カトリーヌ・アルレーのおすすめランキング

カトリーヌ・アルレーのおすすめランキングのアイテム一覧

カトリーヌ・アルレーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『わらの女 【新版】 (創元推理文庫)』や『わらの女【新訳版】 (創元推理文庫)』や『わらの女 (創元推理文庫 M ア 5-1)』などカトリーヌ・アルレーの全46作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

わらの女 【新版】 (創元推理文庫)

233
3.73

感想・レビュー

まずはストーリーの疾走感が素晴らしい。緩急をつけながらもツボを押さえたサスペンスの展開が読者を引き込みます。自分は中盤以降の展開に目が離せなくなり、一気に... もっと読む

わらの女【新訳版】 (創元推理文庫)

106
3.55

感想・レビュー

1954年に執筆されたということで、古典としての普遍的な良さも感じつつ、ミステリーとしてだけでなく、人間ドラマとしても、良くできた作品だと思いました。 ... もっと読む

わらの女 (創元推理文庫 M ア 5-1)

84
3.57

感想・レビュー

億万長者の妻求む、という新聞の出会い欄の言葉につられて、富豪の老人と結婚し、あれよという間に陰謀に巻き込まれて破滅する女の物語。 捕まってからの絶望感が... もっと読む

目には目を (創元推理文庫 140-5)

32
4.08

感想・レビュー

 カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)の推理小説第三作。原題はLe Talion 安堂信也訳。  青年実業家ジャンとその妻アガット、友人... もっと読む

犯罪は王侯の楽しみ (創元推理文庫)

24
3.43

感想・レビュー

あまり有名な本では無いようだけど、 友人から貰った本で、 6年間ほったらかしだった。 読んで見たら結構面白くて、 あっという間に読めました... もっと読む

21のアルレー (創元推理文庫 (140‐22))

22
4.00

感想・レビュー

表紙がハーレクイン・ロマンス調だけど、中身はスリルとサスペンス、SFなんでもありの短編小説です。どの作品もおもしろいです。 もっと読む

わらの女 (1964年) (創元推理文庫)

22
3.56

感想・レビュー

古い作品ではあるが古臭くはない。絵になるシーンの連続。 表紙の二人が演じている映画はもちろん見てみたいけど、第二次世界大戦後の日本に置き換えてドラマ化した... もっと読む

理想的な容疑者 (創元推理文庫 140-18)

20
3.83

感想・レビュー

ミステリにカテゴライズしましたが、内容はサスペンスです。 犯罪や捜査と同時に、夫婦間の愛情のすれ違いに追いつめられていく作品です。主人公二人はそれぞれにひ... もっと読む

死の匂い (創元推理文庫 140-4)

18
4.17

感想・レビュー

カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)の長編第一作(1953)。原題は Tu vas mourir! 望月芳郎訳。  舞台はアメリカ東海岸... もっと読む

二千万ドルと鰯一匹 (創元推理文庫 140-6)

17
3.57

感想・レビュー

カトリーヌ・アルレー(Catherine Arley)原作、安堂信也訳。原題はVingt Millions et une Sardine 夫が事故死し... もっと読む

アラーム! (創元推理文庫)

12
5.00

感想・レビュー

この間の「シンデレラの罠」の読書感想文を載せた時に、 ブロ友さん(照)にお勧めいただき、 読んでみました。 アルレーと言えば、「わらの女」 読... もっと読む

心やさしい女 フランス・ミステリ傑作選 (2) (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 102‐2))

11
3.75

感想・レビュー

短編フランスミステリーだけを収めた傑作選。 10編とも秀逸。勝手にベスト3をあげると第3位「ピエトルモンの夜」、 クロード・アプリーヌ、第2位「金の斧... もっと読む

呪われた女 (創元推理文庫 (140‐21))

10
3.50

感想・レビュー

水泳が得意なマリカがプールで溺れたり、ラテン語なんて全然知らない彼女がラテン語混じりにまるで死んだマルトがのりうつったようにしゃべり出したり、大きな石像が... もっと読む
全46アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×