エドガー・アラン・ポーのおすすめランキング

プロフィール

エドガー・アラン・ポー

Edgar Allan Poe アメリカの小説家・詩人。一八〇九年、ボストン生まれ。雑誌編集のかたわら詩や短篇小説を発表。史上初の推理小説、また怪奇小説の傑作を残し、それらの分野の発展に多大な功績を残した。詩や文芸評論においても高い評価を受けている。一八四九年没。


吉田健一

一九一二年(明治四十五)、東京に生まれる。吉田茂元首相の長男。暁星中学を卒業ののち、英国ケンブリッジ大学に学ぶ。ロレンス、ヴァレリー等、英仏にわたる翻訳、文芸批評、小説など多彩な文筆活動を行う。『シェイクスピア』『瓦礫の中』で読売文学賞、『日本について』で新潮社文学賞、『ヨオロッパの世紀末』で野間文芸賞を受賞。『英国の文学』『絵空ごと』『金沢』『東京の昔』『舌鼓ところどころ』ほか著書多数。全集に『吉田健一著作集』(全三〇巻、補二巻)がある。一九七七年(昭和五十二)没。

「2021年 『赤い死の舞踏会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エドガー・アラン・ポーのおすすめランキングのアイテム一覧

エドガー・アラン・ポーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黒猫・黄金虫 (新潮文庫)』や『モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)』や『ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語』などエドガー・アラン・ポーの全222作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黒猫・黄金虫 (新潮文庫)

661
3.45

感想・レビュー

やっぱり名作です。 当時はどれほど斬新だったんだろう もっと読む

モルグ街の殺人事件 (新潮文庫)

449
3.37

感想・レビュー

デュパンの語りはくどくどくどくど長くて読むのが大変です。ホームズとワトソンの元祖にあたるというデュパン先輩ということで読みましたが、デュパンと語り手わたし... もっと読む

ひきこもり図書館 部屋から出られない人のための12の物語

361
3.77
萩尾望都 2021年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13年間のひきこもり経験のある著者の選ぶ「部屋から出られない人のための」アンソロジー。私はひきこもるタイプではないけど、今までにない視点で物語を読むことが... もっと読む

ポー詩集―対訳 アメリカ詩人選 1 (岩波文庫 赤 306-2 アメリカ詩人選 1)

330
3.61

感想・レビュー

対訳なので、ポーの原詩を音読できるのが最大の利点。萩原朔太郎が『詩の原理』で、翻訳詩の不可能性を論じていて、その典型的な例としてポーの「大鴉」をあげている... もっと読む

黒猫 (集英社文庫)

300
3.51

感想・レビュー

最強に面白かったあ。興奮したし、なにか切なさを感じる。情状的なミステリーの傑作。 もっと読む

怪奇小説精華―世界幻想文学大全 (ちくま文庫)

190
3.72
東雅夫 2012年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海外の作品の中から、クラシックな傑作がチョイスされているアンソロジー。私はホラーという分野は実話とか流行作ぐらいしか読んだことがなく、怪奇小説や幻想小説と... もっと読む

モルグ街の殺人事件 (岩波少年文庫 (556))

155
3.27

感想・レビュー

短編がいくつか載っています。頭を使う本の読みたい人向けです。 もっと読む

E・A・ポー ポケットマスターピース 09 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

111
3.84

感想・レビュー

まるでレンガのような分厚い本。そこには「モルグ街の殺人」や「アッシャー家の崩壊」、「ウィリアム・ウィルソン」といったポーの楽しい短編16作にくわえ、有名な... もっと読む

大渦巻への落下・灯台 ポー短編集III SF&ファンタジー編 (新潮文庫)

109
3.11

感想・レビュー

ポーのSF物短編7作。他の短編集に比べ、SFだけ、好みの分かれるところ。一文が長く難解で、読みづらいものもあった。2020.11.17 もっと読む

闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館 (海外文庫)

64
2.67

感想・レビュー

ハンス=オーケ・リリヤ編『闇のシャイニング リリヤの恐怖図書館』扶桑社ミステリー。 世界最大のスティーヴン・キングのファンサイトを20年運営してきた編者... もっと読む

ポー傑作集-江戸川乱歩名義訳 (中公文庫)

56
3.43

感想・レビュー

江戸川乱歩名義(※実際に翻訳したのは渡辺温・渡辺啓助)で発表されたポオの翻訳が文庫化。 こういうレアなものが文庫で入手容易になるのは有り難いことだ。また... もっと読む

MONKEY vol.22 特集 悪霊の恋人

48
3.75
しりあがり寿 雑誌 2020年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

特集:悪霊の恋人 もっと読む

ポオ詩集 サロメ―現代日本の翻訳 (講談社文芸文庫)

47
3.86

感想・レビュー

日夏さんの著書は大好きなので、この本に出会えた時は 欣喜雀躍な想いでした。 もっと読む

赤い死の舞踏会-付・覚書(マルジナリア) (中公文庫 ホ 3-4)

32
2.75

感想・レビュー

収録作中9編は創元推理文庫『ポオ小説全集』で既読だが、 訳が違うので新鮮な感動を味わう。 吉田健一セレクトの短編集+ ポオの覚え書き「マルジナリア」... もっと読む

ポーの黒夢城 (STORY REMIX)

30
3.42

感想・レビュー

ポーも好きです。小さい頃から好きです。でも、この本の場合、やはりSimon Marsdenの写真が圧巻です。実のところ、Poeの小説をイメージした「写真集... もっと読む

モルグ街の殺人 (まんがで読破 MD132) (まんがで読破 132)

29
3.07
エドガー・アラン・ポー マンガ 2014年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エドガー・アラン・ポーの原作を一切読んだことがなくても、本書を読むと興味がわいてくる。そんな人も多いと思えた。そういう意味でも「成功している」と評価してい... もっと読む

モルグ街の殺人事件 (子どものための世界文学の森 37)

28
3.50

感想・レビュー

推理するシーンが大好きです。推理も、詳しく 書いてあって、お気に入りです。                                     ... もっと読む

黒猫・黄金虫 (少年少女世界文学館 13)

28
3.71

感想・レビュー

目次 「黄金虫」  サリバン島  黄金の虫  島からのたより  黄金の虫にとりつかれて  とほうもない木のぼり  最初の穴ほり  ほりだし... もっと読む
全222アイテム中 1 - 20件を表示

エドガー・アラン・ポーに関連する談話室の質問

ツイートする
×