アーサー・コナン・ドイルのおすすめランキング

プロフィール

1859年、イギリス・エディンバラ生まれ。父チャールズは妖精画家。〈シャーロック・ホームズ〉や〈チャレンジャー教授〉シリーズ等のミステリ・SFで不動の名声を築いているが、「大空の恐怖」等のホラー小説、〈ナイジェル卿〉〈勇将ジェラール〉シリーズ等の歴史小説、『行動の詩』等の詩集、『ボア戦争』等の戦記ノンフィクションと、ジャンルをまたいだ精力的な執筆活動でも知られた。本書はドイルの心霊研究書の代表作で、作家の「暗」の世界への関心を知るにも避けて通れない一冊である。1930年没。

「2021年 『妖精の到来〜コティングリー村の事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アーサー・コナン・ドイルのおすすめランキングのアイテム一覧

アーサー・コナン・ドイルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)』や『緋色の研究 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)』や『四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)』などアーサー・コナン・ドイルの全522作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

1122
3.95

感想・レビュー

ホームズはちゃんと読んだことがなかった。多くの人がそうであるように、非常に読みにくかったからだ。 私のような人間からすれば、この新訳版はほんとうにありがた... もっと読む

四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

704
3.70

感想・レビュー

この作品は1890年に書かれたようである。 つまり、著者コナン・ドイル、31歳位の時の作品になる。 175ページにセポイの反乱が出てきたので、確認... もっと読む

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

617
3.87

感想・レビュー

ホームズ短編集の2冊目。 ポー名作集を読んでおいてよかった。1冊目の『~冒険』も含め、明に暗にポーの影響っぽいところを発見しては、古典を読んだ甲斐を感じて... もっと読む

シャーロック・ホームズ傑作選 (集英社文庫)

573
3.66

感想・レビュー

ついにホームズ初めて読んだよ! 不思議な事件をなんでもなさそうにスルスル〜っと真実へ運んでいく観察力、とても軽快だった。 もっと読む

シャーロック・ホームズの冒険 (創元推理文庫)

558
4.23

感想・レビュー

「子供の頃に読んだから」からって児童書と思ってはいけない。現代のビジネスパーソンの心にも響く元祖ハードボイルドです。 「まだらの紐」「ボヘミアの醜聞」な... もっと読む

シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

528
3.92

感想・レビュー

確かにトリックの面白さは薄れてるかも でも脅迫王ミルヴァートン、スリークォーターの失踪、アビィ屋敷あたりを中心にホームズの人間っぽさが増した感じがして楽し... もっと読む

緋色の研究【新訳版】 (創元推理文庫)

501
3.95

感想・レビュー

ホームズの本は、少年少女版でしか読んだことがない私。 ロンドンの話ばかりかと思っていたため、この本に「モルモン教が登場する」と聞いて仰天し、読んでみまし... もっと読む

シャーロック・ホームズ最後の挨拶 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

455
4.00

感想・レビュー

ホームズの「正典」を深町訳、駒月訳、日暮訳で1、2冊ずつ読んできた。どれも読みやすくておすすめ。駒月訳は、ホームズとワトソンの関係に思い入れを込めていると... もっと読む

恐怖の谷 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

448
4.11

感想・レビュー

ドイル自身の正典、60話のシャーロック・ホームズ・シリーズのうち、4つしか書かれなかった長編。 その長編の中で最後の作品となったのが、今作『恐怖の谷』で... もっと読む

シャーロック・ホームズの事件簿 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)

414
3.85

感想・レビュー

シャーロックホームズシリーズで一番好きな話は?と聞かれた時に「シャーロックホームズの事件簿のまえがきです。」と答えてしまいそうになるほど、この巻のまえがき... もっと読む

シャーロック・ホームズの冒険 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫)

296
3.80
アーサー・コナン・ドイル 電子書籍 2010年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

LINEノベルで読了。 小学生の頃読んだホームズものは全く肌に合わず、『四つの署名』も後半の冒険もののほうが面白かったというミステリ落伍者が、京極堂でミ... もっと読む

緋色の習作 (河出文庫―シャーロック・ホームズ全集)

274
3.97

感想・レビュー

アンソニー・ホロヴィッツによるシャーロック・ホームズ作品『絹の家』を読んで、久しぶりに“正典”を読みたくなりました。 中学、高校の頃、ホームズものは全て... もっと読む

四人の署名【新訳版】 (創元推理文庫)

238
3.72

感想・レビュー

古典としての面白さはあるのかもしれないけど、小説としての面白さはあまり感じなかったというのが私の感想。共感があまりできなかったのが原因に思う。当時の宗教観... もっと読む

回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 (創元推理文庫)

220
3.88

感想・レビュー

■書名 書名:回想のシャーロック・ホームズ【新訳版】 著者:アーサー・コナン・ドイル、深町 眞理子 ■概要 「黄色い顔」「株式仲買店員... もっと読む

四つの署名 (角川文庫)

215
3.67

感想・レビュー

さすが新訳、読みやすい! コナン・ドイルの作品は、推理だけでなく、アクションシーンも多い印象。映画のイメージもあるかも。 テンポが良く、はっきりと盛り... もっと読む

緋色の研究 【新訳版】 シャーロック・ホームズ・シリーズ (創元推理文庫)

193
3.83
アーサー・コナン・ドイル 電子書籍 2010年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界でいちばん有名な探偵であり、「探偵」という職業を世に定着させたパイオニア、シャーロック・ホームズ。1887年発表の本書でデビュー。 ホームズが手... もっと読む

シャーロック・ホームズの冒険 (河出文庫―シャーロック・ホームズ全集)

183
4.16

感想・レビュー

<b>珠玉の短編集、でも思い出せない作品だけ読んでみると</b> ホームズもの書籍、数あるなかで、評判のよい本作を手に取りました。 シャーロキアンの手に... もっと読む

バスカヴィル家の犬 (創元推理文庫)

179
3.87

感想・レビュー

ホームズを一切読んだことがないというのが長年の読書におけるコンプレックスだった。一年程前からBBCのドラマ「SHERLOCK」にハマり、そこからこの長年の... もっと読む

シャーロック・ホームズの復活 (創元推理文庫)

159
4.10

感想・レビュー

若干マンネリ化しつつもやはり面白い。 空家の冒険 ノーウッドの建築業者 踊る人形 ひとりきりの自転車乗り プライアリー・スクール ブラック... もっと読む
全522アイテム中 1 - 20件を表示

アーサー・コナン・ドイルに関連する談話室の質問

ツイートする
×