カフカのおすすめランキング

プロフィール

ツイッターやインスタグラムで恋に悩む女性にむけて優しく背中を押す言葉を投稿している。著書に『だから、そばにいて』(ワニブックス)、『好きでいて』(セブン&アイ出版)、『何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ』(KADOKAWA)などがある。ツイッター @kafuka_monchi インスタグラム @kafuka022

「2020年 『だから、そばにいて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カフカのおすすめランキングのアイテム一覧

カフカのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カフカ短篇集 (岩波文庫)』や『審判 (岩波文庫)』や『変身・断食芸人 (岩波文庫)』などカフカの全86作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カフカ短篇集 (岩波文庫)

2420
3.69
カフカ 1987年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カフカ寓話集の冒頭に収録されていた皇帝の使者にしても、こうしてカフカ短篇集の最後を飾る万里の長城に収まったこそ、その意図が明確になるのでは、と思ってしまう... もっと読む

審判 (岩波文庫)

1378
3.60
カフカ 1966年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わたしはカフカがとても好きなのだが、この作品は今一つ好きになれない。理由もわからぬまま訴訟され逮捕されるという主題は、あまりに月並みな誰もが持っている不安... もっと読む

変身・断食芸人 (岩波文庫)

1325
3.60
カフカ 2004年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分が朝起きたら虫になってて散々な目に遭う物語思いつくのわけわかんないしすごすぎる もっと読む

カフカ寓話集 (岩波文庫)

1070
3.57
カフカ 1998年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今日6月3日はカフカの命日ですね。 カフカ寓話集の題名に成っていますが、他に短編集の題名の作品が有るのであえてこの題名にされたとの事でした。 小品を中心に... もっと読む

変身,掟の前で 他2編 (光文社古典新訳文庫 Aカ 1-1)

985
3.67
カフカ 2007年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「変身」は訳を変えながら3回目だけれど、一番面白く読めた。はじめて読んだときは暗くてじめじめした話に感じたのに、こんなにコミカルな話だったとはびっくり。特... もっと読む

変身 (まんがで読破)

269
3.15
カフカ マンガ 2008年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気持ち悪い内容なのはわかっていて、小説で読める自信がなくて、これを読んでみた 家族のために自分を犠牲にして働きまくり、自分の幸せも手放したのに、辛く悲し... もっと読む

審判 (新潮文庫)

216
3.71

感想・レビュー

会社員をしていると、日々理不尽なことばかりであって、物に当たったり、ヒトに当たったり、何れにしてもその後には自己嫌悪が待っている。しかしそれにも限度がある... もっと読む

だから、そばにいて

180
4.15
カフカ 2015年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

優しい思い出だけを残して去って行く人はズルいなと思う。曖昧なサヨナラで優しさだけを残した恋は長く胸に残り彷徨う。 「好きでした」と無理に過去形にした裏側... もっと読む

(011)穴 (百年文庫)

103
3.47
カフカ 2010年10月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生の穴にはまってしまって、そこから出られない人達の物語三編。 こんな時期に読むには気が重くなってしまうものばかり。 穴に入り込んでしまうのは、致し方な... もっと読む

何度も諦めようと思ったけど、やっぱり好きなんだ

100
3.38
カフカ 2019年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://lib.tezukayama-u.ac.jp/opac/volume/923475 もっと読む

変身ほか (カフカ小説全集)

91
3.50
カフカ 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原田義人訳で「断食芸人」読んだので池内紀訳で再読。池内訳は色々言われてるようですが、文章の軽快さというか軽薄で「理科室でピンセットで作ったよ!」みたいな感... もっと読む

好きでいて

83
4.33
カフカ 2016年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言葉が欲しい理由はずっと会えない時、そのうれしい言葉や思い出す言葉が心を埋めてくれるから。そんなことばをずっと心で繰り返してまた頑張ろうと思うのだ。」 ... もっと読む

失踪者 (カフカ小説全集)

72
3.19
カフカ 2000年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カフカを読むと、目の前にそそり立つ灰色の壁を見上げているような思いに駆られる。不条理とも、絶望とも、悲壮とも、それは解釈可能であるのだが、いずれにしても、... もっと読む

だから、そばにいて (角川文庫)

69
4.25
カフカ 2020年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビブリオバトルチャンプ本('21.9 校内読書週間) もっと読む

変身 (1952年) (新潮文庫〈第393〉)

64
3.16

感想・レビュー

奥付は昭和58年第57刷。本書も中学時代の塾講師に紹介されて読んだものだ。目が覚めたらベッドの中の自分が巨大な毒虫になっていたという有名な書き出しだ。だが... もっと読む

ただそれだけで、恋しくて。

62
4.20
カフカ 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉と一緒に描いてあるイラストも、綺麗で…可愛くて…切なくて……ともかくエモい!!! 好きになったけど、踏み出せなかったり…向こうが離れてしまったり……... もっと読む

いつか想いあふれても

55
3.60
カフカ 2018年2月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四季折々になぞった切ない淡い短編集。 過去はすべて今に繋がっている。 もっと読む

変身―他一篇 (1958年) (岩波文庫)

36
3.70

感想・レビュー

曇り空の重い鉛色を見つめ続けるような閉塞感と、いつまでもむくわれないやるせなさ。 しかし、悶え苦しむ主人公と彼を取り巻く「不幸」な出来事の終わりは、「不幸... もっと読む
全86アイテム中 1 - 20件を表示

カフカに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×