エイミー・ベンダーのおすすめランキング

プロフィール

1969年生まれ。カリフォルニア大学出身。小学校教諭をつとめた後、最初の短篇集『燃えるスカートの少女』(角川文庫)で鮮烈なデビューを果たす。2010年に刊行した長篇第二作目となる本作は全米ベストセラー入りを果たし、新たな代表作に。邦訳に長篇『私自身の見えない徴』、短篇集『わがままなやつら』がある。2013年には三作目の短篇集『The Color Master』を刊行。南カリフォルニア大学で教えながら精力的に執筆活動を続けている。ロス・アンジェルス在住 。

「2016年 『レモンケーキの独特なさびしさ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エイミー・ベンダーのおすすめランキングのアイテム一覧

エイミー・ベンダーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『燃えるスカートの少女 (角川文庫)』や『私自身の見えない徴 (角川文庫)』や『わがままなやつら』などエイミー・ベンダーの全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

燃えるスカートの少女 (角川文庫)

1033
3.66

感想・レビュー

「人間だった最後の日、彼は世界を寂しいと思っていた」 もしもこの短編集の始まりが、「思い出す人」じゃなかったら私はこの本を買わなかったと思う。それぐ... もっと読む

私自身の見えない徴 (角川文庫)

320
3.72

感想・レビュー

エイミーベンダーは短編集を持っているので作風は知っていたけど、あまりにシュールでファンタジックで、途中でページをめくるのが辛いとさえ感じた。 なのに... もっと読む

わがままなやつら

273
3.65

感想・レビュー

現実と空想の間ってこうゆうことなのかもしれない。 もっと読む

レモンケーキの独特なさびしさ

240
3.41

感想・レビュー

おもしろかった。半分くらいご飯の話していた気がするけど、主人公の能力の影響で、読んでいてもお腹がすいてこなかった。著者のあとがきの「感じやすい人々」という... もっと読む

私自身の見えない徴

165
3.56

感想・レビュー

『二十歳の誕生日に、私は斧を買った。それはこの十年でいちはんの贈りものだった』 誰にでも拘りはある。それを他人が理解するかどうかは気にしない。けれど... もっと読む

燃えるスカートの少女

148
3.38

感想・レビュー

ちょっと不思議な短編集。 抽象的でよくわからないのに、なぜかくせになる。 ティム・バートンのキャラクターを小説にしたような。 もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示

エイミー・ベンダーに関連するまとめ

ツイートする