アーシュラ・K.ル=グウィンのおすすめランキング

プロフィール

アーシュラ・クローバー・ル=グウィン(Ursula K. Le Guin)
1929年10月21日-2018年1月22日
ル・グィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。
代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。
(2018年5月10日最終更新)

アーシュラ・K.ル=グウィンの関連サイト

アーシュラ・K.ル=グウィンのおすすめランキングのアイテム一覧

アーシュラ・K.ル=グウィンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)』や『こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉 (岩波少年文庫)』や『さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫)』などアーシュラ・K.ル=グウィンの全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (岩波少年文庫)

912
4.06

感想・レビュー

3巻が一番おもしろかったー!テルーが主役になってきたあたりから、ちょっと展開がしんどくなってきたかな・・・6巻は少し盛り上がりに欠けるというか、期待してい... もっと読む

こわれた腕環―ゲド戦記〈2〉 (岩波少年文庫)

405
4.07

感想・レビュー

物語の4分の3は、閉塞感が漂い、暗い。ページをめくる手も重かった。しかし、敷かれたレールは正しいのかと主人公が自らの意志で考え始めた時、重圧の闇の世界に一... もっと読む

さいはての島へ―ゲド戦記〈3〉 (岩波少年文庫)

346
3.90

感想・レビュー

ゲド戦記3巻。 今作はエンラッドの王子アレンが登場。 エンラッドでの異変...魔法の力が衰え、人が無気力になる...。 アレンが大賢人となったゲ... もっと読む

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版)

315
3.90

感想・レビュー

とても素敵なお話です。 思春期に読んでおくことをお勧めします。 もっと読む

帰還―ゲド戦記〈4〉 (岩波少年文庫)

268
3.79

感想・レビュー

やっとここまできた~!という達成感。まだあと2冊残ってるけど。 今作はテナーが語り手となったテルーのお話。 未亡人となったテナーと、親に焼き殺され... もっと読む

ゲド戦記別巻 ゲド戦記外伝 (ソフトカバー版)

262
3.51

感想・レビュー

ゲド戦記をIからVまで読んで、良質なデザートのようにこの1冊を楽しみながら読みました。周辺世界の出来事を詳細にイメージすることで、ゲド戦記をいきいきと語る... もっと読む

素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち (講談社文庫)

247
3.59

感想・レビュー

あとがきにもありましたが、「空を飛べる」ということの素晴らしさだけではなく、思いやりをもって他者に接することができる、ということも大変に素晴らしい、という... もっと読む

ギフト (西のはての年代記 (1))

233
4.09

感想・レビュー

これ、ゲド戦記に続く超名作ファンタジー! 指輪よりよっぽど! なんで話題にならないのかわからない 重くて悲しくて、ほんと泣ける 様々なギフトを持つ高地... もっと読む

アースシーの風―ゲド戦記〈6〉 (岩波少年文庫)

205
3.91

感想・レビュー

最後まで読んでようやく面白さがわかったのと、やっと解放される喜びと。 ゲド戦記は、ファンタジーだからといって特別ワクワクするわけでもないし、魔法使い... もっと読む

ドラゴンフライ アースシーの五つの物語―ゲド戦記〈5〉 (岩波少年文庫)

203
4.09

感想・レビュー

ゲド戦記全6部作の内の5作目。   これまでの4巻に比べて、 ゲドの出番がほとんどありません。   副題にある通り、5つの短編が語られています。... もっと読む

夜の言葉―ファンタジー・SF論 (岩波現代文庫)

179
3.86

感想・レビュー

ファンタジーに限らず、こと『創作』というものに携わっておられるかたには、かなりオイシイ一冊です♪ 「ゲド戦記」や「闇の左手」などの創作秘話に留まらず、ル... もっと読む

ヴォイス (西のはての年代記 2)

178
4.30

感想・レビュー

またしても超名作! ほんと泣ける! しかしオレックが普通な感じで登場したのには戸惑った 結局ギフトはどうなったんだろう… 海辺の街の戦争 古書の番人 もっと読む

空を駆けるジェーン (講談社文庫)

148
3.60

感想・レビュー

「空飛び猫」シリーズの4作目です。 トラウマを克服し、活発な性格を取りもどたジェーンが、田舎での「退屈な」生活に飽き、冒険に出ます。 解説にもありました... もっと読む

ゲド戦記(6点6冊セット) (岩波少年文庫)

142
4.57

感想・レビュー

自分の影と向き合ってこそ、先に進むことができる! もっと読む

なつかしく謎めいて (Modern & classic)

118
3.63

感想・レビュー

 飛行機(plain)と次元(plain)をひっかけて、飛行機の乗り継ぎ待ちの間に次元を乗りかえる旅行法が発見された……というちょっと強引な言葉遊び的な洒... もっと読む

いちばん美しいクモの巣 (詩人が贈る絵本 II)

112
3.63

感想・レビュー

この完璧なシンメトリー。 繊細かつ強靭な縦糸と横糸で織り成されたクモの巣は、陽の光を浴びることで全貌を現わす。その一本一本はプリズムのよう。朝露で飾られ... もっと読む

空を駆けるジェーン

107
3.60

感想・レビュー

やっぱり猫って素晴らしい!ことに、空飛び猫ときたら、とりわけ♪ 前作『素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち』で 翼のないアレキサンダーと、空飛び猫ジ... もっと読む

素晴らしいアレキサンダーと、空飛び猫たち

92
3.70

感想・レビュー

さあ、『空飛び猫』シリーズも3冊め。 翼をもつあの子たちは、今回はどんな冒険を?とわくわくして表紙をめくったら。。。 なんと、今度の主人公は、翼を持たな... もっと読む

コンパス・ローズ (ちくま文庫)

88
2.78

感想・レビュー

物語の舞台が見えてきたかな、というところで終わってしまう短編が多くて、あまり楽しめなかった。ル=グウィンにはどうしてもくっきりしたストーリーを求めてしまう... もっと読む

ファンタジーと言葉

69
3.46

感想・レビュー

わたしは男である。 こう言うと、みなさん、私が性別ってものについて、 わけのわからないばかな間違いをした、とお考えになるかもしれないし、 わたしがみ... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示

アーシュラ・K.ル=グウィンに関連する談話室の質問

ツイートする