アーネストヘミングウェイのおすすめランキング

アーネストヘミングウェイのおすすめランキングのアイテム一覧

アーネストヘミングウェイのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日はまた昇る (新潮文庫)』や『武器よさらば (新潮文庫)』や『誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)』などアーネストヘミングウェイの全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日はまた昇る (新潮文庫)

1376
3.53

感想・レビュー

"a lost generation" 文学的には第一次世界大戦後の若者たち、「失われた世代」と総括される用語である。 しかし、実際は仕事をきっちりし... もっと読む

武器よさらば (新潮文庫)

1099
3.64

感想・レビュー

中学生の頃この本を読んだ記憶があります。しかし、人生経験にまだ乏しかった身として、主人公フレドリックの失意と悲しみを表面的にしか理解できていなかったことが... もっと読む

誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)

880
3.45

感想・レビュー

再読 やはり私にとってこの小説の白眉は ロバートとマリアの2人の「若さ」の対比、 パブロとピラールだ。 老いるということ。弱るということ。 ... もっと読む

われらの時代・男だけの世界: ヘミングウェイ全短編 (新潮文庫)

764
3.60

感想・レビュー

ヘミングウェイは長らくご無沙汰でしたが、若き日のパリ時代を回想した『移動祝祭日』が思いのほか面白かったので、再読しました。 1921年、ヘミングウェ... もっと読む

移動祝祭日 (新潮文庫)

742
3.95

感想・レビュー

アーネスト・ヘミングウェイ22歳。新妻ハドリーを伴い、文学修業のためパリに渡ってからの思い出の日々を綴った青春回想エッセイです。ヘミングウェイの死後、発表... もっと読む

勝者に報酬はない・キリマンジャロの雪: ヘミングウェイ全短編〈2〉 (新潮文庫)

709
3.51

感想・レビュー

キリマンジャロの雪、意外なくらい内省的。他の作品では『エデンの園』でも示されたヘミングウェイの「女性的なもの」への志向も垣間見える部分もある。個人的には「... もっと読む

誰がために鐘は鳴る〈下〉 (新潮文庫)

631
3.53

感想・レビュー

文庫が改版されて活字も大きく読みやすく さすが大久保康彦訳丁寧な訳文でわかりやすく 文章が込み入っていたのでもなく むしろ簡潔で、しかも情緒... もっと読む

誰がために鐘は鳴る(上) (新潮文庫)

352
3.47

感想・レビュー

1930年代のスペイン内戦。 共和国側の義勇兵として参加したアメリカ人のジョーダン。橋の爆破を命ぜられ、協力するゲリラ隊とともに山間に潜み決行を待つ。ゲリ... もっと読む

蝶々と戦車・何を見ても何かを思いだす: ヘミングウェイ全短編〈3〉 (新潮文庫)

338
3.55

感想・レビュー

徹底的にそぎ落とされた美しい男の世界。ヘミングウェイはマッチョではない。その弱々しさ、女々しさが男らしいのだ。海、戦争、少年とヘミングウェイのよい要素が満... もっと読む

武器よさらば(上) (光文社古典新訳文庫 Aヘ 1-1)

294
3.47

感想・レビュー

戦火の下で生きる若者たちの日常は やはり戦況により破壊的に変化していく。 一方で人と人との営み、心の動きは不変のようであり やはり不可避的に戦争の影... もっと読む

武器よさらば(下) (光文社古典新訳文庫 Aヘ 1-2)

238
3.71

感想・レビュー

戦場に戻り、戦況に劣勢から敗走の途上で軍から離脱する。輸送していたトラックを捨ざるを得ないやむなきの事情があったのだが、言い訳するより逃亡罪のリスクを選ん... もっと読む

誰がために鐘は鳴る(下) (新潮文庫)

238
3.64

感想・レビュー

下巻。 デヴィッド・フィンチャーの「セブン」の最後にヘミングウェイの引用がある。 「この世は素晴らしい。戦うだけの価値はある」。この台詞は、本作の主人公が... もっと読む

日はまた昇る〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

135
3.38

感想・レビュー

『日はまた昇る』ヘミングウェイ著 1.購読動機 筒井康隆さんの『読書の極意と掟』のなかの一冊です。 筒井康隆さんほどの人が影響を受けた本ならば、ぜひと考... もっと読む

老人と海 [英語版ルビ訳付] 講談社ルビー・ブックス

85
3.89

感想・レビュー

骨のある文章だった。 とにかくストイック。 風景描写がすてき。 ラテンの海辺の街。 貧しく、だけど逞しく生きる老人。 昼の海と夜の海の表情のちがい。 姿... もっと読む

in our time

80
3.21

感想・レビュー

超短編の各章に描かれる出会い。兵士と兵士であったり、男と女であったり、人と牛であったり。人生とは、こういう出会いの積み重ねなのだと、ヘミングウェイが教えて... もっと読む

老人と海 The Old Man and the Sea【日本語ナビ付き原書】 (ナビつき洋書シリーズ)

70
3.10

感想・レビュー

「何か一つのことをやり遂げる」という大切さを教えてくれる本です。文章は、少々堅い感じはしますが、ぜひ読んでみてください。 もっと読む

ヘミングウェイ全短編

34
3.80

感想・レビュー

読んだの…これだったっけ…? もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示

アーネストヘミングウェイに関連する談話室の質問

ツイートする
×