アーサー・ケストラーのおすすめランキング

プロフィール

ブダペスト出身のジャーナリスト、哲学者。フランコ政権批判の書『スペインの遺書』(新泉社)、スターリンの粛正裁判をテーマにした小説『真昼の暗黒』(岩波文庫)で世界的な注目を浴びる。
1968年、オーストリアのアルプバッハで、心理学者のJ・ピアジェ、V・フランクル、経済学者のF・ハイエク、生物学者のC・H・ウォディントンをはじめとする各界の先鋒を集めたシンポジウム『還元主義を超えて』を開催し、その成果を刊行(工作舎 1983)。新しい人間学への視点を示し、次世代に多大な影響をおよぼした。
『夢遊病者たち』の第四章邦訳『ヨハネス・ケプラー』、『機械の中の幽霊』、『偶然の本質』(以上、ちくま学芸文庫)など邦訳書多数。1983年3月、シンシア夫人とともに自殺。本書邦訳初版刊行の直後だった。

「2021年 『ホロン革命 部分と全体のダイナミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アーサー・ケストラーのおすすめランキングのアイテム一覧

アーサー・ケストラーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『機械の中の幽霊 (ちくま学芸文庫)』や『真昼の暗黒 (岩波文庫)』や『ホロン革命』などアーサー・ケストラーの全31作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

機械の中の幽霊 (ちくま学芸文庫)

192
3.33

感想・レビュー

偶然、近くのブックオフにて見つけた。Amazonでは中古でもべらぼうな値段がついている。何年か前から探していて、実物を見たのは初めて。1995年の第1刷で... もっと読む

真昼の暗黒 (岩波文庫)

141
4.04

感想・レビュー

スターリン体制時の時代を舞台として、幹部クラスのポジションにいた一人の党員が粛清されるまでを描いた作品。 当時の社会情勢を知らずとも、尋問のシーンの執拗... もっと読む

ホロン革命

107
3.43

感想・レビュー

wired・システム、ネットワークと情報・8位 mmsn01- 【要約】 ・ 【ノート】 (wired) 部分と全体、ヒエラルキーをめぐるシステムを... もっと読む

ユダヤ人とは誰か―第十三支族・カザール王国の謎

72
3.36

感想・レビュー

ユダヤ人(アシュケナジー)がどこから来たか。本当にパレスチナ出身なのかを解明した本。 現代ユダヤ人の出自は、実はパレスチナではなくロシアでした、って。 ... もっと読む

ヨハネス・ケプラー―近代宇宙観の夜明け (ちくま学芸文庫)

37
3.67

感想・レビュー

訳:小尾信彌・木村博、原書名:THE WATERSHED(Koestler,Arthur) もっと読む

偶然の本質―パラサイコロジーを訪ねて (ちくま学芸文庫)

31
3.14

感想・レビュー

訳:村上陽一郎、原書名:The Roots of Coincidence:An Excursion into Parapsychology(Koestle... もっと読む

サンバガエルの謎―獲得形質は遺伝するか (岩波現代文庫)

30
3.80

感想・レビュー

小保方さんとSTAP細胞関連の記事などで、本書に言及しているものが少ない気がする。どうしてだろうか。久しぶりにぱらぱらと読んでみたら、以下のようなカンメラ... もっと読む

偶然の本質

19
3.17

感想・レビュー

「機械の中の幽霊」で有名な、A.ケストラー氏の著作。 「偶然とは偶然では無い」…そんな気もします… もっと読む
全31アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×