カルヴィン・トムキンズのおすすめランキング

プロフィール

1925年、ニュー・ジャージー州生まれ。48年、プリンストン大学卒業。雑誌「ニューヨーカー」のスタッフ・ライターとして活躍し、主にアート関係の文章を手がける。“カルチャー・シーン通”の異名を持ち、本書の他にも『マルセル・デュシャン』、『花嫁と独身者たち』、『ザ・シーン——ポスト・モダン・アート』などの著書がある。

「2022年 『優雅な生活が最高の復讐である』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カルヴィン・トムキンズのおすすめランキングのアイテム一覧

カルヴィン・トムキンズのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『優雅な生活が最高の復讐である (新潮文庫)』や『優雅な生活が最高の復讐である (ポケットスタンダード)』や『マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ: アート、アーティスト、そして人生について』などカルヴィン・トムキンズの全9作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

優雅な生活が最高の復讐である (新潮文庫)

247
3.37

感想・レビュー

どうして自分が本を読み続けるのか、不思議に思う瞬間があるんです。理由は色々あるでしょうけど、短い一節にガツンとやられるせいじゃないかと、最近思ってます。こ... もっと読む

優雅な生活が最高の復讐である (ポケットスタンダード)

125

感想・レビュー

『優雅な生活が最高の復讐である(カルヴィン・トムキンズ/著 青山南/訳)』 投票ページ | 復刊ドットコム https://www.fukkan.com/... もっと読む

マルセル・デュシャン アフタヌーン・インタヴューズ: アート、アーティスト、そして人生について

64
4.14

感想・レビュー

20世紀初めからその時々で変化するマルセル・デュシャンのアートへの態度の変化、あらゆるモノを疑い、あらゆるドグマを拒絶し、自由とユーモアを求めた。 その上... もっと読む

マルセル・デュシャン

44
4.64

感想・レビュー

デュシャンの生涯が、20世紀美術史と共に丁寧に書かれる。面白かった。 もっと読む

優雅な生活が最高の復讐である

33
3.83

感想・レビュー

学生時代に好きな人から貰った本。プレゼント交換会のような機会にだったような。 装丁が素晴らしく、お洒落なので、なかなか読めなかったのだが、Fitzger... もっと読む
全9アイテム中 1 - 9件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×