オスカー・ニーマイヤーの人気ランキング

プロフィール

ブラジル生まれの建築家。1943年に師ルシオ・コスタと共にブラジル旧教育保健省、1952年にル・コルビュジエと共にニューヨーク国連本部ビルを設計。1950年代後半にはブラジルの新首都ブラジリアの主要建築物の設計を手がける。104の歳まで生涯にわたり旺盛な創作活動を続け、フランス共産党本部ビル(1965)、モンダドーリ本社(1970)、ラテンアメリカ記念公園市民広場(1988)、ニテロイ現代美術館(1996)、オスカー・ニーマイヤー文化センター(2011)など世界に数多くの傑作建築を遺した。ブラジリアの建築群は1987年に、パンプーリャ近代建築群は2016年に世界文化遺産に登録されており、1984年からはリオのスラム街の子どもの教育センターICEPの設計にも従事、200校以上が建設されている。1963年にレーニン国際平和賞、1970年にアメリカ建築家協会金賞、1988年にプリツカー賞、ベネチア国際建築ビエンナーレでは、1963年、1996年と2度の金獅子賞を受賞。日本では、2004年に高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。


「2017年 『ニーマイヤー 104歳の最終講義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オスカー・ニーマイヤーの人気ランキングのアイテム一覧

オスカー・ニーマイヤーの人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『オスカー・ニーマイヤー 形と空間―Oscar Niemeiyer Form&Space』や『オスカー・ニーマイヤー 1937‐1997 (ギャラリー・間叢書)』や『ニーマイヤー 104歳の最終講義: 空想・建築・格差社会』などオスカー・ニーマイヤーの全3作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

ニーマイヤー 104歳の最終講義: 空想・建築・格差社会

31
3.00

感想・レビュー

ニーマイヤー 104歳の最終講義: 空想・建築・格差社会 もっと読む
全3アイテム中 1 - 3件を表示
ツイートする
×