エリック・ホッファーのおすすめランキング

エリック・ホッファーのおすすめランキングのアイテム一覧

エリック・ホッファーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『エリック・ホッファー自伝―構想された真実』や『魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集』や『波止場日記―労働と思索』などエリック・ホッファーの全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

エリック・ホッファー自伝―構想された真実

381
3.95

感想・レビュー

これも、読書の腕前から知った本。 こちらは文句なしに面白かった。恥ずかしながら、初めてエリック・ホッファーのことを知り、魅せられた!彼の人生そのものが、小... もっと読む

魂の錬金術―エリック・ホッファー全アフォリズム集

187
3.90

感想・レビュー

Twitterの原型のような短いが濃縮された言葉を集めたもの。人間の本質を抉る言葉が満載である。何かの節目にこれを読み返すたび何らかの気づきが得られると思... もっと読む

波止場日記―労働と思索

152
3.79

感想・レビュー

労働と思索が刺激し共鳴し合う日常が沈着しており、ホッファーの頑固一徹な持続性を読み取ることができる。日記という内省的な形式の中に潜む格言はすっと馴染むもの... もっと読む

現代という時代の気質 (ちくま学芸文庫)

105
3.50

感想・レビュー

『現代という時代の気質』(ちくま学芸文庫) 原題:The Temper of Our Time. 著者:Eric Hoffer (1902-1983)... もっと読む

大衆運動

91
3.69

感想・レビュー

平成30年5月26日 もっと読む

波止場日記――労働と思索 (始まりの本)

79
4.00

感想・レビュー

美しいほどの洞察に満ちた日記。たまに日記ものは読みたくなる。これと確かまだ手元に未読のウィトゲンシュタインの日記があったはずだ。 松岡正剛はホッファーを「... もっと読む

エリック・ホッファーの人間とは何か

46
3.20

感想・レビュー

本書は「人間の本性」を中心的に扱いながら、ふしめふしめで「知識人」と「アメリカ大衆」の二項を軸に論が展開される。アメリカの大衆がいかに特異で信頼するに足り... もっと読む

安息日の前に

34
4.00

感想・レビュー

図書館で借りた。 2009.5.2あたりに新聞で読んだコラムに 貧民街からいい加減に選ばれた人たちが道路を造る話が あり、しめくくりがその山の麓... もっと読む

波止場日記―労働と思索 (1971年) (みすず叢書)

6
4.33

感想・レビュー

図書館で借りた。 著者が波止場で沖仲仕として働きながら 綴っている日記。 著者の生活は、朝起きて沖仲仕として4〜8時間ほど働き、 その後読... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示

エリック・ホッファーに関連する談話室の質問

ツイートする