ウィリアム・シェイクスピアのおすすめランキング

プロフィール

イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。「ヴィーナスとアドーニス」のような物語詩もあり、特に「ソネット集」は今日でも最高の詩編の一つと見なされている。

「2016年 『マクベス MACBETH』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィリアム・シェイクスピアのおすすめランキングのアイテム一覧

ウィリアム・シェイクスピアのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ハムレット (新潮文庫)』や『リア王 (新潮文庫)』や『お気に召すまま (新潮文庫)』などウィリアム・シェイクスピアの全474作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

ハムレット (新潮文庫)

6145
3.56

感想・レビュー

人生初のシェイクスピア 四大悲劇を制覇しようと思ったのだが、どれから読んでいいのやら… とりあえず内容を知っているものから読むことに (どうやらシェイクス... もっと読む

リア王 (新潮文庫)

2717
3.60

感想・レビュー

シェイクスピア四大悲劇の最高峰、というフレーズに釣られて読んだ。 老害とお家騒動と不倫のお話。 登場人物の大半が死んでしまう。 物語りの終盤、英仏戦争が始... もっと読む

お気に召すまま (新潮文庫)

840
3.42

感想・レビュー

まあ面白かった。 ただ、当時の劇を本当に楽しむには、背景知識がないと無理かも。。 もっと読む

新訳 ハムレット (角川文庫)

693
3.65
シェイクスピア 2003年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戯曲というものを初めて読んだが、とても勢いが感じられて、面白く一気読みしてしまった。リズムを感じやすいように段をずらしてあったり、文の翻訳自体も相当こだわ... もっと読む

リチャード三世 (新潮文庫)

693
3.51

感想・レビュー

悪に染まる宣言から始まる冒頭の掴みが秀逸! 最初に独白する劣等な境遇に共感する読者は意外に多いような気もします。悪党を志す邪なキャラクターを主人公に据えた... もっと読む

シェイクスピア全集 (8) (ちくま文庫 し 10-8)

621
3.59

感想・レビュー

機動戦士ガンダム水星の魔女の第一クールが終わり、続きが気になりモヤモヤしている中で、本書がその元ネタになっているのかもしれないということを知り、読むことに... もっと読む

マクベス (光文社古典新訳文庫 Aシ 1-5)

508
3.65

感想・レビュー

マクベス、わる!! 勝手に、マクベスは立派な英雄だけど、謀略によって死ぬストーリーと思ってました……。 ぜ、全然違った。 この光文社版では、... もっと読む

ヴェニスの商人 (光文社古典新訳文庫 Aシ 1-3)

493
3.58

感想・レビュー

『ヴェニスの商人』読み比べの4冊目。 このようにひとつの作品を別の翻訳者で読み比べたなどというのは初めてのことだ。 しかも4冊も。 池井戸潤氏の『シャイ... もっと読む

シェイクスピア全集 12 タイタス・アンドロニカス (ちくま文庫)

407
3.61

感想・レビュー

ちくま文庫版シェイクスピア全集第12巻。ローマの武将タイタス・アンドロニカスは、ゴート族の女王に恨まれ……。 コリオレイナスのように古代ローマを舞台とし... もっと読む

ハムレット (白水Uブックス (23))

402
3.75

感想・レビュー

「演劇論」の課題。改めて読むと、先王の妻、ハムレットの母の再婚は性急で、不倫の匂いがします。ハムレットが見た亡霊は妄想でしょう。マザコンの彼は母の再婚が認... もっと読む

夏の夜の夢 (白水Uブックス (12))

347
3.60

感想・レビュー

舞台はギリシャ・アテネ。それぞれの愛を突き通そうとするアテネの公爵たち、夫婦げんか真っ只中の妖精たち、舞台の練習に励む職人たち。 下っぱの妖精が「恋わず... もっと読む

ロミオとジュリエット (白水Uブックス (10))

336
3.52

感想・レビュー

お話を知りたく、手に取りました。読んでいて、悲しいお話だなぁ、思ったのですが、お話の終わりに、カタルシスを感じ取りました。本を読んでみて、実際に、演劇鑑賞... もっと読む

アントニーとクレオパトラ (新潮文庫)

327
3.36

感想・レビュー

福田恆存の解説が非常に勉強になる。感情的インパクトだけでなく、少しの違和感や広い視野での対比が作品理解に非常に重要であることを教えてくれる。この作品で言え... もっと読む

マクベス (白水Uブックス (29))

324
3.51

感想・レビュー

今まであまりシェイクスピア作品に縁がなかったのだが、舞台を見たことで興味が湧き、読了。 舞台を見たことで、理解しやすく、ストーリーもよく分かったが、 ... もっと読む

シェイクスピア全集 (13) (ちくま文庫 し 10-13)

309
3.99

感想・レビュー

四大悲劇のうち、これだけが未読でした。 これはご存知将軍オセローが部下のイアーゴによって妻を疑い殺害する悲劇です。しかし、こんな簡単に騙されるものだろう... もっと読む

ハムレットQ1 (光文社古典新訳文庫 Aシ 1-6)

305
3.60

感想・レビュー

従来海賊版とされていたハムレットQ1。ただ訳者の安西徹雄氏や解説の河合祥一郎氏が述べているように、上演に適した長さで、生きるべきか、死ぬべきかのセリフのお... もっと読む

ジュリアス・シーザー (岩波文庫 赤 204-6)

283
3.51
W.シェイクスピア 1980年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギリシア悲劇古典悲劇と並ぶ、 世界演劇悲劇最高峰とされる劇作家シェイクスピアによる作品「ジュリアス・シーザー」。 舞台は古代ローマ。 カエサルの生きた時... もっと読む

テンペスト (白水Uブックス (36))

257
3.46

感想・レビュー

キャリバンは酷いやつって客観的に思えるかもしれないけど、実際どうなんだろう。入植者がいる限り支配者は必ず出てくるよね… もっと読む

リア王 (白水Uブックス (28))

239
3.67

感想・レビュー

黒澤明の乱がリア王を翻案した話ってのを忘れててあれなんかこの話知ってるな〜なんでだ?って序盤思いながら読んでた。それにしてもシェイクスピアは口が悪いな。罵... もっと読む

オセロー (白水Uブックス (27))

220
3.64

感想・レビュー

さらっと読めて面白い 古典にこんなこというのも野暮だが台詞まわしが巧いなぁ もっと読む
全474アイテム中 1 - 20件を表示

ウィリアム・シェイクスピアに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×