エリック・ホッファーのおすすめランキング

プロフィール

【著者】エリック・ホッファー(Eric Hoffer)
1902年、ドイツ系移民の子としてNYに生まれる。7歳から15歳まで失明状態に陥り、正規の学校教育はまったく受けていない。視力が戻ってからは農園や金鉱、港湾などで働きながら、暇をみつけては読書や思索にふけり、1951年に処女作となる本書を発表、大反響を呼んだ。その後も65歳で引退するまで沖仲仕として働き続け、1964年から数年間はカリフォルニア大学バークレー校で政治学の講義も行った。1983年逝去。アメリカ大統領自由勲章受章。
著書に『エリック・ホッファー自伝――構想された真実』(作品社)、『波止場日記――労働と思索』(みすず書房)、『現代という時代の気質』(ちくま学芸文庫)ほかがある。

「2022年 『大衆運動 新訳版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エリック・ホッファーのおすすめランキングのアイテム一覧

エリック・ホッファーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エリック・ホッファー自伝―構想された真実』や『魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集』や『波止場日記――労働と思索 (始まりの本)』などエリック・ホッファーの全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エリック・ホッファー自伝―構想された真実

636
3.97

感想・レビュー

2002年の刊行時に読んだものを再読。 今更のエリック・ホッファーだが、「読書の腕前」の中で岡崎さんが薦めていることで気持ちが動いた。読了して、良書は読... もっと読む

魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集

326
3.88

感想・レビュー

アフォリズムとは、格言や名言のようなものを言う。つまり、この本はエリック・ホッファーの名言集なわけだ。 日本人からしたら、エリック・ホッファー誰やねんっ... もっと読む

波止場日記――労働と思索 (始まりの本)

221
4.00

感想・レビュー

港湾労働者として肉体労働をしながら哲学的思索を続けた異色の思想家、エリック・ホッファー。本書はホッファーが56-57歳の頃に、後の著作のネタ帳として書いて... もっと読む

現代という時代の気質 (ちくま学芸文庫)

189
3.84

感想・レビュー

忍耐を要し地道に仕事をすることは正しかった。 華々しく燃えるよりも、しなやかに加工し維持する方が正しいことを知った。 もっと読む

波止場日記―労働と思索

167
3.74

感想・レビュー

労働と思索が刺激し共鳴し合う日常が沈着しており、ホッファーの頑固一徹な持続性を読み取ることができる。日記という内省的な形式の中に潜む格言はすっと馴染むもの... もっと読む

大衆運動

120
3.71

感想・レビュー

社会 哲学 もっと読む

大衆運動 新訳版

83
3.00

感想・レビュー

「大衆運動」を考察する原書1951年発刊、著者第一作の新訳版。全4部、18章、さらに125節に分かれる。本文は約270ページ。 序文とつづく第1部で「大... もっと読む

エリック・ホッファーの人間とは何か

50
3.20

感想・レビュー

本書は「人間の本性」を中心的に扱いながら、ふしめふしめで「知識人」と「アメリカ大衆」の二項を軸に論が展開される。アメリカの大衆がいかに特異で信頼するに足り... もっと読む

安息日の前に

39
4.00

感想・レビュー

図書館で借りた。 2009.5.2あたりに新聞で読んだコラムに 貧民街からいい加減に選ばれた人たちが道路を造る話が あり、しめくくりがその山の麓... もっと読む

波止場日記―労働と思索 (1971年) (みすず叢書)

10
4.33

感想・レビュー

図書館で借りた。 著者が波止場で沖仲仕として働きながら 綴っている日記。 著者の生活は、朝起きて沖仲仕として4〜8時間ほど働き、 その後読... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×