イーヴァル・エクランドのおすすめランキング

プロフィール

パリ第9パリ・ドフィーヌ大学エメリタス教授。1944年、パリ生まれ。CNRS研究員を経て、1970年から2002年まで、パリ第9大学を中心に数学科の教授を務め、エコール・ポリテクニーク、サン・シール陸軍士官学校などでも教鞭をとる。1989年から1994年まではパリ第9大学学長、2003年から2011年にはカナダのブリティッシュ・コロンビア大学教授、パシフィック数理科学研究所所長も務めた。1996年、ベルギー王立科学アカデミーグランプリを受賞。1997年よりノルウェー科学アカデミー会員。

「2018年 『予測不可能性、あるいは計算の魔』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イーヴァル・エクランドのおすすめランキングのアイテム一覧

イーヴァル・エクランドのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『数学は最善世界の夢を見るか?――最小作用の原理から最適化理論へ』や『偶然とは何か:北欧神話で読む現代数学理論全6章』や『予測不可能性、あるいは計算の魔――あるいは、時の形象をめぐる瞑想』などイーヴァル・エクランドの全3作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

数学は最善世界の夢を見るか?――最小作用の原理から最適化理論へ

161
3.57

感想・レビュー

原題「The best of all possible world」 邦題「数学は最善世界の夢を見るか?」 タイトルが刺激的だったので読んでみた. ... もっと読む

偶然とは何か:北欧神話で読む現代数学理論全6章

113
3.60

感想・レビュー

乱数生成、カオス、情報理論など、幅広い視点から「偶然」の意味について考察。原著が1991年に書かれていることを考えるとこの博覧強記ぶりには感心するばかり。... もっと読む

予測不可能性、あるいは計算の魔――あるいは、時の形象をめぐる瞑想

31
2.00

感想・レビュー

数学が「時」とどう向き合ってきたかを扱っているらしい。カタストロフ理論や散逸系など、どこかで聞いたことがある用語が頻出する。 特に数式がたくさん出てくる... もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする