オースン・スコットカードのおすすめランキング

オースン・スコットカードのおすすめランキングのアイテム一覧

オースン・スコットカードのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死者の代弁者〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)』や『エンダーズ・シャドウ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)』や『エンダーズ・シャドウ〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)』などオースン・スコットカードの全24作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死者の代弁者〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

254
4.03

感想・レビュー

前作で失敗した、異種との相互理解を描く。エンダーが史上最悪の人物になってたり、人類がバガーと理解できなかったことを悔やんでいるのは、前作から180度の転換... もっと読む

エンダーズ・シャドウ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

224
3.95

感想・レビュー

エンダーのゲームをビーンの立場から描いた話。エンダーのゲームから読むこと推奨。エンダーのゲームも面白いが、こちらの裏話もそれにおとらず面白い。 もっと読む

エンダーズ・シャドウ〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

208
4.00

感想・レビュー

エンダーの物語より素直に楽しめたかも もっと読む

ゼノサイド〈下〉 (ハヤカワ文庫)

161
3.75

感想・レビュー

記憶のい~かげんさんを思い知った。 エンダーシリーズの中に日系が出てくるのがあったよな?禅のサイドでゼノサイドだったか??とか思ってた(^^; もっと読む

消えた少年たち〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

157
3.77

感想・レビュー

「本の雑誌」で推薦されていました。 力のこもった作品です。 引っ越してきた一家に、つぎつぎに問題が降りかかります。 夫、妻、三人の子供…そして新しく... もっと読む

エンダーの子どもたち〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

141
3.58

感想・レビュー

若干惰性気味だが、面白いことは面白い。エンダーの世界観にハマっていることが前提だが。 もっと読む

エンダーの子どもたち〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

137
3.56

感想・レビュー

日本の価値観をベースにしょうとした意欲作。もちろん翻訳で読んでいるのだが、海外の作家が書いた本とは思えないような出来であった。エンダーシリーズの続編として... もっと読む

シャドウ・オブ・ヘゲモン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

118
3.69

感想・レビュー

エンダーズシャドウの続編。ピーターの世界統一への道を描く物語。エンダーの子供たちで、ちょっと宗教的な雰囲気の話になっていたが、こちらは、正統派エンダーズサ... もっと読む

消えた少年たち (Hayakawa Novels)

116
3.57

感想・レビュー

作家 真保裕一さんのエッセイの中に出てきたので、読んでみた本。 一小節読み進めるごとに、有り触れた一家族の日々の描写の中に微かにほの暗く不安がつきまとい... もっと読む

シャドウ・オブ・ヘゲモン〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

115
3.58

感想・レビュー

てっきり、ピーターの話だと勘違いしていた。これは、正真正銘、エンダーズシャドウの続編であった。ビーンとアシル、ペトラを軸とした話に、ピーターが絡んでくる。... もっと読む

シャドウ・パペッツ (ハヤカワ文庫SF)

97
3.38

感想・レビュー

あー、エンダーも邦訳が途中で止まっちゃったヤツだったか…_| ̄|○ もっと読む

第七の封印 (ハヤカワ文庫SF)

68
3.94

感想・レビュー

最後は気にいらないが途中までは面白い 表紙   6点シブヤ ユウジ 展開   5点1987年著作 文章   7点 内容 700点 ... もっと読む

奇跡の少年 (角川文庫)

52
3.69

感想・レビュー

大昔、「エンダーのゲーム」を読んで面白かった記憶があって他のカード作品も読んでみたい!と思い購入。 一冊で完結すると思ってたから、中盤から物語のスケールが... もっと読む
全24アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×