イルマ・ラクーザのおすすめランキング

プロフィール

1946年、スロヴェニアに生まれ、現在はチューリヒに暮らす。小説家、アンソロジスト、研究者として、またロシア語からマリーナ・ツヴェターエヴァ、フランス語からマルグリット・デュラスなどの翻訳家としても国際的に活躍している。
ペトラルカ翻訳賞(1991)、ライプツィヒ・ヨーロッパ相互理解賞(1998)、シャミッソー賞など多数の文学賞を受賞。単著としては本書が本邦初訳となる。ほかの邦訳に、『ヨーロッパは書く』(ウルズラ・ケラーとの共編著、2008)、短篇小説「歩く」(『氷河の滴——現代スイス女性作家作品集』所収、2007、以上鳥影社)がある。

「2016年 『ラングザマー 世界文学でたどる旅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イルマ・ラクーザのおすすめランキングのアイテム一覧

イルマ・ラクーザのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ラングザマー: 世界文学でたどる旅 (境界の文学)』や『もっと、海をー想起のパサージュ』などイルマ・ラクーザの全2作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ラングザマー: 世界文学でたどる旅 (境界の文学)

44
4.25
イルマ・ラクーザ 2016年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者はスロヴェニア生まれのスイス国籍で、ドイツ語で創作するが母語はハンガリー語、フランス/ロシア文学者でもある作家。9篇のエッセイの中で、著者はまるで散歩... もっと読む

もっと、海をー想起のパサージュ

8
5.00

感想・レビュー

69の断章からなる自伝的エッセイ。東欧にルーツをもつ父や母、祖父母のこと、様々な都市やその通りのこと、子供部屋の情景、地図帳、留学先のレニングラードに向か... もっと読む
全2アイテム中 1 - 2件を表示
ツイートする