イタロ・カルヴィーノの人気ランキング

プロフィール

1923年キューバ生まれ。両親とともにイタリアに戻り、トリノ大学農学部に入学。43年、反ファシズム運動に参加、パルチザンとなる。47年、その体験を元に長篇『くもの巣の小道』を発表、ネオ・リアリズモ文学の傑作と称される。その前後から雑誌・機関誌に短篇を執筆し、49年短篇集『最後に鴉がやってくる』を刊行。エイナウディ社で編集に携わりつつ作品を発表、一作ごとに主題と方法を変えながら現代イタリア文学の最前線に立ち続ける。主な長篇に『まっぷたつの子爵』(52年)『木のぼり男爵』(57年)『不在の騎士』(59年)『見えない都市』(72年)『冬の夜ひとりの旅人が』(79年)などがある。85年没。

「2018年 『最後に鴉がやってくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イタロ・カルヴィーノの人気ランキングのアイテム一覧

イタロ・カルヴィーノの人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『マルコ・ポーロの見えない都市 (1977年)』や『蜘蛛の巣の小道 (1977年)』や『宿命の交わる城』などイタロ・カルヴィーノの全65作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

宿命の交わる城

13
4.67

感想・レビュー

登場人物たちが、場に広げられたタロットカードを使って、己の物語を語っていくという形なのだが、タロットカードというものは本当に物語性豊かだとため息が漏れた。... もっと読む

木のぼり男爵 (白水Uブックス)

46
4.25

感想・レビュー

ある日木の上で生活すると決めて、その後決して降りることのなかったコジモと、その周辺の人々とそれらを取り巻く社会情勢についての話だった。その周辺の、と書いた... もっと読む

砂のコレクション (イタリア叢書)

23
4.20

感想・レビュー

来日した際の印象記にはじまりパリでのさまざまな展覧会によせるエッセイなどを書きつづった本。 もっと読む

冬の夜ひとりの旅人が (イタリア叢書 1)

52
4.06

感想・レビュー

「あなたはイタロ・カルヴィーノの新しい小説『冬の夜ひとりの旅人が』を読み始めようとしている。さあ、くつろいで、精神を集中して。」いきなり出だしで面食らって... もっと読む

イタリア民話集 上 (岩波文庫 赤 709-1)

103
4.00

感想・レビュー

岩波書店のPR文から「『グリム童話集』に匹敵する民話集をという熱意から、カルヴィーノは他の作家活動の一切をなげうち、膨大な資料をあさり異校をつき合せて、イ... もっと読む

レ・コスミコミケ (1978年) (海外SFノヴェルズ)

7
4.00

感想・レビュー

ぼくだって支離滅裂だったら何でもいいってわけじゃないんだけどな。 ところで、これってけっこうマジな話なんじゃない? 読んだのはこちら。 ものすご... もっと読む

カルヴィーノの文学講義―新たな千年紀のための六つのメモ

130
3.95

感想・レビュー

読んだ瞬間、少なくとも自分は作家になれた。 もっと読む

まっぷたつの子爵 (1971年) (文学のおくりもの〈2〉)

30
3.94

感想・レビュー

おもしろかったけどもう少し硬派でもよかった。でも後半のたたみかけは引き込まれた もっと読む

マルコ・ポーロの見えない都市

67
3.93

感想・レビュー

誰かの故郷があったりして もっと読む

最後に鴉がやってくる (短篇小説の快楽)

66
3.93

感想・レビュー

久しぶりにカルヴィーノの物語の森へ遊びに行くと、いつものようにどこからか誘う声が聞こえてきます。うれしくなってその姿を求め森の奥へ奥へと進んでいくと、はて... もっと読む

木のぼり男爵

31
3.90

感想・レビュー

カルヴィーノのいわゆる「歴史三部作」の中でいちばん好き。 弁護士の伯父さんが特に大好きで、その章ばかり何度も読んでいた。 イタリアで本屋に行き、真っ先... もっと読む

不在の騎士 (イタリア叢書)

12
3.88

感想・レビュー

本棚から出てきたので再読 もっと読む

イタリア民話集 下 (岩波文庫 赤 709-2)

86
3.85

感想・レビュー

訳されていない125編も読んでみたいな、、、 もっと読む

不在の騎士 (白水Uブックス)

92
3.82

感想・レビュー

---------- 帝塚山大学図書館OPAC http://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/sear... もっと読む

マルコヴァルドさんの四季 (岩波少年文庫)

153
3.80

感想・レビュー

「まっぷたつの子爵」で紹介したイタロ・カルヴィーノを引き続きレビューしてみようと思い、彼が精魂込めた「イタリア民話集」にしようかと迷いつつ、まずはなんとも... もっと読む

木のぼり男爵 (白水Uブックス)

281
3.77

感想・レビュー

1767年、男爵家の長男12歳のコジモは意地悪な姉のカタツムリ料理にブチ切れたことをきっかけに(もちろんそれ以前に日頃の鬱憤がたまりまくっていたのだろうけ... もっと読む

まっぷたつの子爵 (ベスト版 文学のおくりもの)

170
3.75

感想・レビュー

★★★ ぼくの叔父、テッラルバのメダルド子爵は、特に善くも悪くもなく、悪意と善意の入り混じった普通の人だった。 キリスト教徒とトルコ人との戦争に向かっ... もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示

イタロ・カルヴィーノに関連する談話室の質問

ツイートする