アントン・チェーホフのおすすめランキング

プロフィール

アントン・パーヴロヴィチ・チェーホフ(1860~1904)
1860年、南ロシアの町タガンローグで雑貨商の三男として生まれる。
1879年にモスクワ大学医学部に入学し、勉学のかたわら一家を養うためにユーモア小説を書く。
1888年に中篇小説『曠野』を書いたころから本格的な文学作品を書きはじめる。
1890年にサハリン島の流刑地の実情を調査し、その見聞を『サハリン島』にまとめる。『犬を連れた奥さん』『六号室』など短篇・中篇の名手であるが、1890年代末以降、スタニスラフスキー率いるモスクワ芸術座と繋がりをもち、『かもめ』『桜の園』など演劇界に革新をもたらした四大劇を発表する。持病の結核のため1904年、44歳の若さで亡くなるが、人間の無気力、矛盾、俗物性などを描き出す彼の作品はいまも世界じゅうで読まれ上演されている。

「2020年 『[新訳] 桜の園』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アントン・チェーホフのおすすめランキングのアイテム一覧

アントン・チェーホフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『新訳 チェーホフ短篇集』や『馬のような名字 チェーホフ傑作選 (河出文庫)』や『ねむい』などアントン・チェーホフの全101作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

新訳 チェーホフ短篇集

372
4.12

感想・レビュー

ロシア文学って“誤解を受けやすい”と思う。その思潮や言動が必ずしも日本人が美徳と考えているものと一致せず、この本は特に、他の露人文豪の作品を並べて見ても、... もっと読む

馬のような名字 チェーホフ傑作選 (河出文庫)

93
3.62

感想・レビュー

チェーホフの印象が変わった。とは言ってみたものの、そもそも読んだことあったっけ?桜の園とかワーニャおじさんとかが有名な作家さんやけど、読んでないかも知れな... もっと読む

ねむい

73
3.58
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名高い傑作。 なぜか神西訳でチェーホフを読む事はあまりないのだが、確かにいいなぁ。名訳として愛されるだけのことはある。「いつやまるのかわからない。」とか... もっと読む

桜の園

67
3.29
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシアが変革期にあった時代の作品です。 最後まで貴族マインドが抜けきれない兄妹を始め、 コンプレックス高めの成金や うだつの上がらない万年学生や 天真爛漫... もっと読む

かもめ (白水Uブックス―ベスト・オブ・チェーホフ)

52
3.70

感想・レビュー

ニーナと主人公を再開させたために引き立つ、最後の場面の違いが鮮やか。題名がカモメであることを意識して読みたい。 もっと読む

桜の園 (白水Uブックス―ベスト・オブ・チェーホフ)

35
3.25

感想・レビュー

落ち目の領主一家は、屋敷を競売にかけられようとしている時にも過去の栄華から抜け出せずにいる滑稽さ。国は違えど貴族が落ちぶれ庶民が力をつけた時代の話が好きで... もっと読む

犬を連れた奥さん

33
3.14
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェーホフは実は誰よりも醒めつつ誰よりもロマンチックな人。 何もかもを批評してしまう冷徹さと、完全に無垢な純真さとが双方向的に発動してしまう。 だから... もっと読む

ほんとうに、怖がらなくてもいいの? (読書がたのしくなる世界の文学)

29
3.80
シャルルペロー 2014年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ディケンズの『信号手』が収録されていたので、それだけ読みましたけども。  どうにもこうにもオチが分からなかった…。  オチていうか……状況が理解できなく... もっと読む

可愛い女

24
3.33
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭上で多様性の喇叭が鳴り響く。 河井寛次郎の言葉に、私は美しいものしか見えないという視覚障害がある、と言う意味のものがあるが、例えばオーレンカが、つい人... もっと読む

たいくつな話・浮気な女 (講談社文芸文庫)

21
4.00

感想・レビュー

「たいくつな話」を読んだのに、タイトルが思い出せず「つまらない話」と検索をかけてしまった。たいくつな話とつまらない話はどう違うのか、この機会に考えてみよう... もっと読む

かき

16
3.67
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

失業して物乞いする父子。 「ぼくは、父のしゃれた夏外套がぼろぼろになって、よごれればよごれるほど、よけい父が好きになる。」 この一行だけでどんなに多く... もっと読む

ワーニャ伯父さん ——田園生活の情景 四幕——

14
3.00
アントン・チェーホフ 電子書籍 2012年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ー」 知識人であるワーニャとセレブリャコーフが閉塞感に不満を言う話。今まで読んできたチェーホフの作品の中で一番ビビッと来なかった。 もっと読む

小犬のカシタンカ

13
3.20

感想・レビュー

指物師のご主人とはぐれてしまったカシタンカ。疲れきって泣いているところを助けてくれたのは、見知らぬ小父さんでした-。チェーホフの心温まるお話を、原文の雰囲... もっと読む
全101アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×