エドモン・ロスタンのおすすめランキング

プロフィール

エドモン・ウジェーヌ・アレクシ・ロスタン(Edmond Eugène Alexis Rostand)
1868年4月1日 - 1918年12月2日
詩人・劇作家。マルセイユに生まれる。1890年、2歳年長の詩人ロズモンド・ジェラールと結婚。そのときの代父はルコント・ド・リール、後見人は、アレクサンドル・デュマ・フィス(小デュマ)。1891年長男モーリス、1894年に次男ジャンを得るが、モーリス(Maurice)は、後に作家。ジャン(Jean)は、後に生物学者となる(藤田嗣治の作品に『ジャン・ロスタンの肖像』"Portrait de Jean Rostand" がある)。
29歳で書いたコクラン主演の『シラノ・ド・ベルジュラック』が大当たりし、翌年レジオン・ドヌール勲章叙勲。その後、『鷲の皇子』(サラ・ベルナール主演)で再び大成功を収め、わずか33歳でアカデミー・フランセーズに選出される。第一次世界大戦で従軍を志願したが健康上の理由でかなわず、地方の前線を視察後戻ったパリでスペイン風邪をこじらせ逝去。

エドモン・ロスタンのおすすめランキングのアイテム一覧

エドモン・ロスタンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)』や『シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)』や『シラノ・ド・ベルジュラック (1951年) (岩波文庫)』などエドモン・ロスタンの全11作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

シラノ・ド・ベルジュラック (光文社古典新訳文庫)

384
3.84

感想・レビュー

即興で素晴らしい詩を詠み、音楽家として美しい歌を披露、熱血漢な剣客でもある知的で多才なシラノ・ド・ベルジュラック。しかし唯一特徴的な鼻が災いして恋には後ろ... もっと読む

シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)

305
3.83

感想・レビュー

第1幕でのシラノの芸術的勝利(文字通り)に魅せられた! そこからラスト1行まで、一分のスキもないカッコよさに惚れっぱなし。 結局、人は見た目なのか中身な... もっと読む

シラノ・ド・ベルジュラック (1951年) (岩波文庫)

6
3.50

感想・レビュー

ロマンチスト。芥川の内供。英雄。「哲学者たり、理学者たり、/詩人、剣客、音楽家、/はた天界の旅行者たり、/打てば響く毒舌の名人、/さてはまた心なき――恋愛... もっと読む

シラノ・ド・ベルジュラック (1983年) (岩波文庫)

2
3.00

感想・レビュー

借本。 悲しいお話。 手塚治虫氏のコミックを先に読んでたので、 本自体、脚本でしたが、読みやすかったです。 もっと読む

シラノ・ド・ベルジュラック

エドモン・ロスタン 電子書籍 3999年12月31日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 500
当代随一の才気ある詩人であり、勇猛果敢な剣士でもあるシラノは、唯一その顔のまんなかを占める巨大で醜い鼻のコンプレックスに... もっと読む
全11アイテム中 1 - 11件を表示

エドモン・ロスタンに関連する談話室の質問

ツイートする