.50

感想・レビュー

いつ手に入れたのかはもう覚えていませんが、大学時代に買ったと思います。度々拾い読みしておりましたけれども、難しいのでこれまで通して読めませんでした。今回思... もっと読む

非対称化する世界ー『<帝国>』の射程ー

21
3.43
西谷修 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帝国として概念化される世界の統治システムが明らかにアメリカ的なものだとしても、アメリカ国家がそのまま帝国なのではない。 アメリカの2重生は9・11以降、... もっと読む

野生のアノマリー――スピノザにおける力能と権力

19
4.00

感想・レビュー

資料ID:W0169893 請求記号:135.2||N 62 配架場所: 本館1F電動書架A もっと読む
全34アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする