エリザベス・キューブラー・ロスのおすすめランキング

プロフィール

エリザベス・キューブラー・ロス

精神科医。一九二六年、スイスのチューリヒに生まれる。チューリヒ大学に学び、一九五七年学位取得。その後渡米し、ニューヨークのマンハッタン州立病院、コロラド大学病院などをへて、一九六五年シカゴ大学ビリングズ病院で「死とその過程」に関するセミナーをはじめる。一九六九年、『死ぬ瞬間』を出版して国際的に有名になる。著書多数。二〇〇四年、死去。

「2020年 『「死ぬ瞬間」と死後の生』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エリザベス・キューブラー・ロスのおすすめランキングのアイテム一覧

エリザベス・キューブラー・ロスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人生は廻る輪のように (角川文庫)』や『ライフ・レッスン (角川文庫)』や『死ぬ瞬間-死とその過程について (中公文庫 (キ5-6))』などエリザベス・キューブラー・ロスの全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人生は廻る輪のように (角川文庫)

501
4.02

感想・レビュー

■医学、哲学、宗教の域を超え、死をとおして生の意味・目的を探求した医師の熱い人生■ まずタイトル訳が美しい、そして著者の生き方も強く美しい。 著者はス... もっと読む

ライフ・レッスン (角川文庫)

363
4.17

感想・レビュー

人生の15のレッスン。名著。座右の書。 もっと読む

死ぬ瞬間-死とその過程について (中公文庫 (キ5-6))

254
3.65

感想・レビュー

末期のガン患者などへインタビューしたちょっと古い本だがベストセラー、ロングセラーになっている本。 終末医療の聖書レベルで読まれているらしい、そしてすごく... もっと読む

永遠の別れ―悲しみを癒す智恵の書

131
3.55

感想・レビュー

愛する人を無くしてあまりにも大きい喪失感に打ちのめされている人に、「暗い海に希望となぐさめの光を投じる灯台のあかりになる」(読者へのおぼえがきより引用)本... もっと読む

死ぬ瞬間―死にゆく人々との対話

97
3.65

感想・レビュー

今まさに死ぬ瞬間ではなく、死に至るまでの患者の精神的葛藤やその家族の対応などを客観的に描いている。患者の殆どは死を受け入れ難いものとしていて、この世への未... もっと読む

「死ぬ瞬間」と死後の生 (中公文庫 (キ5-7))

52
3.50

感想・レビュー

岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→ http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN... もっと読む

死ぬ瞬間の対話

13
2.75

感想・レビュー

荒井優先生 おすすめ 15【教養】146-R ★ブックリストのコメント 末期ガン患者の「死への心理的プロセス」を発見した古典的名著です。看護師にとって必... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
ツイートする
×