イタロカルヴィーノのおすすめランキング

イタロカルヴィーノのおすすめランキングのアイテム一覧

イタロカルヴィーノのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『見えない都市 (河出文庫)』や『冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)』や『柔かい月 (河出文庫)』などイタロカルヴィーノの全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

見えない都市 (河出文庫)

702
3.69

感想・レビュー

イタロ・カルヴィーノ1972年の作。ネタバレを回避してあらすじを書くのが不可能な作品ともいえるし、話の展開のようなものがなく、なにを書いてもネタバレになら... もっと読む

冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)

362
3.71

感想・レビュー

「本を読む私」を意識したことがある本読みならだれでもニヤニヤしてしまうのではないか、と思うメタフィクションだった。まあなんというか、ハッピーエンドなところ... もっと読む

柔かい月 (河出文庫)

319
3.56

感想・レビュー

変幻自在な語り部Qfwfq氏。あるときは地球の起源の目撃者となり、あるときは生物の進化過程の生殖細胞となって、宇宙史と生命史の途方もなく奇想天外な物語を繰... もっと読む

木のぼり男爵 (白水Uブックス)

278
3.77

感想・レビュー

1767年、男爵家の長男12歳のコジモは意地悪な姉のカタツムリ料理にブチ切れたことをきっかけに(もちろんそれ以前に日頃の鬱憤がたまりまくっていたのだろうけ... もっと読む

まっぷたつの子爵 (ベスト版 文学のおくりもの)

168
3.75

感想・レビュー

★★★ ぼくの叔父、テッラルバのメダルド子爵は、特に善くも悪くもなく、悪意と善意の入り混じった普通の人だった。 キリスト教徒とトルコ人との戦争に向かっ... もっと読む

魔法の庭 (ちくま文庫)

133
3.48

感想・レビュー

2008年10月24日~28日。  短編集。凄く面白い作品と、そうでも無い作品の差が大きかったように感じた。 もっと読む

カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ

129
3.95

感想・レビュー

読んだ瞬間、少なくとも自分は作家になれた。 もっと読む

くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)

83
3.39

感想・レビュー

少年ピンが加わったパルチザン部隊は、“愛すべきおちこぼれ”たちのふきだまりだった。普段、酒や女で頭がいっぱいの彼らが「死」をもってあがなおうとしているのは... もっと読む

マルコ・ポーロの見えない都市

67
3.93

感想・レビュー

誰かの故郷があったりして もっと読む

なぜ古典を読むのか

66
3.22

感想・レビュー

題名と訳者に惹かれて購入したが、とても自分程度の文学知識では読みこなせないと実感。 名前も聞いたことがないような作者(例えば、アリオスト、ドニ・ディドロ... もっと読む

カナリア王子―イタリアのむかしばなし (福音館文庫 昔話)

53
3.71

感想・レビュー

高校の図書室にて。 『太陽のむすめ』の抜粋をどこかで読んで、ずっと気になっていたカルヴィーノ。民話はもともと大好きだから、すいすい読めました。『太陽... もっと読む

レ・コスミコミケ (ハヤカワ文庫SF)

43
3.57

感想・レビュー

この宇宙で実際に起きたと思われているできごとに着想を得たほら話。例えば「ただ一点に」は、「エドウィン・P・ハッブルによって始められた星雲拡散速度の計算を通... もっと読む

魔法の庭

28
3.67

感想・レビュー

'94.1読了。 「魔法の庭」「動物たちの森」「菓子泥棒」がおもしろい。 もっと読む

パロマー (イタリア叢書)

23
3.44

感想・レビュー

懲りすぎな気がする。風景描写が多すぎて、あんまり楽しめなかった。 もっと読む

砂のコレクション (イタリア叢書)

19
4.50

感想・レビュー

1976年、国際文化交流基金の使節として来日した時の印象を記したエッセイから始まる評論集。 彼の言葉は技巧的で珍しい眼鏡を手に入れたような知的満足を与え... もっと読む

くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (福武文庫)

19
3.44

感想・レビュー

戦争の現場には不釣り合いな子供と見えていたものが、このゲリラのあちこちにいるような気もする。 掃き溜めの一番みそっかすのようなそんなところがガキにはお似... もっと読む

むずかしい愛

17
3.38

感想・レビュー

カバーの絵が印象的なのに、画像なし。 カルヴィーノの細々とした説明は、納得できるところが多くて好き。 どの話もよかったなあ。 もっと読む

不在の騎士 (イタリア叢書)

12
3.88

感想・レビュー

本棚から出てきたので再読 もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示

イタロカルヴィーノに関連する談話室の質問

ツイートする