オノレ・ド・バルザックのおすすめランキング

プロフィール

フランス文学を代表する作家の一人。1799年生まれ。ロマン主義・写実主義の系譜に属する。現実の人間を観察することが創作の出発点だが、創造力を駆使して典型的人間像を描きあげる。歴史にも大きな関心を持ち、歴史的事実から着想を得ることも多かった。様々な作品に同じ人物を登場させる「人物再登場法」という手法を用い、膨大な作品群によって「人間(喜)劇」と名づける独自の文学世界を構築しようとした。代表作は『谷間の百合』。豪放な私生活も伝説的に語り継がれている。1850年没。

「2020年 『サンソン回想録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オノレ・ド・バルザックのおすすめランキングのアイテム一覧

オノレ・ド・バルザックのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『セラフィタ』や『バルザック ポケットマスターピース 03 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)』や『サンソン回想録:フランス革命を生きた死刑執行人の物語』などオノレ・ド・バルザックの全36作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

セラフィタ

74
3.52

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> バルザックの神秘主義的作品群の代表作。両性具有の天使「セラフィタ」を主人公としたその作品は、バルザック作品の中でも特異な光を放つ存在... もっと読む

バルザック ポケットマスターピース 03 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

57
4.33

感想・レビュー

これは誠に美味しい読書だった。(三田誠広「天気の好い日は小説を書こう」などで言われていた意味において) たぶんユゴー「レ・ミゼラブル」と同じように、この... もっと読む

ランジェ公爵夫人

35
4.00

感想・レビュー

バルザックの文章には、服を着たら身体にぴったりと馴染んで、綺麗で完璧なシルエットが出た時に感じる陶酔感とか満足感みたいな魅力があると勝手に思っています。 ... もっと読む

従兄ポンス―収集家の悲劇 (バルザック「人間喜劇」セレクション)

31
3.50

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 美術蒐集に全てを投じた老音楽家ポンス。 音楽家2人の友情を軸に、ブルジョワ社会の悪徳を描いたバルザック晩年の傑作。 柏木先生の翻訳で... もっと読む

世界幻想文学大系〈6〉セラフィタ (1976年)

25
3.43

感想・レビュー

Honoré de Balzac(1799年5月20日 - 1850年8月18日) "Seraphita" 1834 もっと読む

ランジェ公爵夫人 (1952年) (創元文庫〈B 第21〉)

2
4.00

感想・レビュー

マリ、マヨルカ島などを舞台とした作品です。 もっと読む

役人の生理学

2
2.50
オノレ・ド・バルザック 電子書籍 2013年12月20日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 800

感想・レビュー

役人について生理学的に論じたもの。基本的には、仕事の割には給料が低いという観点で論じている。本書で取り扱われている役人の種類はかなり現在の日本でも当てはま... もっと読む
革命後、ジャーナリズムが勃興したフランスで一気にブレイクした「生理学」シリーズ。現代の「スーパー・エッセイ」のたぐいです... もっと読む
全36アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×