エドワード・W.サイードのおすすめランキング

プロフィール

エドワード・ワディ・サイード
(إدوارد سعيد, Edward Wadie Said)
1935年11月1日 - 2003年9月25日
エルサレム生まれのパレスティナ人で、アメリカの文芸批評家。エルサレム、カイロで幼少時を過ごし、15歳の時にアメリカに渡る。プリンストン大学を卒業後ハーバード大学に学び、コロンビア大学の英文学・比較文学教授を務めた。サイードはまた、パレスティナ民族会議のメンバーとしてアメリカにおけるスポークスマンを務め、パレスティナやイスラム問題についての提言や著作活動など重要な役割を担った。『オリエンタリズム』(平凡社)、『知識人とは何か』(平凡社)、『世界・テキスト・批評家』(法政大学出版局)、『文化と帝国主義』(全2巻、みすず書房)などの主著が邦訳されている。

エドワード・W.サイードのおすすめランキングのアイテム一覧

エドワード・W.サイードのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)』や『知識人とは何か (平凡社ライブラリー)』や『オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)』などエドワード・W.サイードの全28作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

オリエンタリズム〈上〉 (平凡社ライブラリー)

1045
3.51

感想・レビュー

サイードに魅了されたからには避けては通れぬ必読の書、評判では難解な学術書といったイメージでなかなか手を出せなかった。しかし一旦読み始めればするする頭に入っ... もっと読む

知識人とは何か (平凡社ライブラリー)

740
3.60

感想・レビュー

サイードによる知識人論を議論の種とした連続講義を集めたもの。 要約をすれば知識人は体制にとりいった「専門家」ではなく、周囲を観察し批判できる「アマチュア... もっと読む

オリエンタリズム〈下〉 (平凡社ライブラリー)

685
3.53

感想・レビュー

下巻に入るとサイードのオリエンタリズムへの批判精神はますますヒートアップする。なるほど、彼の一方向的な考察に避難の声があがるのもわかる。それでも私はその感... もっと読む

戦争とプロパガンダ

187
3.55

感想・レビュー

9・11前後ネットで発信したサイードからのメッセージ。わかりやすく真摯に丁寧に理性をもって述べている。当時は米国のプロパガンダに誘導されたマスコミの垂れ流... もっと読む

ペンと剣 (ちくま学芸文庫)

113
3.66

感想・レビュー

米国のコミュニティラジオでのインタビューを纏めたもの。刻々と変化するアラブ情勢を鑑み思考し、ペンをもって戦うサイードの発言の力強さに引き込まれる。パレスチ... もっと読む

パレスチナとは何か (岩波現代文庫―社会)

88
3.26

感想・レビュー

ここでは『戦争とプロパガンダ』でなされた攻撃性、怒りの口調は抑えられている。タイトルが示す通り、確固たる基盤を略奪され喪失したパレスチナのアイデンティティ... もっと読む

遠い場所の記憶 自伝

82
3.58

感想・レビュー

少年期から青年期にかけてのサイードの自伝。パレスチナで生まれ、エジプトで育ち、アメリカ国籍を持つという複雑な出自、アラブ・ブルジョワジー家庭の厳しい抑圧の... もっと読む

イスラム報道

80
3.65

感想・レビュー

NHK 100分deメディア論 より。サイード 「 イスラム報道 」イスラム報道=イスラム隠蔽 とした論調。アメリカのイスラム報道は 権力の発動であり、解... もっと読む

文化と帝国主義〈2〉

68
3.73

感想・レビュー

『文化と帝国主義1』が出版されたのが1998年。原著は1冊だが,日本語訳は上下巻になった。上巻は出版されてから新刊で間もなく購入し,読んだものの,なかなか... もっと読む

文化と抵抗 (ちくま学芸文庫)

68
3.67

感想・レビュー

9.11から10年と言うことで再読してみた。 知識人というのは知識はあるけど役に立たない人のことなのではないかと思ってしまうほどの現実社会の中で、サイー... もっと読む

オリエンタリズム

61
3.64

感想・レビュー

よ、読めなかった……ものすごく読むべき本なのだろうが…… いつかもう一度開こう。待ってろサイード。 もっと読む

サイード自身が語るサイード

48
3.70

感想・レビュー

今頃になってサイードの言動に関心を持ち始めた。いきなり大著『オリエンタリズム』に踏み込むには時期尚早と、基礎固めのため手にした一冊。インタビュー形式で大変... もっと読む

イスラム報道 (みすずライブラリー)

44
3.69

感想・レビュー

今日の世界のシステムがどういうふうに歴史的に形成され、これからどうなっていくのか、ということを考えるにあたって、ポストコロニアル関係をざっと流し読み中。 ... もっと読む

人文学と批評の使命――デモクラシーのために (岩波現代文庫)

42
3.50

感想・レビュー

最終章と訳者のあとがきを読めば事足りるような気が通読して思った。第五章と訳者のあとがきを読んでから必要性を感じればそれぞれの章を読むといいように思う。内容... もっと読む

知識人とは何か

35
3.71

感想・レビュー

[配架場所]2F展示 [請求記号]361.84/Sa17 [資料番号]0095103978、0095103326 もっと読む

人文学と批評の使命―デモクラシーのために

31
3.89

感想・レビュー

 読後の感想を二つほど。 (1)サイードは、イスラームにおけるコーラン解釈の例を挙げながら、西洋の、というよりは人類的な伝統としての「人文学」につい... もっと読む

オスロからイラクへ―戦争とプロパガンダ2000‐2003

27
3.50

感想・レビュー

サイードの著書は今後も幾つか載せていこ。彼は天国で呆れてるかもね。未だに繰り返されている戦争とプロパガンダ。もうう〜んざり。パレスチナ問題も置き去りだよ。... もっと読む
全28アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする