アンドレ・ブルトンのおすすめランキング

プロフィール

1896-1966年。フランスの文学者で、シュルレアリスムを創始した。1924年に『シュルレアリスム宣言』を刊行、自動記述などの表現方法を重視した。他に著作として『ナジャ』『黒いユーモア選集』など。

「2017年 『魔術的芸術 普及版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンドレ・ブルトンのおすすめランキングのアイテム一覧

アンドレ・ブルトンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)』や『ナジャ (岩波文庫)』や『狂気の愛 (光文社古典新訳文庫)』などアンドレ・ブルトンの全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

シュルレアリスム宣言・溶ける魚 (岩波文庫)

625
3.48

感想・レビュー

詩人・文学者であったアンドレ・ブルトンが、 新しい芸術運動を展開しようと、1924年に起草したのが「シュルレアリスム宣言」。 地に足の着いた状態で、 ... もっと読む

ナジャ (岩波文庫)

390
3.47

感想・レビュー

金井美恵子の【夢の時間】を思い出した。 自分が誰であるとか、何故ある場所である事をやっているのか等々を考えはじめることは、迷宮へ入り込む最初の一歩に違い... もっと読む

狂気の愛 (光文社古典新訳文庫)

141
3.17

感想・レビュー

あんまり面白くなかった。 もっと読む

魔術的芸術

128
3.47

感想・レビュー

豪華な本だ。「魔術的」な事象を語るにあたり、プリミティブな造形作品に端を発し、シュルレアリスムに至るまでの芸術を解説したもの。原文からして難解なのか、訳文... もっと読む

超現実主義宣言 (中公文庫)

112
3.58

感想・レビュー

2015.12.28 難しくて半分くらいでギブアップ。まだ私には早かったか。全体的に言ってることがわかりにくいのだが、それでも強く迫ってくるものがあるよう... もっと読む

鉱物 (書物の王国)

84
3.52

感想・レビュー

2015年9月22日読了。 読んだことのあるものの収録も多かったけれど、とにかく、とても魅力的な一冊であった。 もっと読む

ナジャ (白水Uブックス)

79
3.63

感想・レビュー

2011年11月13日、再々々読ぐらい(?)→記事編集。 アンドレ・ブルトンの自伝的小説で、 ナジャと名乗る風変わりな女性との交際について綴られたもの... もっと読む

黒いユーモア選集〈1〉 (河出文庫)

54
2.80

感想・レビュー

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02213429&initFl... もっと読む

黒いユーモア選集〈2〉 (河出文庫)

41
2.67

感想・レビュー

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02213429&initFl... もっと読む

恋愛 L'amour

38
4.21

感想・レビュー

耽美な世界。それは言葉も宇野亜喜良の挿し絵も。うっとりしている様子をみてふと、うっとり。 もっと読む

シュルレアリスムと絵画

31
3.88

感想・レビュー

非常に読みたい。優先度非常に高い。 もっと読む

「処女懐胎」 (Serie fantastique)

29
3.91

感想・レビュー

読破。 ・taishin inoue邸で初めて手にとったときのような感動は少なかった。 ・大雑把にいうとなかなか良かった。 ・本当にコンセプト通りで... もっと読む

シュルレアリスム簡約辞典

25
3.44

感想・レビュー

シュールレアリスムという20世紀前半の美術と詩などの表現にかかわる「運動」の参加型「辞典」。シュールレアリスムの美術と言語が「編集」方針があるのかないのか... もっと読む

魔術的芸術: 普及版

24
2.75

感想・レビュー

美術史の専門用語を多用しているので、辞書等を横に置いて通読した。 訳も難解で、一文が三行に至ることもあり、とてもとても読みにくい。しかし、それを読み解く... もっと読む

至高の愛―アンドレ・ブルトン美文集

15
3.25

感想・レビュー

1月11日 第2回池袋図書館チャンプルでお借りしました。 美しい絵画を観ているような本でした。 表現が僕には難しく、少し分かりづらかったです。 Tos... もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする