エドガー・アランポーのおすすめランキング

エドガー・アランポーのおすすめランキングのアイテム一覧

エドガー・アランポーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)』や『モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)』や『ポー詩集 (新潮文庫)』などエドガー・アランポーの全34作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫)

1014
3.59

感想・レビュー

人間の残虐さ強欲さそして弱さ…。初めてのポーは暗くてジメジメして現実なのか妄想なのかはっきりしない靄がかかったような作品が多かった。 「黒猫」前回と... もっと読む

モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)

842
3.61

感想・レビュー

うーん、やっぱり読みにくいなぁ。 「モルグ街の殺人」は史上初の推理小説ということもあり、驚きの犯人は知っていたけど、名探偵オーギュスト・デュパンにはちょ... もっと読む

ポー詩集 (新潮文庫)

318
3.30

感想・レビュー

 詩集は数えるほどしか読んでいないので感想を書くのは難しいが、この本は昭和10年に最初に出たものらしくそういう意味では古いある部分では古典的な香りの強い訳... もっと読む

モルグ街の殺人事件

200
3.11
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モルグ街の殺人事件 19世紀アメリカの小説家・詩人であるエドガー・アラン・ポーの短編小説(佐々木直次郎による訳)。ポー自身が編集主筆を務めていた「グ... もっと読む

黒猫

194
3.33
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酒に溺れ、何かに憑かれ、暗闇に落ちていく主人公。 黒猫に虐待を加える描写が狂気に満ちていて読ませる。 壁の中から鳴き声を発したのは何かの怨念だろうか。... もっと読む

ポー名作集 (中公文庫)

162
3.80

感想・レビュー

作品集の前半と後半でまるで作者が 違うようだった。 「モルグ街の殺人」などは探偵もの、「黒猫」はミステリーというよりはホラーに近い。どの作品も各々の魅... もっと読む

盗まれた手紙

107
3.00
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「モルグ街」を解決した後のデュパンのもとへ、警視総監からまたもや厄介な事件が持ち込まれる。重要な手紙が、屋敷の中で消えてしまったという。 大臣の脅迫のタ... もっと読む

アッシャー家の崩壊

79
3.04
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここ数日ポーづくし。これは海外の怪談話。海外のホラーというと、もっと賑やかと言うかパニック要素があるような気がするんですが、この話は迫りくる恐怖を静かに美... もっと読む

黄金虫

73
3.31
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとしたことから、宝の地図を手にした主人公の友人が暗号をとき、宝をゲット。 もっと読む

大渦巻への落下・灯台: ポー短編集III SF&ファンタジー編 (新潮文庫)

63
3.08

感想・レビュー

7作の短編が収録されているが、面白かったのは最初の2作のみ。表題作と「使い切った男」の2作。他はどうにもこうにも理屈っぽくて、何が面白くて何を目的にして書... もっと読む

早すぎる埋葬

39
3.54
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代が変わって、医療が進み、生きているのに埋葬なんてことはなくなったと思うが。 掘り起こして、骸骨の様子をみてみると、疑惑はあるという文章に怖くなった。 ... もっと読む

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 1: 赤の怪奇

34
3.93

感想・レビュー

帯文:”恐ろしい悪夢、ぞっとするような幻覚、凍りついた愛” ”端正で読みやすい新訳と、ポーの小説や詩の世界を拡げる新感覚のイラストによる傑作集” 目... もっと読む

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 1: 赤の怪奇

34
3.93

感想・レビュー

帯文:”恐ろしい悪夢、ぞっとするような幻覚、凍りついた愛” ”端正で読みやすい新訳と、ポーの小説や詩の世界を拡げる新感覚のイラストによる傑作集” 目... もっと読む

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 2: 黒の恐怖

29
3.92

感想・レビュー

帯文:”魂の底に刺さる怖さ、狂乱の愛と死” ”端正で読みやすい新訳と、ポーの小説や詩の世界を拡げる新感覚のイラストによる傑作集” 目次:ひょこ蛙、鴉... もっと読む

ヴィジュアル・ストーリー ポー怪奇幻想集 2: 黒の恐怖

29
3.92

感想・レビュー

帯文:”魂の底に刺さる怖さ、狂乱の愛と死” ”端正で読みやすい新訳と、ポーの小説や詩の世界を拡げる新感覚のイラストによる傑作集” 目次:ひょこ蛙、鴉... もっと読む

エドガー・アラン・ポー傑作短編集 Three Stories of Fear and Madness (ラダーシリーズ Level 3)

27
3.00

感想・レビュー

語学の為に購入した英語の本。 あらすじと単語集が付いていて、学習には向いているのかもしれないが、話自体に興味がもてなかった。完全に選択ミスである。 多... もっと読む

ウィリアム・ウィルスン

26
3.10
エドガー・アランポー 電子書籍 2012年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪事に手を染めようとするたびに、自分とそっくりな男が現れて、警告したり悪事をわざと暴いたりしていく。 この、自分にそっくりな男は誰なのか。 主人公は心... もっと読む

暗号と名探偵 (Little Selectionsあなたのための小さな物語)

25
3.50
コナン・ドイル 2001年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集です。久々に図書館で。ドイルの踊る人形、ポーの黄金虫。解決を読んでもわかるようなわからないような笑。解いていく理屈はなんとなくわかるけど、理解はでき... もっと読む

ほんとうに、怖がらなくてもいいの? (読書がたのしくなる世界の文学)

20
4.00
シャルル・ペロー 2014年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ディケンズの『信号手』が収録されていたので、それだけ読みましたけども。  どうにもこうにもオチが分からなかった…。  オチていうか……状況が理解できなく... もっと読む
全34アイテム中 1 - 20件を表示

エドガー・アランポーに関連する談話室の質問

ツイートする