オマル・ハイヤームのレビュー数ランキング

オマル・ハイヤームのレビュー数ランキングのアイテム一覧

オマル・ハイヤームのレビュー数のランキングです。ブクログユーザがレビューをした件数が多い順に並んでいます。
『ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)』や『ルバイヤート』や『ルバーイヤート (平凡社ライブラリー)』などオマル・ハイヤームの全22作品から、ブクログユーザのレビュー数が多い作品がチェックできます。

ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1)

704
3.77

感想・レビュー

死を匂わせながらも、生が輝く力強い詩が揃っています。 ルバイヤートとはペルシア語で「4行詩」のこと。イランの詩人オマル・ハイヤームが中世ペルシア時代――... もっと読む

ルバイヤート

257
3.80

感想・レビュー

ロナルド・バルフォアというビアズリーの流れを汲むイラストレーターの絵がとても素敵です。 表紙はハードカバーではありませんが、紺色の地に銀の箔押しのような... もっと読む

ルバーイヤート (平凡社ライブラリー)

51
3.22

感想・レビュー

1000年前のペルシャ世界に思いをはせる。砂漠の地における文化と、いつの世にも変わらぬ人間の苦悩。だから、盃に酒をみたし、この世を天国にするのだ。 もっと読む

ルバイヤート オマル・ハイヤーム

36
3.67
陳舜臣 2004年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

合唱のためにと借りた本。 もっと読む

ルバイヤート

34
4.25
オマル・ハイヤーム 電子書籍 2012年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“月の光に夜は衣の裾をからげた 。酒をのむにまさるたのしい瞬間があろうか ?たのしもう !何をくよくよ ?いつの日か月の光は墓場の石を一つずつ照らすだろう... もっと読む

ルバイヤート (ワイド版 岩波文庫)

10
3.40

感想・レビュー

享楽つまり酒に刹那主義を見いだすようでいて、実のところカイヤームが見ていたのは、全宇宙の絶えざる神秘にほかならない。 フィツジェラルドの英訳で欧州へ... もっと読む

ルバイヤート (1979年) (岩波文庫)

4
4.00

感想・レビュー

オマル・ハイヤームは「ペルシアのダ・ウィンチ」といってもいいくらい、自然科学・哲学などの研究に優れた成果を上げた学者でもある詩人。その彼の詩が、知識や宗教... もっと読む

ルバイヤート (1983年) (岩波クラシックス〈20〉)

2

感想・レビュー

カテゴリ:図書館企画展示 2016年度第8回図書館企画展示 「大学生に読んでほしい本」 第3弾! 本学教員から本学学生の皆さんに「ぜひ学生時代に読んでほ... もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする