アンリ・トロワイヤのおすすめランキング

プロフィール

1911年モスクワ生まれのロシア系フランス人作家。1935年に処女小説『ほの明かり』を発表して以来、2007年に95歳で没するまで精力的に小説、伝記、エッセイ等を発表した。日本でも多数の作品が翻訳されている。主な著書に、『女帝エカテリーナ』(中公文庫、1985年)、『ドストエフスキー伝』(中公文庫、1988年)、『バルザック伝』(白水社、1999年)、『プーシキン伝』(2003年)、『ボードレール伝』(2003年)、『ヴェルレーヌ伝』(2006年)、『フロベール伝』(2006年、以上、水声社)等がある。

「2023年 『モーパッサン伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンリ・トロワイヤのおすすめランキングのアイテム一覧

アンリ・トロワイヤのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『女帝エカテリーナ 1 (中公文庫 コミック版 い 1-1)』や『女帝エカテリーナ 2 (中公文庫 コミック版 い 1-2)』や『女帝エカテリーナ 3 (中公文庫 コミック版 い 1-3)』などアンリ・トロワイヤの全60作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

女帝エカテリーナ 1 (中公文庫 コミック版 い 1-1)

290
3.52
池田理代子 マンガ 1994年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私が読んだのは、全5巻のコミック・スーリ版です。 敵を知ることが重要だとはよく言われますが、ゾフィーがまず知ろうとしたのはロシア語、ロシア正教を通したロシ... もっと読む

女帝エカテリーナ 2 (中公文庫 コミック版 い 1-2)

173
3.63
池田理代子 マンガ 1994年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロシアの血はないけれど、気の遠くなるほどの努力で、ロシアを理解しロシア人の支持を得たのが勝因でしょうか。 もっと読む

女帝エカテリーナ 3 (中公文庫 コミック版 い 1-3)

172
3.52
池田理代子 マンガ 1994年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

英邁な君主も、老いに勝つのは難しいのですね。なんか、唐の玄宗を思い出しますね。もし80歳くらいまで生きて、ナポレオンと対決してたらどうなったでしょうね。 ... もっと読む

仮面の商人 (小学館文庫)

69
3.64

感想・レビュー

「えっ、今ごろトロワイヤが出るの?初訳?復刊?どっちでもいいけど、とにかくタイトルがカッコいいんですけど!」と新刊情報で即買い。平野甲賀さんのカバーデザイ... もっと読む

大帝ピョートル (中公文庫)

60
3.43

感想・レビュー

現代ロシアへと続く行動原理を確定した人物という評価に異論はない。しかし、その姿勢が残した非ヨーロッパ的な政治体制は、今に続く基本原理を内在させていたように... もっと読む

ふらんす怪談 (河出文庫)

60
3.08
アンリトロワイヤ 1987年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

革命を逃れてロシアからフランスへ移った伝記作家の 短編小説集、全7編、翻訳は澁澤龍彦。 怪談には、不条理かつ尻切れトンボで、 割り切れない不気味... もっと読む

女帝エカテリーナ 上 改版 中公文庫 B 17-3 BIBLIO

53
3.50

感想・レビュー

登録し忘れてた。上巻は何の権力もろくな後ろ盾も財産も持たない女の子の成長と立身出世の物語。 エカテリーナの人生のあらましを知っていても、次に何が起こるの... もっと読む

イヴァン雷帝 (中公文庫 M 284-3)

53
3.77

感想・レビュー

現在のロシア=プーチンが、何を目指し何処へ向おうとしているのかは正直に言って謎です。あまりにも時代錯誤的な解答しか思い描けないので。しかし、その解答のひと... もっと読む

女帝エカテリーナ 上 (中公文庫 M 284-1)

44
3.27

感想・レビュー

上下2巻の一大叙事詩。ヨーロッパ諸国に比べて近代化の遅れたロシアに、他国生まれでしかもクーデターで夫=皇帝を追い落とした人物が絶対権力を保持して近代化を進... もっと読む

女帝エカテリーナ 下 改版 中公文庫 B 17-4 BIBLIO

37
3.44

感想・レビュー

やはり面白いのは皇位について、安定を得るまでだった。ポチョムキンが出てからは読み進める気にあまりなれなくて、途中でやめてしまった。いつかまた読もうという気... もっと読む

愛蔵版 女帝エカテリーナ (Chuko・comics)

36
3.76
池田理代子 1987年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みごたえのある1冊でした。 男女の物語でありながら、ゾフィー1人の物語であるような。 もっと読む

アレクサンドル一世―ナポレオンを敗走させた男 (中公文庫 M 284-5)

34
3.17

感想・レビュー

「女帝エカテリーナ」から続けて読むのがお薦めです、長いけど(笑)あの祖母の行状を間近で見て成長し、父親のやった事を理解しながら皇帝という絶対権力者になった... もっと読む

女帝エカテリーナ 下 (中公文庫 M 284-2)

28
3.71

感想・レビュー

下巻はその晩年から死後、何が起こったかまで描かれていきます。彼女の時代、寵臣ポチョムキンの働きもあってクリミアはロシアの一部になります。現代ロシア=プーチ... もっと読む

大帝ピョートル (中公文庫 B 17-5 BIBLIO)

23
4.33

感想・レビュー

未開のヨーロッパと言われたロシアを一代で欧州一等国まで引き上げたピョートル1世の物語。とにかく行動がめちゃくちゃで、国家というオモチャを与えられた子供が、... もっと読む

イヴァン雷帝 (中公文庫 B 17-2 BIBLIO)

22
4.11

感想・レビュー

実に興味深い人物であった。 幼い頃の過酷な経験が、成人してからの彼の性格に暗く影を落とす。 こんなに過酷な少年時代を過ごした君主は、なかなかいないのでは... もっと読む

サトラップの息子

20
4.00

感想・レビュー

帝政ロシアの富裕層だった主人公一家が政変で国を捨て、亡命先のフランスで生活を始める。 富んだ者から困窮気味の平民へ一変してしまった生活に順応していく主人... もっと読む

バルザック伝

17
3.67

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 伝記作家トロワイヤによるバルザック伝。 自由間接話法という臨場感のある手法でバルザックとその同時代をイキイキと感じさせる伝記です。 ... もっと読む
全60アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×