アーサー・C・クラークのおすすめランキング

アーサー・C・クラークのおすすめランキングのアイテム一覧

アーサー・C・クラークのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))』や『都市と星〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF ク)』や『宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))』などアーサー・C・クラークの全38作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

2084
3.97

感想・レビュー

面白かった。 何がすごいって、地球でない星々の描写がすごい。 彼の眼には何が見えていたのだろう。その星たちの上にどんな空が広がり、どんな大気がたち... もっと読む

都市と星〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫 SF ク)

500
3.93

感想・レビュー

NHKの100分de名著で取り上げられるということで、積読を消化したのですが、予想以上の面白さにビックリしました。古典SFって思索的なイメージが強かったの... もっと読む

宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))

406
3.79

感想・レビュー

 こりゃぁ、良かった。続編が有るんだが、読んでみたいという欲望にかられる。あまり信じないにせよ、SFの世界では有名はヒューゴー賞とネビュラ賞を授賞した作品... もっと読む

2010年宇宙の旅〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF) (文庫) (ハヤカワ文庫SF)

331
3.93

感想・レビュー

小説の続編でなく、映画のストーリーに続くもの。その割り切りと進取の姿勢に驚かされました。大いなる存在との遭遇よりも宇宙旅行冒険譚として楽しめる内容でした。 もっと読む

地球幼年期の終わり (創元推理文庫)

306
3.84

感想・レビュー

驚愕するところが3つほど。すごい 正体と目的が最大の謎で、最初に解ける謎は最高でした。なるほど、と。 世界の最後の表現としては、個人的にあまり好きではない... もっと読む

イルカの島 (創元SF文庫)

294
3.70

感想・レビュー

これは面白かった。 例によって投げっぱなしの伏線とかあるんだけど、メインが「少年の成長物語」なので気にならない。 特に難しい話もないし、「あー面白かっ... もっと読む

SFマガジン700【海外篇】 (ハヤカワ文庫SF)

291
3.75

感想・レビュー

創刊700号記念アンソロジーというだけのことはあって、さすがの内容。SFマガジンに載ったもので、短篇集初収録となる作品が並んでいる。好みはあるだろうが、い... もっと読む

太陽系最後の日 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 1) (ハヤカワ文庫SF)

270
3.56

感想・レビュー

表題作だけ読了。現代の主流のSFとは違って、人類の優位性を謳っており若さが感じられる内容であった。端々に見られるSF的描写は映像として美しさを感じられた。 もっと読む

宇宙のランデヴー 〔改訳決定版〕 (ハヤカワ文庫SF)

205
3.85

感想・レビュー

1973年発表の、本格・骨太なSF名作。 2030年、太陽系に突如侵入してきた、完璧な円筒形の巨大な人工物。ラーマと命名されたその物体の探査に駆り出... もっと読む

地球幼年期の終わり【新版】 (創元SF文庫)

187
4.12

感想・レビュー

しばらく前に買ったまま積ん読だった一冊。 積ん読って数年後、何でもないときに「時は満ちた」状態になって、すっと読めてしまうから不思議よな。 買ったからって... もっと読む

渇きの海 (ハヤカワ文庫 SF ハヤカワ名作セレクション)

160
3.71

感想・レビュー

2015年11月16日読了。塵の層に覆われた月面を観光飛行する『セレーネ号』が突然塵の中に消失した。船の探索・救助は可能なのか、搭乗者22名の生存は・・・... もっと読む

90億の神の御名 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 2) (ハヤカワ文庫SF)

155
3.93

感想・レビュー

ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラークの第2弾は、解説の言葉を借りるならば「宇宙飛行の啓蒙的色彩が強い」作品が並びます。全16篇収録。 月面で働く... もっと読む

楽園の泉 (ハヤカワ文庫SF)

110
3.71

感想・レビュー

宇宙エレベーターって夢がある以上に、エネルギーだとかのコスト面から実現されるべきなんだな。終盤の技術者かっけー展開よりも宗教との対立にもっと重点を置いて欲... もっと読む

銀河帝国の崩壊 (創元SF文庫 (611-1))

110
3.30

感想・レビュー

 解説にあるように、まさに叙事詩( ´ ▽ ` )ノ  SF版ベーオウルフかアーサー王といった感( ´ ▽ ` )ノ  壮大なスケール、類まれなる想像... もっと読む

メデューサとの出会い (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 3) (ハヤカワ文庫SF) (文庫)

94
3.86

感想・レビュー

SF。短編集。 エッセイは興味ないのでスルー。 短編のテーマは"太陽系めぐり"とのこと。 SF短編のお手本というような、本格的でかつ分かりやすい、良... もっと読む

明日にとどく (ハヤカワ文庫SF)

78
3.81

感想・レビュー

1946年、第二次世界大戦が終わったばかりの日本では復興にあえいでいた頃に(そして、自分の生まれるずっと前に)、見てきたかのような現実感のある未来をこんな... もっと読む

最終定理 (海外SFノヴェルズ) (単行本)

74
3.00

感想・レビュー

クラークのおなじみのアイデアをポールが書いた。異星人も出てくるけれど、SFという感じではない(センスオブワンダーを感じない。ネタが使い古しだから?)。スリ... もっと読む

悠久の銀河帝国

62
3.00

感想・レビュー

悠久の銀河帝国 もっと読む
全38アイテム中 1 - 20件を表示

アーサー・C・クラークに関連する談話室の質問

ツイートする
×