エラリー・クイーンのおすすめランキング

プロフィール

エラリー・クイーン。フレデリック・ダネイとマンフレッド・B・リーの合作ペンネーム。従兄弟同士で、ともにニューヨーク、ブルックリン生まれ。1929年『ローマ帽子の謎』で作家としてデビュー。ラジオドラマの脚本家やアンソロジストとしても活躍。主な代表作に『ギリシア館の謎(32)、『エジプト十字架の謎』(32)の〈国名シリーズ〉や、『Xの悲劇』(32)に始まる〈レーン四部作〉などがある。また編集者として「エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン」を編集、刊行した。

「2021年 『消える魔術師の冒険 聴取者への挑戦Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エラリー・クイーンのおすすめランキングのアイテム一覧

エラリー・クイーンのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)』や『Xの悲劇 (創元推理文庫)』や『Xの悲劇 (角川文庫)』などエラリー・クイーンの全210作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

Yの悲劇 (創元推理文庫 104-2)

1151
3.80

感想・レビュー

私には理解できないところが多く、色々と疑問が残る結末だった。読みながら気になっていたハッター家の呪われた病…ってなに?なんの病気?精神病的な遺伝?そして最... もっと読む

Xの悲劇 (創元推理文庫)

1010
3.68

感想・レビュー

クイーンの初期作品であり、代表作にあげられる4作のうちの一冊。本格中の本格物で、“犯人当て”の醍醐味をこの小説で楽しまなきゃ他のどの本で楽しむんだ?と言い... もっと読む

Xの悲劇 (角川文庫)

905
3.82

感想・レビュー

初めて読んだエラリー・クイーンの作品。 主人公のドルリー・レーン氏は風変わりな屋敷に住む引退した老俳優で、耳が聞こえないながらも読唇術で違和感なく会話出来... もっと読む

Yの悲劇 (角川文庫 ク 19-2)

735
3.97

感想・レビュー

何の予兆もなくいきなり照明が落とされたかのような第三幕の幕切れ。しかし、ドルリー・レーンだけには見えていた。悪魔に魂を売ってしまった犯人の燃えるような目を... もっと読む

ローマ帽子の秘密 (角川文庫)

548
3.63

感想・レビュー

表紙の「カッコイイお兄さん」エラリー・クイーンがサポート役にまわり、「ダンディーな親父」リチャード・クイーン警視が陣頭指揮を執る警察小説のような趣き。そこ... もっと読む

Zの悲劇 (創元推理文庫)

494
3.32

感想・レビュー

ロングストリート事件や、ハッター家の事件から10年以上経ち、 警察を引退したサム警部は、若く美しい娘・ペーシェンスとともに 私立探偵事務所を開業し... もっと読む

レーン最後の事件 (創元推理文庫 104-4)

357
3.63

感想・レビュー

四部作、鮮やかな幕切れ。 もっと読む

Zの悲劇 (角川文庫)

357
3.38

感想・レビュー

ラストの鮮やかな推理に感動する素晴らしい作品! そこにたどり着くまでの長くて憂鬱な展開を心地よく蹴散らしてくれた。 読んで良かった。 『Xの悲劇』、『Y... もっと読む

ローマ帽子の謎【新訳版】 (創元推理文庫)

332
3.65

感想・レビュー

「Lipstick」の日本語訳は、「棒紅」から「口紅」へ。  自分が持っているのが1960年度版なので、翻訳がどれくらい違っているかを確認するために... もっと読む

ローマ帽子の謎 (創元推理文庫 104-5)

330
3.51

感想・レビュー

犯人、当てましたよ! でも、動機や殺害方法までは、さすがにわかりませんでしたが。 翻訳がかなり古いのですが、私がミステリー好きになった頃のホームズ... もっと読む

フランス白粉の秘密 (角川文庫)

309
3.85

感想・レビュー

新訳、見る人をキュンってさせる表紙でこのシリーズ、これからが楽しみ。 今までのエラリーのイメージを大きく損なわず、なおかつグッとやんちゃで、美形。警視も... もっと読む

シャム双子の謎 (創元推理文庫 104-11)

286
3.47

感想・レビュー

クイーン親子が車で移動中に山火事に遭遇し、逃げ込んだ山上の一軒家。山火事で道が閉鎖されたクローズドサークルで起きた殺人事件。クイーン警視は地元警察から捜索... もっと読む

オランダ靴の秘密 (角川文庫)

280
3.78

感想・レビュー

エラリー・クイーン・シリーズ 百万長者アビゲール・ドルーン夫人殺害事件。手術前に絞殺された被害者。容疑者であるジャニー医師はアリバイを主張するが証人... もっと読む

エジプト十字架の謎 (創元推理文庫)

278
3.84

感想・レビュー

二度目。一回目は気が散っていたのでしょうか、気付きが足りなかったのか、今回再読してみておぉ~って思えるところ満載。 ひねりも二重三重の仕掛けがすごい。 ク... もっと読む

Xの悲劇 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

277
3.42

感想・レビュー

‪株式仲買人のロングストリートは市電の中で突如殺害される。‬ ‪シェイクスピアに心酔した元舞台俳優探偵 ドルリー・レーンは事件を見事に解決します。‬ ... もっと読む

ギリシャ棺の秘密 (角川文庫)

272
4.07

感想・レビュー

表紙につられ、角川文庫で集めてしまいそうです。 もっと読む

エジプト十字架の秘密 (角川文庫)

250
4.13

感想・レビュー

首を切断され、十字架のように磔にされた遺体。ギリシャを「穏」とするなら、エジプトは「激」の要素が濃い作品。なんと豪華な舞台装置・・・。謎めいた宗教団体に、... もっと読む

Xの悲劇【新訳版】 (創元推理文庫)

246
3.98

感想・レビュー

論理展開が緻密。全く古さを感じさせない。思っていた以上に読みやすく、2日で通読。名作中の名作というのも頷ける。 もっと読む

エラリー・クイーンの冒険【新訳版】 (創元推理文庫)

241
3.89

感想・レビュー

旧訳版で読んだのはだいぶん昔の話で、その頃はエラリー・クイーンの諸作を読み始めたばかりでしたが、当時の感想を読むと、私は「探偵エラリー・クイーン」にかなり... もっと読む
全210アイテム中 1 - 20件を表示

エラリー・クイーンに関連する談話室の質問

ツイートする
×