ウラジーミル・ナボコフのおすすめランキング

プロフィール

ウラジーミル・ナボコフ(Владимир Набоков, Vladimir Nabokov)
1899年4月22日 - 1977年7月2日
帝政ロシアで生まれ、ヨーロッパとアメリカで活動した作家・詩人。文学史上、亡命文学の代表者とされることもある。昆虫学者としての活動・業績も存する。
ロシア貴族として生まれたが、ロシア革命後の1919年に西欧へ亡命。ケンブリッジ大学に入学し、動物学やフランス語を専攻。大学卒業後にベルリンで家族と合流して文筆や教師などの仕事を始める。パリを経て1940年に渡米、1945年にアメリカに帰化。1959年にスイスに移住し、そこで生涯を閉じた。
ロシア時代から詩作を開始。ベルリン、パリにおいて「シーリン」の筆名でロシア語の小説を発表して評価を受ける。パリ時代の終わりから英語による小説執筆を始めた。渡米後も英語で創作活動を続け、詩・戯曲・評伝を記すだけでなく翻訳にも関わった。
代表作に、少女に対する性愛を描いた小説『ロリータ』。映画化され、名声に寄与した。ほかに『賜物』、『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』、『青白い炎』、自伝『記憶よ、語れ』。

ウラジーミル・ナボコフのおすすめランキングのアイテム一覧

ウラジーミル・ナボコフのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ロリータ (新潮文庫)』や『ロリータ (新潮文庫)』や『ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)』などウラジーミル・ナボコフの全74作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ロリータ (新潮文庫)

2460
3.77

感想・レビュー

恋しちゃって、愛しちゃって、寝ても冷めてもそのことばかり。向こうは気付いてる?どう思ってる?ハラハラドキドキの日常。目線が合ったか?手と手とが触れたか?周... もっと読む

ロリータ (新潮文庫)

431
3.56

感想・レビュー

中年ハンバート博士が、悪魔的な魅力を持つ12歳の”ニンフェット”、ロリータに熱烈な恋をしてしまったという話。 獄中記、というはじまりに驚きましたが... もっと読む

ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)

431
4.03

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

ナボコフの文学講義 下 (河出文庫)

282
4.24

感想・レビュー

カフカのところだけ。 「変身」について場面ごとにひとつひとつ解説していて、この評論を読めばあらすじどころかストーリーを完全に追えちゃうという細かさ。 最後... もっと読む

ロリータ

178
3.57

感想・レビュー

主観ですが、どこまでも詩的な文章で、文学的という印象。こういう文章は一見書きやすそうに見えて、そこに意味を持たせたり、精神を投影させるのが非常に難しいだろ... もっと読む

賜物 (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集2)

174
3.93

感想・レビュー

hitomi 『ロリータ』で容易く挫折して以来の苦手意識を抱えたまま(『カメラオブスクーラ』『絶望』のウォーミングアップを挟み)儘よ!と読み始めた大作『... もっと読む

絶望 (光文社古典新訳文庫)

160
3.66

感想・レビュー

2013/11/14 ★★★★ - 記憶力の悪いわたしにはナボコフの小説は再読してこそ面白いようで、二回目はゲルマンのダメダメな饒舌を地獄のミサワ的に楽し... もっと読む

ディフェンス

124
4.06

感想・レビュー

チェス以外のインプット・アウトプット手段を持たなかった男についての、繊細なガラス細工のような小説。きらきらと眩しくて、一回では思いどおりに読みとれず、続け... もっと読む

透明な対象 (文学の冒険シリーズ)

111
3.68

感想・レビュー

さまざまな死に満ちているのに、肩の力の抜けた語り手(たち)のツッコミがおかしいこなれた中編。「透明」の設定がよく効いている。 一回読み終わった時点で... もっと読む

ナボコフのロシア文学講義 上 (河出文庫)

110
3.86

感想・レビュー

ナボコフはぼくにとって躓きの作家だ。 文学の鑑賞のしかたがきっと根本的に違うから。 彼の主義主張はざっとこんな感じだと思う。 ・文章はぶつ切... もっと読む

アーダ〔新訳版〕 上

98
4.20

感想・レビュー

<上・下巻併せて> 舐めるようにしゃぶりつくすように読んだ。それでも、作者がこれでもか、というくらい用意したお楽しみや仕掛けの万分の一も見つけてはい... もっと読む

プニン

86
4.38

感想・レビュー

何故かナボコフの作品の中でこれがいちばん好きかもしれない、という気がしてくるから不思議だ。主人公は、ほぼ作者ナボコフ自身の経歴をなぞった亡命ロシア人の大学... もっと読む

ナボコフ短篇全集〈1〉

69
3.81

感想・レビュー

 全2巻、52篇。ウラジーミル・ナボコフの全短篇をおさめた全集が出ている。  1巻を手にしたが、今のところ、頭の中で話を勝手にゆで上げないよう、さっと目... もっと読む

アーダ〔新訳版〕 下

68
4.40

感想・レビュー

長いこと絶版で、古書としてやたら高値がついていたナボコフの長篇。やっと新訳が出たので早速買って読んだ。 複文節の多い非常に込み入った文体で、読みにくいが... もっと読む

青白い炎 (ちくま文庫)

63
3.50

感想・レビュー

悔しいが読めなかった。これまで海外文学は原文じゃないと派には真っ向から対立してきたが、こと詩に限ってはどうしても翻訳でも原語でも、母語でないからか機微を読... もっと読む

記憶よ、語れ――自伝再訪

63
5.00

感想・レビュー

原題:Speak, Memory 著者:Vladimir Nabokov(1899-1977)   [Владимир Владимирович На... もっと読む

ナボコフ・コレクション マーシェンカ/キング、クイーン、ジャック

60
3.40

感想・レビュー

「マーシェンカ」なによりもまず作者の「全部書いたる!」という気迫を感じる思い出小説、そして亡命ロシア人小説だった。若者の残酷さ、ロシアの美しい田舎。 ... もっと読む

ベンドシニスター (Lettres)

55
3.58

感想・レビュー

全体主義に移行したばかりの社会で、大切なひとたちを奪われていく哲学教授の話。冒頭の水たまりから始まって、風景、特に秋の日差しの冷たさと暖かさの描写が異様に... もっと読む
全74アイテム中 1 - 20件を表示

ウラジーミル・ナボコフに関連する談話室の質問

ツイートする