エトガル・ケレットのおすすめランキング

プロフィール

1967年イスラエル生まれ。両親はホロコースト体験者。92年『パイプライン』でデビュー。『突然ノックの音が』は世界40ヶ国以上で翻訳。『あの素晴らしき七年』『クネレルのサマーキャンプ』など。

「2019年 『ピッツェリア・カミカゼ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エトガル・ケレットのおすすめランキングのアイテム一覧

エトガル・ケレットのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『あの素晴らしき七年 (新潮クレスト・ブックス)』や『突然ノックの音が (新潮クレスト・ブックス)』や『クネレルのサマーキャンプ』などエトガル・ケレットの全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

あの素晴らしき七年 (新潮クレスト・ブックス)

350
4.23
エトガルケレット 2016年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イスラエルの作家ケレットのエッセイ集。 これまた評判どおりすばらしかった。 両親がホロコーストの生き残り(本人は1967年生まれ)で、住んでいるイスラ... もっと読む

突然ノックの音が (新潮クレスト・ブックス)

337
3.57

感想・レビュー

『一度も会ったことのない、この先も会うこともない女性を思い浮かべようとした。努力し、一瞬、ほとんど思い浮かべそうになった。全身が痛かった。生きているのを実... もっと読む

クネレルのサマーキャンプ

142
3.45

感想・レビュー

生と死の運命について考えさせられる。 設定が死後の世界で、人びとが意外にも生き生きと生活しているのがユニークでおもしろい。 時間のない人は、最初のサマーキ... もっと読む

銀河の果ての落とし穴

105
4.00

感想・レビュー

イスラエルの作家の短編集。ホロコーストの記憶や戦争など血の匂いがするテーマをふんだんに取り扱っているのに、どこか浮遊している感覚を味わえる、シュールでクス... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする
×