オスカー・ワイルドのおすすめランキング

プロフィール

オスカー・ワイルド

アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。1854年生まれ。ダブリン大学トリニティ・カレッジ、オックスフォード大学モードリン・カレッジに学び、1878年、長詩『ラヴェンナ』を刊行。その後、戯曲『サロメ』、小説『幸福の王子』『ドリアン・グレイ』等の作品を発表、19世紀末文学の旗手と呼ばれる。1895年、「恋人」アルフレッド・ダグラス卿の父クイーンズベリー侯爵に同性愛を告発されて投獄。獄中から送った書簡の一部が死後、『獄中記』(原題は「深淵より」)として刊行された。1897年出獄後は仏伊を放浪、梅毒による脳髄膜炎により1900年死去。

「2020年 『オスカー・ワイルド書簡集 新編 獄中記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オスカー・ワイルドのおすすめランキングのアイテム一覧

オスカー・ワイルドのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫)』や『幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)』や『幸せな王子』などオスカー・ワイルドの全206作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫)

1825
3.73

感想・レビュー

名家で孤独に育った成人間近い美青年のドリアンは、懇意で彼を崇拝する画家バジルに肖像画を描かれている。ドリアンは彼の美貌を写しとった肖像画の出来栄えに、自身... もっと読む

幸福な王子―ワイルド童話全集 (新潮文庫)

1786
3.76

感想・レビュー

ナイチンゲールとばらの花 ナイチンゲールが、可哀そうすぎて、忘れられない もっと読む

幸せな王子

641
4.05

感想・レビュー

子どもへの読み聞かせで自分が泣いてしまう一冊。 もっと読む

サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 (新潮文庫)

508
3.74

感想・レビュー

「サロメ」はさすがの知名度だけあって、素直に面白かった。あの恐怖と淫靡な雰囲気は現代の作品でも、なかなかないのでは。 「ウィンダミア卿夫人の扇」は名言が... もっと読む

サロメ (光文社古典新訳文庫)

496
3.72

感想・レビュー

巨万の富を約束されても欲しいのは一貫としてヨナカーンの首。 頑固一徹。 王様に長々と説得されたとしても、欲しいのはあの人の首の一言。 一連のやりとりがとて... もっと読む

ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー)

317
3.63
オスカーワイルド 1999年12月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀末から20世紀前半にかけての英米ゲイ文学の短篇を集めたアンソロジー。 O・ワイルド「W・H氏の肖像」「幸福な王子」 H・ジェイムズ「密林の... もっと読む

幸福の王子

246
3.91

感想・レビュー

何度読み返しても最後、泣いてしまう。 読みながら王子さまとつばめを想って流れた涙が心を清くしてくれる気がして、読後は悲しいけれど幸福を感じまた考えさせられ... もっと読む

獄中記 (角川文庫ソフィア)

232
3.47

感想・レビュー

そうなると、誰もが書いてみたくなるらしい。 塀の内へ至るまでの経過とその内での逼塞し貶められた、時間の流れが停止したかのような生活を経る中で、嫌というほ... もっと読む

しあわせの王子 (いもとようこ世界の名作絵本)

157
3.95

感想・レビュー

王子の優しさと自己犠牲、そしてつばめの献身と自己犠牲、一度は読んでほしい本、年長さん以上に読んであげたい本 もっと読む

ドリアン・グレイの肖像 (岩波文庫)

143
4.17
オスカーワイルド 2019年9月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し残酷、でも芸術的で美しい物語。ワイルドの天才さがわかる物語だと思う。若さと容姿の美しさに囚われている人は、この本を読むことをおすすめする。映画も観たい... もっと読む

サロメ

81
3.96

感想・レビュー

 今週の日曜美術館(再)でモロー描くサロメに接し、サロメ愛が再燃する。  何処かの画廊で入手した詩画集があったはず。本棚から引っ張り出して鑑賞する。 ... もっと読む

童話集 幸福な王子 他八篇 (岩波文庫)

72
3.86

感想・レビュー

ワイルド先生の純粋は強い薬みたいである。 もっと読む

植物 (書物の王国)

63
3.53

感想・レビュー

植物の徳性または悪意のようなものにふれたエッセイや、人が植物に変身する物語を古今東西から選び、さらに日本的情緒の溢れる随筆や評論なども収録。 もっと読む

ドリアン・グレイの肖像(新潮文庫)

62
4.33
オスカー・ワイルド 電子書籍 1962年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難解な物事の表現や描写が、より一層に1800年代後半の世界観を醸し出していて震えた。主人公とその肖像が現実と虚構の世界を活写し、苦悩が綴られている。耽美な... もっと読む

幸福の王子―オスカー・ワイルド童話集

52
3.81
井村君江 1989年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々にタイトルの作品が読みたくなったので。 いつぶりに読んだのかもはや思い出せないのですが、切なく美しい物語だなあと思います。 その他ワイルドの寓話が沢山... もっと読む

幸福な王子 (妖精文庫)

48
3.74

感想・レビュー

オスカーワイルドの話は一筋縄ではいかないものでした。愛に溢れているのに悲しい物語で、ハッピーエンドが好きな私としては辛かったです。しかし辛いだけではない物... もっと読む

アーサー・サヴィル卿の犯罪 (バベルの図書館 6)

44
4.27

感想・レビュー

ボルヘス編集のバベルの図書館シリーズ。画像が出なくて残念ですが、青を基調としたとても綺麗な装丁です。 === 『アーサー・サヴィル卿の犯罪』 手... もっと読む

幸福な王子 The Happy Prince and Other Stories (ラダーシリーズ Level 2)

43
4.27

感想・レビュー

英文多読のテキストとして使用。LEVEL2であったが、TOEIC 500点半ばの私には、使用されている、構文が容赦ないので結構きつかった。とても、サクサク... もっと読む

ワイルド全詩 (講談社文芸文庫)

41
4.75
日夏耿之介 1995年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。唯美主義のワイルドと日夏は相性抜群。作品としてはやはり「レディング牢獄の歌」が異色だし突出していると思う。他の作品はギリシャの神々や花の名前が散りば... もっと読む
全206アイテム中 1 - 20件を表示

オスカー・ワイルドに関連する談話室の質問

ツイートする
×