ウィリアム・ゴールディングのおすすめランキング

ウィリアム・ゴールディングのおすすめランキングのアイテム一覧

ウィリアム・ゴールディングのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『蠅の王 (新潮文庫)』や『蠅の王 (集英社文庫)』や『蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』などウィリアム・ゴールディングの全23作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

蠅の王 (新潮文庫)

2605
3.69

感想・レビュー

戦争の最中、イギリスから疎開する少年たちの乗った飛行機が南太平洋の孤島に不時着する。大人がいなくなった世界で、少年たちは秩序を設け協力し合いながら助けを待... もっと読む

蠅の王 (集英社文庫)

203
3.38

感想・レビュー

 恐ろしい世界の一端をかいま見ることのできる、そのような安全で無邪気な好奇心に駆られた野蛮さの発露が、現在の自分の安全を再保障するエンターテイメント性は、... もっと読む

蠅の王〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

161
4.03

感想・レビュー

海に囲まれた孤島を覆う密林で、闇の深さに怯えながら 花や果実の匂いに身じろぎする少年たち。 彼らは教師も舎監もいない寄宿舎に放り込まれた生徒であり、 ... もっと読む

蝿の王 (集英社文庫 コ 1ー1)

103
3.66

感想・レビュー

民主的に人々をまとめていたリーダーが武力をもった独裁者の副官にやられるという寓話 それにしてもピギーの最期はあまりに強烈 もっと読む

イギリス〈4〉集英社ギャラリー「世界の文学」〈5〉

24
3.14
カズオ・イシグロ 1990年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1990年に集英社から刊行された全集もの。ジャンプ出してるだけじゃなかったんですね!  表紙カバーに『イギリスⅣ』とある通り、「世界の文学」シリーズの... もっと読む

後継者たち (ハヤカワepi文庫)

23
3.50

感想・レビュー

平和で無垢に過ごしていたネアンデルタール人。しかしホモサピエンスという新たな種族の登場によってネアンデルタール人の環境は大きく変わっていく…という内容。 ... もっと読む

後継者たち

12
3.00

感想・レビュー

原人の視点で物語が表現されている。アルジャーノンに花束をのように表現自体がチャレンジ。 難解 もっと読む

可視の闇

11
3.00

感想・レビュー

"目に見える闇とは人間の心の闇だ" 『生きているって何?』『私は何?』『家族』『性』『暴力』そして『宗教』 これらの要素がふんだんに詰まった内容の本です。... もっと読む

蝿の王 (現代の世界文学)

5
3.33

感想・レビュー

読んだ全集が登録されてないようですのでこちらに。 世界の文学 17 ウィリアム・ゴールディング 訳=平井正穂・井出弘之 1977年 『蠅... もっと読む

自由な顛落

4
3.50

感想・レビュー

人はいつ、自由を失って、ただ落ちゆくものとなるのだろう? W.ゴールディング著、『自由な顚落』を読みました。ゴールディング氏の作品を読むのはこの本で3作目... もっと読む
全23アイテム中 1 - 20件を表示

ウィリアム・ゴールディングに関連する談話室の質問

ツイートする