カズオ・イシグロのおすすめランキング

プロフィール

カズオ・イシグロ
1954年11月8日、長崎県長崎市生まれ。5歳のときに父の仕事の関係で日本を離れて帰化、現在は日系イギリス人としてロンドンに住む(日本語は聴き取ることはある程度可能だが、ほとんど話すことができない)。
ケント大学卒業後、イースト・アングリア大学大学院創作学科に進学。批評家・作家のマルカム・ブラッドリの指導を受ける。
1982年のデビュー作『遠い山なみの光』で王立文学協会賞を、1986年『浮世の画家』でウィットブレッド賞、1989年『日の名残り』でブッカー賞を受賞し、これが代表作に挙げられる。映画化もされたもう一つの代表作、2005年『わたしを離さないで』は、Time誌において文学史上のオールタイムベスト100に選ばれ、日本では「キノベス!」1位を受賞。2015年発行の『忘れられた巨人』が最新作。
2017年、ノーベル文学賞を受賞。受賞理由は、「偉大な感情の力をもつ諸小説作において、世界と繋がっているわたしたちの感覚が幻想的なものでしかないという、その奥底を明らかにした」。

カズオ・イシグロのおすすめランキングのアイテム一覧

カズオ・イシグロのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)』や『日の名残り (ハヤカワepi文庫)』や『わたしを離さないで』などカズオ・イシグロの全68作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

11991
3.89
カズオイシグロ 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日の名残り」がとても気に入ったため こちらも読んでみることに 当時映画の予告編を見て、行こうか迷っていたため気になっていたのだ だがこちらの映画化... もっと読む

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

6463
4.09

感想・レビュー

人生は近くで見れば悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ――とは、喜劇王チャップリンの名言だ。私は若い頃、悲劇の対義語は喜劇だと思っていたが、歳をとるにつれ、悲劇... もっと読む

わたしを離さないで

2905
3.90
カズオ・イシグロ 2006年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わって、なんともいえない気分になった。人が、臓器提供のために、育てられるなんて、あってはいけない事だと思う。その施設、ヘールシャムが、どんなに人間的... もっと読む

クララとお日さま

2628
4.24

感想・レビュー

最初、高額な単行本だし図書館で借りようと思っていましたが、何度見ても表紙の絵があまりにも可愛らしく、ついつい買ってしまいました。 表紙の絵は帯を外す... もっと読む

忘れられた巨人

1544
3.60

感想・レビュー

カズオ・イシグロは大好きな作家だが、新作をリアルタイムで読むのは、これが初めてのことになる。結論から言えば、『わたしを離さないで』『日の名残り』の二作に優... もっと読む

夜想曲集: 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 (ハヤカワepi文庫)

1508
3.65

感想・レビュー

カズオ・イシグロの短編5編。 どの作品も印象的な音楽をバックに、夫婦の危機であったり男女の微妙な距離感を底辺に据えて、時にはユーモア全開に、あるいはポー... もっと読む

遠い山なみの光 (ハヤカワepi文庫)

1506
3.50

感想・レビュー

ノーベル文学賞受賞記念講演を読んで、3冊だけ限定でカズオ・イシグロの作品を読むことにした。作者の27歳時のデビュー作である。作者は幼少時に英国に渡る(まる... もっと読む

忘れられた巨人 (ハヤカワepi文庫)

1464
3.78
カズオ・イシグロ 2017年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アーサー王の足跡がまだ人々の意識に残る中世イギリス社会。 人々は未だ鬼や怪物や竜の存在に怯えながらも慎ましく自給自足の生計を立てていた。 サクソン人と... もっと読む

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫)

1451
3.71

感想・レビュー

とても興味深く読んだ。 第一大戦後から第二次大戦後までの時代を描く、主人公の私立探偵の第一人称視点の物語。 列強に植民地化(租界)された上海で生きる主... もっと読む

浮世の画家 (ハヤカワepi文庫)

917
3.64
カズオ・イシグロ 2006年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カズオ・イシグロの長編第2作目。 幼少の頃から長らくイギリスに住み、イギリスの生活や文化に慣れ親しんできた作者が、生まれ故郷である日本の戦前・戦後の生活... もっと読む

夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

717
3.71
カズオ・イシグロ 2009年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思っていたように人生を送れる人なんて、そうそういないのだと思う。何かしら上手くいっていない人たちが登場する5篇の短編は、どの物語もイシグロのユーモアに溢れ... もっと読む

充たされざる者 (ハヤカワepi文庫)

691
3.65

感想・レビュー

この本はすごい。ほとんどもしくはすべての登場人物が自分のことしか考えられない。もどかしい思いで何度も本を閉じたのだが、読みきったあともう一度それぞれのエピ... もっと読む

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

632
4.06
カズオ・イシグロ 電子書籍 2008年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イギリスのヘールシャム地方で友人たちと青春時代を過ごした女性キャシー。彼女が語る過去は、ちょっと訳アリっぽい。 「介護人」、「提供者」、「保護者」と... もっと読む

知の最先端 (PHP新書)

497
3.42
カズオ・イシグロ 2013年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭「われわれは広大な情報の海に漂う、一艘の小舟のような存在だ。」 末尾「とくに日本語の読み書きをやるとなると大変な苦労ですから。」 本書の前年に... もっと読む

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

337
4.14
カズオ・イシグロ 電子書籍 2001年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実に上手い。古き良き英国の伝統。時代の移り変わり。心の移り変わり。いろいろあるがそれらをすべて含めての小粋な終わり方。均整のとれた上品なフルコースをいただ... もっと読む

わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワ・ノヴェルズ)

275
3.57

感想・レビュー

読み慣れるまで時間がかかりました。 主人公は、幼い時に上海に住んでいたのですが、両親がいなくなり、イギリスへ戻ります。 イギリスで大人になった主人... もっと読む

日の名残り (中公文庫)

202
3.87

感想・レビュー

英国民の英国民による英国民の為の…? ふと、ノーベル文学賞の選者って英国人が多いのかしら?なんて、筋違いの憶測がよぎってしまいました。(笑) 全編... もっと読む

浮世の画家〔新版〕 ((ハヤカワepi文庫))

198
3.51
カズオ・イシグロ 2019年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重たかったし、普段読む感じではなかったけれど、面白かった。画家なのがよかった。 前書きの最後の方の文章が、すごく同意した。 もっと読む

日の名残り

177
3.94

感想・レビュー

イギリス人カズオ.イシグロの作品、図書館半年以上待ち続けてやっと順番がきた。とある名家の執事が偶然のドライブ旅行に出て折り節我が執事人生を咀嚼し... もっと読む
全68アイテム中 1 - 20件を表示

カズオ・イシグロの関連サイト

カズオ・イシグロに関連する談話室の質問

ツイートする
×