オルハン・パムクのおすすめランキング

プロフィール

オルハン・パムク(Orhan Pamuk, 1952-)1952年イスタンブール生。3年間のニューヨーク滞在を除いてイスタンブールに住む。処女作『ジェヴデット氏と息子たち』(1982)でトルコで最も権威のあるオルハン・ケマル小説賞を受賞。以後,『静かな家』(1983)『白い城』(1985,邦訳藤原書店)『黒い本』(1990,本書)『新しい人生』(1994,邦訳藤原書店)等の話題作を発表し,国内外で高い評価を獲得する。1998年刊の『わたしの名は紅(あか)』(邦訳藤原書店)は,国際IMPACダブリン文学賞,フランスの最優秀海外文学賞,イタリアのグリンザーネ・カヴール市外国語文学賞等を受賞,世界32か国で版権が取得され,すでに23か国で出版された。2002年刊の『雪』(邦訳藤原書店)は「9.11」事件後のイスラームをめぐる状況を予見した作品として世界的ベストセラーとなっている。また,自身の記憶と歴史とを織り合わせて描いた2003年刊『イスタンブール』(邦訳藤原書店)は都市論としても文学作品としても高い評価を得ている。2006年度ノーベル文学賞受賞。ノーベル文学賞としては何十年ぶりかという

「2016年 『黒い本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オルハン・パムクのおすすめランキングのアイテム一覧

オルハン・パムクのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『わたしの名は赤〔新訳版〕 (上) (ハヤカワepi文庫)』や『わたしの名は赤〔新訳版〕 (下) (ハヤカワepi文庫)』や『雪』などオルハン・パムクの全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

わたしの名は赤〔新訳版〕 (上) (ハヤカワepi文庫)

436
3.73
オルハン・パムク 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先に積んであった旧訳を読み始めたが、これが聞きしに勝る迷訳で100Pほどでこれ以上読み続けるのは困難と見切る。しかし抗い難い魅惑を嗅ぎ取ってしまったのは確... もっと読む

わたしの名は赤〔新訳版〕 (下) (ハヤカワepi文庫)

303
3.66
オルハン・パムク 2012年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イスラムと西欧の対立を、イスラム伝統の細密絵画の世界を舞台に、美的観念や様式、技巧の対立という側面から描いた本作。 繁栄に陰りがみえる1591年の... もっと読む

263
3.78
オルハン・パムク 2006年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独特の文体で読みづらい気もする。 新訳は読みやすいが、作風が崩れているという感想もあったため、本書を読んでよかったと思っている。 トルコの地方都市はなん... もっと読む

わたしの名は「紅」

257
3.66
オルハン・パムク 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トルコのノーベル文学賞受賞作家、オルハン・パムクの初邦訳小説。 オスマン・トルコにもイスラームにも細密画にも馴染みはなかったのだけれど、自分の知らない世... もっと読む

白い城

172
3.79
オルハン・パムク 2009年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

配置場所:摂枚普通図書 請求記号:929.573||P 資料ID:95100185 もっと読む

無垢の博物館 上

152
3.85
オルハン・パムク 2010年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公のケマルは三十歳。父親から譲り受けた輸入会社の社長である。引退した大使の娘で美人で気立てのいい婚約者スィベルとの結婚も間近だ。そんなある日、買い物に... もっと読む

雪〔新訳版〕 (下) (ハヤカワepi文庫)

108
3.74
オルハン・パムク 2012年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トルコ文学。未知の世界。 トルコと聞いて連想することと言えば、 ヨーロッパとアジアの中継地。イスタンブール。ケバブ。 せいぜいこの程度の知識しか無か... もっと読む

無垢の博物館 下

105
4.00
オルハン・パムク 2010年12月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もし、今恋愛から遠くにいる人や、恋人とうまくいっている人には理解しがたい世界で、失恋した人や強烈な片思いの人ならシンパシーを感じる物語なのかもしれない。 ... もっと読む

僕の違和感〈上〉

91
3.69
オルハン・パムク 2016年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上下巻ともに読了。 一目惚れ、まさに人目見ただけで惚れて駆け落ちした女性が別人だった!という強烈な「違和感」で始まる、冒頭のつかみはOKだ。そのままぐい... もっと読む

新しい人生

76
3.64
オルハン・パムク 2010年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新しい人生 決して読みやすい本ではない。ただ読む価値のある本だということはわかる。 翻訳がもう少し良ければ若干は読みやすくなるかもしれないが、 ... もっと読む

父のトランク―ノーベル文学賞受賞講演

73
3.65
オルハン・パムク 2007年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パムクという作家に非常に好意を持った。トルコで文学するとはどういうことか。日本とはまた違う意味があると感じた。しかし、根本的には、深いところで文学がになっ... もっと読む

黒い本

66
4.00
オルハン・パムク 2016年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弁護士のガーリップは突然家を出た妻リュヤーの行方を捜してイスタンブールの街をさまよう。妻の行きそうな場所に電話をかけるがどこにもいない。前夫の家にまで押し... もっと読む

イスタンブール―思い出とこの町

57
3.81

感想・レビュー

著者がノーベル賞を受賞した頃、西欧の文化と自国の文化の衝突を内側から描く人といった新聞で見た紹介に興味をもち、『雪』の次に読んだ。 1952年にイスタン... もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示

オルハン・パムクに関連する談話室の質問

オルハン・パムクに関連するまとめ

ツイートする