イタロ・カルヴィーノの文庫本一覧

プロフィール

1923年キューバ生まれ。両親とともにイタリアに戻り、トリノ大学農学部に入学。43年、反ファシズム運動に参加、パルチザンとなる。47年、その体験を元に長篇『くもの巣の小道』を発表、ネオ・リアリズモ文学の傑作と称される。その前後から雑誌・機関誌に短篇を執筆し、49年短篇集『最後に鴉がやってくる』を刊行。エイナウディ社で編集に携わりつつ作品を発表、一作ごとに主題と方法を変えながら現代イタリア文学の最前線に立ち続ける。主な長篇に『まっぷたつの子爵』(52年)『木のぼり男爵』(57年)『不在の騎士』(59年)『見えない都市』(72年)『冬の夜ひとりの旅人が』(79年)などがある。85年没。

「2018年 『最後に鴉がやってくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イタロ・カルヴィーノの文庫本一覧のアイテム一覧

イタロ・カルヴィーノの文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『見えない都市 (河出文庫)』や『レ・コスミコミケ (ハヤカワepi文庫)』や『冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)』などイタロ・カルヴィーノの全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

見えない都市 (河出文庫)

718
3.69

感想・レビュー

イタロ・カルヴィーノ1972年の作。ネタバレを回避してあらすじを書くのが不可能な作品ともいえるし、話の展開のようなものがなく、なにを書いてもネタバレになら... もっと読む

レ・コスミコミケ (ハヤカワepi文庫)

370
3.70

感想・レビュー

石ノ森章太郎が「COM」に連載していた『ジュン』をはじめとして、画面上に異様に大きな月を掲げる映像表現は多々ある。ルナティックとは狂気のことで、月の大きさ... もっと読む

冬の夜ひとりの旅人が (ちくま文庫)

367
3.72

感想・レビュー

「本を読む私」を意識したことがある本読みならだれでもニヤニヤしてしまうのではないか、と思うメタフィクションだった。まあなんというか、ハッピーエンドなところ... もっと読む

柔かい月 (河出文庫)

322
3.56

感想・レビュー

変幻自在な語り部Qfwfq氏。あるときは地球の起源の目撃者となり、あるときは生物の進化過程の生殖細胞となって、宇宙史と生命史の途方もなく奇想天外な物語を繰... もっと読む

なぜ古典を読むのか (河出文庫)

274
3.70

感想・レビュー

実は、表題作の英訳版を持っていて、ちまちま読んでいました。そこへ「邦訳が文庫に!」という情報で、渡りに船と飛びついた弱虫は私です(笑)。 イタロ・カ... もっと読む

不在の騎士 (河出文庫)

249
3.61

感想・レビュー

『まっぷたつの子爵』『木のぼり男爵』から続く三部作の一つ。子爵、男爵、ときて最後は騎士。白い甲冑の騎士アジルールフォには鎧の中の実体がない。甲冑の中は空洞... もっと読む

宿命の交わる城 (河出文庫)

194
3.60

感想・レビュー

 同作家の『柔らかい月』に苦戦していた最中、友達からカルヴィーノなら『宿命の交わる城』が読みやすくておもしろいと聞いたので読んでみることにした。  ... もっと読む

カルヴィーノ アメリカ講義――新たな千年紀のための六つのメモ (岩波文庫)

158
3.71

感想・レビュー

訳:米川良夫・和田忠彦、まえがき:エステル・カルヴィーノ、原書名:LEZIONI AMERICANE:Sei proposte per il prossi... もっと読む

魔法の庭 (ちくま文庫)

134
3.47

感想・レビュー

2008年10月24日~28日。  短編集。凄く面白い作品と、そうでも無い作品の差が大きかったように感じた。 もっと読む

イタリア民話集 上 (岩波文庫 赤 709-1)

103
4.00

感想・レビュー

岩波書店のPR文から「『グリム童話集』に匹敵する民話集をという熱意から、カルヴィーノは他の作家活動の一切をなげうち、膨大な資料をあさり異校をつき合せて、イ... もっと読む

イタリア民話集 下 (岩波文庫 赤 709-2)

86
3.85

感想・レビュー

訳されていない125編も読んでみたいな、、、 もっと読む

くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (ちくま文庫)

84
3.39

感想・レビュー

少年ピンが加わったパルチザン部隊は、“愛すべきおちこぼれ”たちのふきだまりだった。普段、酒や女で頭がいっぱいの彼らが「死」をもってあがなおうとしているのは... もっと読む

レ・コスミコミケ (ハヤカワ文庫SF)

43
3.57

感想・レビュー

この宇宙で実際に起きたと思われているできごとに着想を得たほら話。例えば「ただ一点に」は、「エドウィン・P・ハッブルによって始められた星雲拡散速度の計算を通... もっと読む

くもの巣の小道―パルチザンあるいは落伍者たちをめぐる寓話 (福武文庫)

19
3.44

感想・レビュー

戦争の現場には不釣り合いな子供と見えていたものが、このゲリラのあちこちにいるような気もする。 掃き溜めの一番みそっかすのようなそんなところがガキにはお似... もっと読む

柔かい月 (ハヤカワ文庫 SF 436)

14
1.00

感想・レビュー

残念ながら私には読み切れませんでした    表紙   7点深沢 幸雄 展開   2点1967年著作 文章   2点 内容 130点 合... もっと読む

柔かい月 (1981年) (ハヤカワ文庫―SF)

9
3.00

感想・レビュー

イタリアの作家イタロ・カルヴィーノの短編集。脇功訳。30年前に読んだときは、ものすごく退屈な印象しか残らなかった。今回読み直してみたら、「第2部」はやっぱ... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示

イタロ・カルヴィーノに関連する談話室の質問

ツイートする