アーシュラ・K.ル・グウィンのおすすめランキング

プロフィール

1929年10月21日-2018年1月22日
ル=グウィン、ル=グインとも表記される。1929年、アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。1958年頃から著作活動を始め、1962年短編「四月は巴里」で作家としてデビュー。1969年の長編『闇の左手』でヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。1974年『所有せざる人々』でもヒューゴー賞とネビュラ賞を同時受賞。通算で、ヒューゴー賞は5度、ネビュラ賞は6度受賞している。またローカス賞も19回受賞。ほか、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ニューベリー・オナー・ブック賞、全米図書賞児童文学部門、Lewis Carroll Shelf Awardフェニックス賞・オナー賞、世界幻想文学大賞なども受賞。

代表作『ゲド戦記』シリーズは、スタジオジブリによって日本で映画化された。

アーシュラ・K.ル・グウィンのおすすめランキングのアイテム一覧

アーシュラ・K.ル・グウィンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『影との戦い―ゲド戦記 1』や『ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)』や『空飛び猫 (講談社文庫)』などアーシュラ・K.ル・グウィンの全18作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

影との戦い―ゲド戦記 1

1269
3.96

感想・レビュー

素晴らしかったです。訳者のあとがきにもあるように、ゲドはわたしだ、と思いながら読み進めました。影との戦いにおけるゲドの苦しみが始終切々と伝わり、束の間訪れ... もっと読む

ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)

1028
3.70

感想・レビュー

図書館で借りました。 自分を強く持つこと。 自分と向き直ること。 つきまとって離れない不安との戦い。 自分の影に向き合い戦う。 やりとげること! ジブ... もっと読む

空飛び猫 (講談社文庫)

766
3.39

感想・レビュー

以前から気になっていた「空飛び猫」シリーズの1作目、原著と並行して読んでみました。 都会の路地裏で生まれた4匹の子猫たちの背中には、美しい翼がはえて... もっと読む

こわれた腕環―ゲド戦記 2

694
3.85

感想・レビュー

凡俗なファンタジー小説なら、ゲドとテナーが墓を脱出したところでハッピーエンドとなるのに、そこからじっくりとテナーの心の描写をするところが素晴らしい。 ... もっと読む

ゲド戦記 2 こわれた腕環 (ソフトカバー版)

640
3.71

感想・レビュー

「だが、私を救ってくれたのは、水だけではないんだ。水をくれたのは、人の手なんだからね。」 この言葉が、残りました。 水だけではない。 もっと読む

さいはての島へ―ゲド戦記 3

620
3.78

感想・レビュー

名作「ゲド戦記」3巻目。ここでいったんは終了、後に4巻そして5巻も書かれましたが。 この世界がおかしくなっている… 王の一人息子アレンは、ロークの大賢... もっと読む

ゲド戦記 3 さいはての島へ (ソフトカバー版)

571
3.60

感想・レビュー

力が失われゆく世界。 均衡のために旅立つゲドとアレン。 魔法使いの力の使い方に学ぶところがたくさんありました。 でもまだ物語は終わりではない。 続きが気に... もっと読む

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)

429
3.51

感想・レビュー

死と再生。 論理から、生活へ。 男と女。 「女は屈辱なんて慣れっこになっている」という言葉が印象的。確かに、そう思う。慣れてしまわなくては生きていけない現... もっと読む

ゲド戦記 5 アースシーの風

403
3.53

感想・レビュー

大きなふしぎな出来事と、小さなありふれた出来事と。 どちらも大切だということに気付かされました。 そして、人の手のぬくもりのもつ、力の大きさ。 読み終えた... もっと読む

空飛び猫

298
3.70

感想・レビュー

ふわふわの翼で空を飛ぶ、4ひきの子猫! それだけでもう、気が遠くなるくらい素敵なのに 作者はアーシュラ・K・ル=グウィン、訳は村上春樹、 挿絵は頬ずりし... もっと読む

帰ってきた空飛び猫

155
3.65

感想・レビュー

「空飛び猫」シリーズの2作目です。 原著を読んだあとに、答え合わせのつもりで読みました。 前作で4匹の空飛び猫は、信頼できる人間の子供たちと出会い... もっと読む

影との戦い ゲド戦記I (物語コレクション)

123
3.61

感想・レビュー

久しぶりに1日に一気に読み切った作品。 世界観とかしっかりしててすごいと思います。ハイタカは映画のイメージで読んでたので、幼い時の性格にびっくりしました... もっと読む

こわれた腕環 ゲド戦記II (物語コレクション)

82
3.50

感想・レビュー

一巻よりもさらにおもしろかった!最初はなんの話かよくわからなくて難しかったけど、最後の3、4章は止まらなかった。完璧に洗脳されるって怖いなーと思った。テナ... もっと読む

影との戦い―ゲド戦記 (同時代ライブラリー)

71
4.00

感想・レビュー

少年少女向けのファンタジー小説なんだけど、なんだか薄暗くて、子ども向けとは異質な感じがします。昔、大学生の時くらいに初めて読んで、なかなかおもしろいなあと... もっと読む
全18アイテム中 1 - 18件を表示

アーシュラ・K.ル・グウィンに関連する談話室の質問

ツイートする
×