エドワード・ゴーリーのおすすめランキング

プロフィール

1925年シカゴ生まれ。独特の韻を踏んだ文章とモノクローム線画でユニークな作品を数多く発表。邦訳書に『ギャシュリークラムのちびっ子たち』『うろんな客』などがある。2000年没。

「2018年 『音叉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エドワード・ゴーリーのおすすめランキングのアイテム一覧

エドワード・ゴーリーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで』や『うろんな客』や『不幸な子供』などエドワード・ゴーリーの全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで

2091
3.83

感想・レビュー

子供専門の死神が「あー最近仕事に張合いもないし、いっちょアルファベット順にでもやってみるかなーあんまりないような死因でさー。」とか思ってやってみた悪ふざけ... もっと読む

うろんな客

1764
3.93

感想・レビュー

「カギ鼻頭のヘンな生き物が突然やってきて、 ワタクシどもの家に住みついてしまったのですよ。」 …と、さも迷惑顔で事の経緯をぼやくある一家。 ... もっと読む

不幸な子供

1290
3.70

感想・レビュー

今さらの初ゴーリー。 いたいけな少女シャーロット・ソフィアの身に降りかかる不幸の連続。あまりにも救いがなくて、暗黒過ぎて、なんとも言えない後味の悪さ…。 ... もっと読む

おぞましい二人

1159
3.67

感想・レビュー

表紙絵の下の方に転がってるハムのような包みは何でしょ?よ~く見てみると脇のほうから手がはみ出てます。現実に起きた悲惨な事件に衝撃を受けたゴーリーが描いたス... もっと読む

華々しき鼻血

724
3.71

感想・レビュー

最後まで華々しい鼻血はなかった。 もっと読む

優雅に叱責する自転車

714
3.61

感想・レビュー

火曜より後で、水曜日より前のこと。一台の自転車とともに、エンブリーとユーバートは旅に出た。自転車にかわるがわる跨り、道中さまざまな景色と生き物に出会い、自... もっと読む

ウエスト・ウイング

545
3.67

感想・レビュー

 ゴーリーの作品の中で一番好き。文字のない絵本です。ページをめくっていると、否応なく心拍数が上がり「はぁぁぁぁっ」となります。どこの西棟なのか?一体何が描... もっと読む

敬虔な幼子

480
3.61

感想・レビュー

【エドワード・ゴーリー誕生日一日読書会】3才にしてヘンリー・クランプ坊やは敬虔なキリスト教徒。一読目は『こんな子供、こんな人生ヤダ!』とサラッと読んでしま... もっと読む

蒼い時

456
3.66

感想・レビュー

蒼が美しい。 どこか間が抜けた可愛さを持つ2匹。 それに対局なまでの言葉(文章)の数々。 理解できない。でも感じる。 言葉を折り重ね、愛(... もっと読む

まったき動物園

413
3.63

感想・レビュー

【エドワード・ゴーリー誕生日一日読書会】「まったき動物園」とはAからZまで不思議な生き物たちが集ったゴーリー版「幻獣辞典」とのことで、原題の“Utter”... もっと読む

題のない本

377
3.54

感想・レビュー

◆蒼ゴーリー、よいです♡ ときめきました。勿論、これは音読用の本です。呪文のような不可解な言葉を魔女気分で唱えましょう。ハロウィンで活躍しそうな小さな生き... もっと読む

雑多なアルファベット

364
3.53

感想・レビュー

武蔵野大学図書館OPACへ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000124961 もっと読む

弦のないハープ またはイアプラス氏小説を書く。

334
3.47

感想・レビュー

OPACへ⇒https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000109578 もっと読む

悪いことをして罰があたった子どもたちの話

272
3.56

感想・レビュー

大人がまじに子供を叱らなければいけない時、と言うのは そんな事をしたら、命を落とすかも知れない!と、判断した時だ。 後先考えず、 とにか... もっと読む

キャッテゴーリー

251
3.59

感想・レビュー

はじめてかな。こわくないゴーリー本。猫中心と、数字中心、まわりの背景中心と最低3回は楽しめる。こわくないはずなんだけどやっぱり、深読みしてしまうのはだいぶ... もっと読む

むしのほん

181
3.35

感想・レビュー

毎日楽しく暮らしていた 7匹の虫達の元へ ある日 <災い>が訪れて すったもんだがあった後の、さいごのページ。 「だれもがそれはそれは  ... もっと読む

蟲の神

171
3.37

感想・レビュー

消えた子供を憂いて 嘆き悲しむ家族の目線には重ならず… まるで<夜のふくらみ>の様ごとき不穏な世界に攫われ、 どうにかなってしまうのは読む者の方... もっと読む

キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科

108
3.68
T.S.エリオット 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫様に相対する心得として読むべしw「猫とジッコンになる方法」とか、ラム・タム・タガーの『したいようにしかしやしない そういうもんさ しかたない!』とかね。... もっと読む

思い出した訪問

73
3.95

感想・レビュー

ゴーリーの絵は、今作も細部まで魅力的。 ちょっと切ない泣かせストーリーとも取れるのだけど、それでも充分面白いのだけど、絵の不穏さでやはりそれだけとは思えず... もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示

エドワード・ゴーリーに関連する談話室の質問

ツイートする