カミュのおすすめランキング

カミュのおすすめランキングのアイテム一覧

カミュのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『異邦人 (新潮文庫)』や『ペスト (新潮文庫)』や『シーシュポスの神話 (新潮文庫)』などカミュの全26作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

異邦人 (新潮文庫)

9304
3.67
カミュ 1963年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当は「ペスト」を読みたかったのだが、家人の本棚にこちらがあったため、こちらから読んでみることに 注!)ネタバレ有 「あらすじ」から ママンが死ん... もっと読む

ペスト (新潮文庫)

3610
3.80
カミュ 1969年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

緊急事態宣言が発令される前、この作品が、コロナウイルスの感染が拡大する現代社会と重なる描写が多く、今かなり売れているらしい、というのをおそらくフォロワーさ... もっと読む

シーシュポスの神話 (新潮文庫)

1453
3.62
カミュ 1969年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シーシュポスの神話のカミュは全宇宙どころか爪切り一個にも押し潰されそうなところがあって、そこがいい。痛みというのは理解不能で、カミュはその上になにものも築... もっと読む

幸福な死 (新潮文庫)

702
3.28
カミュ 1976年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カミュの未発行の作品。もしかすると、読まれることのなかったもの。しかし、それをこれが完成形として出版するのではなく、あくまで、未発表のものであって、彼がど... もっと読む

転落・追放と王国 (新潮文庫)

434
3.62
カミュ 2003年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

噛み応えのある一冊。「転落」。孤独な寒々しい話だった。友だちや恋人がいればあんな風に呪いをかけ続ける人にならずにすんだのでは、と反射的に思ってしまうけれど... もっと読む

ペスト(新潮文庫)

305
3.75
カミュ 電子書籍 1969年11月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アルジェリアのオラン市に住む医師のベルナール・リウーは、階段口の真ん中で死んだ鼠につまづいた。その時は気にもしなかったが、後から考えるとそれが始まりのひと... もっと読む

最初の人間 (新潮文庫)

231
3.71
カミュ 2012年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一語ずつ、一文ずつ足止めをくらうような文体や、場面ごとに切り取られた記憶の描写で、まるで、知らない人の古いアルバムをめくっていくような気分になる本。 と... もっと読む

壁 (百年文庫)

183
3.88
カミュ 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カミュ、安部公房、サヴィニオ。 それぞれ作風も違うが、「壁」にまつわる物語。 『魔法のチョーク』よかった。 のめり込んでいく。最後は「そりゃそう... もっと読む

転落/追放と王国 (新潮文庫 カ 2-4)

127
3.45

感想・レビュー

転落については、ちょっととっつきにくいなという感じがあった。カミュ自体が久しぶりというのもあるが、この独特の独白体の力なのかもしれない。独白体の中に、その... もっと読む

シーシュポスの神話 (1982年) (新潮文庫)

49
3.67

感想・レビュー

コロナ危機の最中に読むと、人類はまさにシーシュポス自身なのだと。 もっと読む

新潮世界文学 49 カミュ 2 カリギュラ・誤解・戒厳令・正義の人々・シーシュポスの神話・反抗的人間

13
3.00

感想・レビュー

『反抗的人間』を読むも関連知識が乏しいため全く解らないところも多かった。並行して戯曲『カリギュラ』『誤解』『戒厳令』『正義の人びと』を読んでいくと少し理解... もっと読む

新潮世界文学 48 カミュ 1 裏と表・結婚・夏・異邦人・ペスト・転落・追放と王国

12
3.40

感想・レビュー

エッセイ『裏と表』『結婚』『夏』を読んだ。 幼い少年は貧乏以上に、家のある種の陰鬱さに耐えかねていたのだろうか。でも母親の沈黙は少年を通すととても清らか... もっと読む

異邦人 (新潮文庫)

7
5.00
カミュ 1954年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校生以来の再読。久しぶりに読んでみたらムルソーと同い年になってしまったことに気づいて愕然とする。 さて、改めて出会い直したムルソーは、かつて読んだ時に... もっと読む

転落・追放と王国 (1968年) (新潮文庫)

5
3.00

感想・レビュー

オランダ、アムステルダムなどを舞台とした作品です。 もっと読む
全26アイテム中 1 - 20件を表示

カミュに関連する談話室の質問

ツイートする